ボブ寿司


一度聞いたら忘れないこのインパクトのある鮨屋さんは、


グルメ界ではめちゃくちゃ有名なお店で、


飲食業界、芸能界、そして、政界までの著名人が来店をし、数々の方に愛されている。















たった8席のカウンターのみの小さな鮨屋さんは、


場所や電話番号はおろか、正式な店名も非公開となっている。


ボブ寿司はみんなに呼ばれている通称であり、本名ではない。


f0232060_20565380.jpg













そんなボブ寿司で行われた、今が旬の貴重な新子を食べる会にお呼ばれし、


新子を味わってきたのだが、にぎりと思っていたら、まさかの皿盛りで(笑)、


なんと1人1皿、こんな贅沢な食べ方をしたことが人生なかったので、驚いた。


これだけの小さな新子を、これだけの数仕込むのは本当に大変。泣ける。


f0232060_20592145.jpg











1枚だけでも贅沢なのに、たまに2枚重ねのラッキー新子もいたりして。


f0232060_205958100.jpg










最初のつまみから、すごく豪華でものすごい量が出ると聞いてたが、


私の想像の斜め上を突っ切るものばかりで、


あわび、白バイ貝、本つぶ貝、サザエ4種の煮付盛り合わせとか、


f0232060_214424.jpg











つまみの盛り合わせには出始めの松茸も!今年初の松茸。


f0232060_2151434.jpg


f0232060_2151744.jpg









さらに、松茸、ズワイガニ、ホタテをヒラメで巻いた蒸し物という、


全員センター取れるような食材が集まった小鉢とか、


f0232060_2163973.jpg


f0232060_216427.jpg











美しいカツオも登場して、


f0232060_2173068.jpg


f0232060_2173365.jpg












ちなみに、お酒はなんと持ち込み自由。


新子祭りに参加したグルメな方々の、いろんなお酒を堪能させてもらった。


f0232060_2195820.jpg


f0232060_2110121.jpg


f0232060_2110439.jpg











つまみでも十分すぎる内容と量だったが、


ここからいよいよメインのにぎりがスタート。


にぎりのネタの大きさや厚みと、その旨さにまたも驚く。


f0232060_21125748.jpg


f0232060_2113575.jpg


f0232060_21143411.jpg


f0232060_21144881.jpg


f0232060_21145829.jpg










鮨好きにはたまらない鮨の桃源郷だった。


こんなに美味しいつまみや鮨を出してくれたボブ寿司の大将と、


私を呼んでくださった主催者さんに心から感謝。











■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_20565380.jpg
見た目は普通に地元にありそうな、カウンター8席ほどの小さな鮨屋さん。








■1品目
f0232060_2123669.jpg
生クラゲ。食感がすごくいい。









■日本酒①
f0232060_2124917.jpg
お酒はすべて持ち込み自由。参加者全員が好きなものを1人1本持ち込むことになっていて、まずは獺祭のスパークリングから。








■2品目
f0232060_214424.jpg
あわび、白バイ貝、本つぶ貝、さざえの豪華4種の盛り合わせ煮付小鉢。しかも、どれも大きい!









■日本酒②
f0232060_21263362.jpg
宮城県の一ノ蔵。









■3品目
f0232060_2151434.jpg
豪華前菜の9種盛り合わせ。どれもすごく手間のかかっているものばかり。すごい!!








■アップ①
f0232060_21292923.jpg青柳のすり身蒸し巻きと、穴子の巻物。











■アップ②
f0232060_21303097.jpgアジ巻きと、横はサバ巻き。











■アップ③
f0232060_2151744.jpg
出始め初物の松茸。小さくても、ちゃんと松茸の香りがしっかり出ています。生クジラの煮付やすじこも。








■日本酒③
f0232060_2195820.jpg
長野県田中屋酒造の水尾。









■4品目
f0232060_21332335.jpg
運ばれてきた瞬間からめちゃくちゃいい香りがした、最高級枝豆。









■5品目
f0232060_2163973.jpg
大将のオリジナルメニュー。松茸、ズワイガニ、ホタテをヒラメで巻いて、蒸し物にして、上品な出汁をくずで溶いてあんかけ風にしています。めちゃくちゃ美味しい!!







■6品目
f0232060_20592145.jpg
本日のメインディッシュ「新子」登場!!1人1皿という贅沢仕様。こんなに新子食べたの初めてかも。酢の〆方も柔らかくて、すごく美味しい。








■日本酒④
f0232060_21375014.jpg
山口県の五橋。









■7品目
f0232060_21383684.jpg
北海道青柳、小柱、礼文島のばふんウニ。ゴージャスイエロー!









■カツオ、登場!
f0232060_2173068.jpg
皮目も、身も美しいカツオが登場!









■8品目
f0232060_2173365.jpg
カツオのお造り。臭みは全く無し、旨味がすごい。驚いた。









■日本酒⑤
f0232060_2110121.jpg
達磨政宗とのコラボ日本酒「満寿泉スペシャル」。初めていただいたのですが、ワインのような香りもあり、でも飲むと日本酒で、すごく美味しかったです。







■日本酒⑥
f0232060_2110439.jpg
長野県の黒澤。









■9品目
f0232060_21125748.jpg
ここからにぎりがスタート。まずは、マグロ。この大きさと厚み!









■10品目
f0232060_2113575.jpg
大トロ。ああ幸せ。









■11品目
f0232060_21143411.jpg
串本の鯛。









■12品目
f0232060_2147477.jpg
下田の地キンメ。こんな厚みのキンメにぎり、食べたことないw。









■日本酒⑦
f0232060_21492018.jpg
静岡県の開運涼々。









■13品目
f0232060_21144881.jpg
苫小牧のほっき貝。









■14品目
f0232060_21505154.jpg
ヒラメ。









■15品目
f0232060_21145829.jpg
穴子。穴子もさることながら、ツメがめちゃくちゃ美味しい。大将が穴子の煮汁を何時間も煮詰めて、継ぎ足し続けている秘伝のツメ。
# by meshi-quest | 2017-07-24 08:08








仲良くさせてもらってる大好きなカレー屋


「カフェ オーケストラ」でランチ。


f0232060_16442373.jpg










最近、暑くなってきたこともあり、体がカレーを欲してる。


休日のランチに高確率でお邪魔している。


f0232060_16455327.jpg


f0232060_16455624.jpg









私のお決まりのメニューは、


「羊飼いのサラダ」「サグチキンカレー」


酸味の効いた特製ドレッシングとヨーグルトを混ぜて食べるサラダと、


美しいグリーンが印象的なほうれん草たっぷりの絶品チキンカレー。


f0232060_16483936.jpg


f0232060_16484270.jpg





個人的に、都内で一番大好きなサグチキンカレーだ。







カレー特集を読みながら、美味しいカレーを食べる。


食後の自家製チャイは、カルダモンがたっぷり入って、いい香り。


よくあるシナモンチャイとはまた違った風味を味わえる。


f0232060_16505239.jpg


f0232060_16505454.jpg







「カフェ オーケストラ」で華麗なる休日を。





■「カフェ オーケストラ」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13098496/






# by meshi-quest | 2017-07-23 08:08 | 西荻窪








兵庫県丹波の有機農園さんが運営している


お気に入りの定食屋「パブリックキッチンカフェ」で夕食。


f0232060_13265697.jpg










丹波の農家さんだけど、なぜか吉祥寺に出店。


そのおかげで、私はこんなに美味しい野菜が食べられているのだから、ありがたい。


よくある「農家直送野菜使ってます」的なレベルとは全然違ってて、


初めて食べた時に、あまりのサラダの美味しさに驚愕した。







以後、野菜が思いっきり食べたくなると、ここに来る。


野菜だけでなく、新鮮な肉や魚を使ったメイン料理もちゃんと美味しく、


家庭料理だけど、めちゃくちゃリッチな気分になれる定食。


f0232060_13301752.jpg










個人的には、本日の日替わりメインに、


人気の奥丹波どりの塩麹から揚げと、小鉢5品、デザートまで付く


「畑の実りご飯スペシャル」(1600円)がおすすめ。


今日は特別にから揚げにタルタルソースも付けてくれた!


f0232060_13303061.jpg


f0232060_13302762.jpg


f0232060_13302429.jpg


f0232060_13302132.jpg


f0232060_13322586.jpg


f0232060_1332292.jpg


f0232060_1332364.jpg


f0232060_13324015.jpg








■「パブリックキッチン」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13176895/








# by meshi-quest | 2017-07-22 08:08 | 吉祥寺








新富町にある鮨の名店「はしもと」で昼から鮨のフルコース。


常連さんのグルメ会で、通常はランチ営業していないが、


特別に貸し切り対応をしていただいた。


f0232060_1395889.jpg


f0232060_1310216.jpg


f0232060_1310544.jpg











美味しいつまみとにぎりで、昼から日本酒が止まらないw。


つまみでは、浜松のすっぽんの時雨煮を使った混ぜご飯と、おおめますの焼き物、


にぎりでは、アジと、エビと、ウニが印象的で、美味しかったなあ・・・。






ほろ酔い気分の優雅な昼下がり。


贅沢をさせてもらった。


f0232060_13193121.jpg


f0232060_13193436.jpg


f0232060_1319372.jpg


f0232060_13194031.jpg


f0232060_1319555.jpg


f0232060_13195815.jpg


f0232060_1320121.jpg


f0232060_1320813.jpg


f0232060_13201221.jpg


f0232060_13201721.jpg









■「鮨 はしもと」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13176638/










■今日のカメ

■「鮨はしもと」
f0232060_1395889.jpg
有楽町線「新富町駅「」から徒歩5分ほど。通常は昼はやってませんが、今日は特別貸し切り。









■店内の様子
f0232060_132423.jpg
カウンターのみ10席ほど。気さくで話が面白い大将との距離が近く、アットホームな雰囲気。









■テーブルセット
f0232060_13252535.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13255127.jpg
広島県相原酒造「うごのつき」。暑い時期にサラッといただける飲みやすい日本酒。









■1品目
f0232060_13193121.jpg
宮城県のまこがれい。










■2品目
f0232060_1328438.jpg
アオリイカ。









■3品目
f0232060_13283419.jpg
カツオ。









■4品目
f0232060_13285929.jpg
桜エビの茶碗蒸し。出汁が効いてて、エビの香りもよく、めちゃくちゃ美味しい。









■5品目
f0232060_13193436.jpg
浜松で養殖されているすっぽんを使った時雨煮の混ぜご飯。やや濃いめのたれで味付けされてて、いい味。これも日本酒が進む。








■6品目
f0232060_1319372.jpg
あん肝としゃこ。









■7品目
f0232060_1333927.jpg
おおめます(時しゃけ)の焼き物。これもとても美味しい。すごく脂が乗ってて、日本酒が進む味。








■8品目
f0232060_13334051.jpg
こはだ。









■9品目
f0232060_13341441.jpg
まだい。









■10品目
f0232060_13343825.jpg
沖縄のまぐろ。









■11品目
f0232060_1335169.jpg
いさき。









■12品目
f0232060_1319555.jpg
アジ。









■13品目
f0232060_13195815.jpg
沖縄のまぐろの中トロ。









■14品目
f0232060_1320121.jpg
車海老。甘味あって、すごく美味しい。









■ウニ箱、登場!
f0232060_1320813.jpg
ウニのトップブランド「はだてのウニ」。









■15品目
f0232060_13201221.jpg
口の中でフワッととろけるウニ。









■16品目
f0232060_13392482.jpg
キンメの炙り。









■17品目
f0232060_13201721.jpg
穴子。フワッとしてて、美味しい穴子です。









■18品目
f0232060_13404286.jpg
たまご。









■19品目
f0232060_1341847.jpg
しじみのお椀。








料理研究家でもあり、タレントでもある園山真希絵さんの和食店、


「そのやま」にお邪魔させてもらった。


一度ぜひお邪魔してみたいと思っていたので、すごく楽しみにしていた。


会員制なので一見でお邪魔することは出来ないが、会員が同伴なら入れる。


f0232060_12132639.jpg


f0232060_12132989.jpg









園山さんご本人もいらっしゃって、とても丁寧に気さくに話してくださり、


スタッフもすごくにこやかで、居心地がいい。







料理は、園山さんによる和の創作料理で、


ご自身がお好きという「豆」を使った料理が多く、


「お腹いっぱい食べても太らない」がコンセプト。


豆なのでちゃんとお腹にたまるけど、豆なので健康的に良さそうな和食が並ぶ。


f0232060_12162546.jpg


f0232060_12162948.jpg


f0232060_12163212.jpg


f0232060_12163683.jpg











その他、特徴として、


すべての料理に『言葉遊び』『驚き』を盛り込んでて、


「サザエさんのいない磯野家の茶碗蒸し」は、


料理が出てくる時に店内の音楽もあのBGMに変わって、


カツオ出汁に、ワカメに、イクラちゃんがいて、


サザエさんは前髪の形だけ登場してたり、


f0232060_1225837.jpg


f0232060_12251145.jpg









野菜をそのまま煮込んだインパクトある


巨大な肉じゃがが出てきたり、


f0232060_12254770.jpg


f0232060_12255889.jpg








〆のご飯は、「お終い」=「おしゅうまい」で、


ミニしゅうまい弁当になっていたり、


お客さんを楽しくもてなそうとする園山さんの気持ちが感じられる料理だった。


f0232060_12263323.jpg


f0232060_12263619.jpg









ただ、美味しいかどうかで言うと、


もちろん好みには個人差があるが、


正直、もう一度食べたくなるような印象に残る味の料理はなかった。


私が色々と食べ歩いている和食店を思い浮かべてみると、


盛り付け、味付け、料理内容、食材含めて、極めて家庭的というか・・・。







そこで、ハッと思ったのは、


そうか、このお店は園山さんの家にご招待されてるんだ!、


ということ。


実際は、お店として来ているけど、そういう気持ちで来て楽しむお店なのだと。








和食屋さんとしてみると、あまり嘘も言いたくないので、


正直、満足度が低いと感じてしまうが、


お友達の家に呼ばれて、おもてなしを受けてる、


自分のために友達が一生懸命料理を作ってくれてると思うと、全然見方が変わる。








あとは、変な意味ではなく、味よりもおもてなしが大事、


言葉遊びや演出を重視していて、


そこをメインに料理を構成したり、食材選んでるのかな、と。









良いか悪いかではなく、好きか嫌いか。


好きな人のためにそういうお店があってもいいんじゃないかと思った。


だからこそ、現在会員制を取っているのは、


好きな人だけに来てもらうというシンプルな方法、


行きたいけど行けない人には残念かもしれないけど、正しい選択な気がする。











■今日のカメ

■「そのやま」
f0232060_12132639.jpg
恵比寿にある、赤が素敵な2階建て。会員制です。









■店内の様子
f0232060_12132989.jpg
本日は、私の知り合いで、長年園山さんとも懇意の方からご招待でお邪魔させてもらいました。1階は厨房とカウンター、2階がテーブルと個室。思ったより、席数が多くて驚きました。







■メニュー
f0232060_12373495.jpg
メニューは、ジャポニカ学習帳の中に。









■テーブルセット
f0232060_12382948.jpg
テーブルセットはこんな感じ。木内梅酒という梅酒をロックで。この梅酒、甘さがスッキリしてて、すごく美味しかったです!







■1品目
f0232060_1240225.jpg
和歌山県の柑橘「じゃばら」を使ったジュース。『邪を祓う』という意味を込めて。









■2品目
f0232060_12414669.jpg
自家製はんぺん。『笑う門には福来る』









■3品目
f0232060_12162546.jpg
和前菜の盛り合わせ。白玉と茄子のピューレ、カブのカプレーゼ(=カブれーぜ)、切り干し大根のナポリタン、ぶり大根をご飯と一緒に丸めた「ぶり大根定食」など。







■4品目
f0232060_1225837.jpg
「サザエさんのいない磯野家の茶碗蒸し」。カツオ出汁が効いてる、サッパリとした茶碗蒸しです。









■5品目
f0232060_12162948.jpg
ハーブ鶏と丁字麩を使った「とりふスープ」。









■6品目
f0232060_12163212.jpg
たこ焼きに見立てたポテサラ。『お多幸』を込めて。ちゃんとソースや紅ショウガでたこ焼きの味がします。








■7品目
f0232060_12163683.jpg
「足袋」をかたどった豆のフィナンシェ。料理の中盤、『たびの途中』の意を込めて。









■8品目
f0232060_12494854.jpg
出雲のブランド豚「結美豚(ゆいびとん)」を使ったソテー。柔らかくて美味しい豚でした。









■丸ごと肉じゃが、きた!
f0232060_12254770.jpg
人参もジャガイモも丸ごと煮込んだ肉じゃが。かなり時間をかけて、じっくり火を通しているそう。









■9品目
f0232060_12255889.jpg
特製肉じゃが。ちょっと醤油と砂糖の味が濃く、この段階で食べるにはやや舌が疲れてしまう感じ。









■10品目
f0232060_12263619.jpg
お終いの「おしゅうまい弁当」。かわいらしいミニ弁当なのだが、おにぎりがあまり美味しくなくて、ちょっと残念。このかわいらしさで、食べてめちゃくちゃ美味しい!となると、すごいインパクトありそうなんだけどな・・。






■11品目
f0232060_12581570.jpg
最後のデザート登場の時に、店内にアントニオ猪木さんのテーマソングがかかって、ビックリ(笑)。「あん」と、「いも」と、「えのき」が入って、アントニオ猪木w。和のデザートとのこのミスマッチな発想がすごい。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ