埼玉県入間市にある閑静な住宅街の一角に、


なんとアメリカがあると聞き、行ってきたのだが、


結論から言うと、本当にそこにアメリカがあった。



f0232060_13115697.jpg























f0232060_13122242.jpg























f0232060_13124974.jpg























f0232060_13131517.jpg























f0232060_13133965.jpg






























「入間ジョンソンタウン」と呼ばれているこの一帯には、


米軍ハウスという米軍からの払い下げのアメリカンは平屋住宅が集合していて、


飲食店や雑貨店も営業しているが、1つのアメリカンな町として、


実際、普通にアメリカンな雰囲気が好きな方々が居住をしている。








途中までダム湖と林に囲まれた道を進み、


この先の一体どこにアメリカがあるのかと心配になったが、


確かに、アメリカがあった。


映画のセットの中に紛れ込んだかのようだ。








その入間ジョンソンタウン内の一角にある


「EAST CONTENTS CAFE'」にて、夕食。


お店自慢のデミグラスソースがかかったハンバーグとオムライスは、


カフェ飯の域を超えて、ホント美味しかった。


f0232060_13194246.jpg























f0232060_13201338.jpg























f0232060_1320398.jpg























f0232060_1321346.jpg





























変な意味ではなく、「大人の真面目なごっこ遊び」というか、


何かにどっぷり浸って、それに周りも合わせて生活を楽しむっていいな。


個人的には、小さな江戸の町とかあったら、ぜひ住んでみたい。







■「入間ジョンソンタウン」
http://johnson-town.com/










■今日のカメ

■「入間ジョンソンタウン」①
f0232060_13133965.jpgタウンの中は、こんな感じで、米軍ハウスに囲まれた小さな町のようになっています。

飲食店と住居が混在しています。一般の人も来ることが出来ます。アクセスは、上記HPにて。






■「入間ジョンソンタウン」②
f0232060_13131517.jpgアメリカ映画に出てきそうな平屋。テラスにはブランコ。超アメリカン。









■「EAST CONTENTS CAFE'」
f0232060_13115697.jpg入間ジョンソンタウン内にあるカフェレストラン。

ジョンソンタウン内のお店は、割と早めに夕方で閉まってしまうところも多く、遅くまでやっているお店は少なめ。






■店内の様子①
f0232060_13124974.jpgバーカウンターは、とってもアメリカン。










■店内の様子②
f0232060_13283291.jpg広々としたテーブル席。










■店内の様子③
f0232060_13122242.jpgジュークボックスと、コカ・コーラの冷蔵庫。










■1品目
f0232060_1320398.jpgチキンラップサラダ。サラダとチキンをトルティーヤで巻いて、上からゴマドレッシングをかけています。








■2品目
f0232060_13345112.jpgフライドチキンのスパイシートマトソース。サルサっぽい、トマトソースがとてもフライドチキンと合ってて、美味しかったです。








■3品目
f0232060_1321346.jpgチョリソーのオイル煮。半熟卵の下にチョリソーのオイル煮が入ってます。









■4品目
f0232060_13201338.jpg濃厚なデミグラスソースがかかったオムライス。卵もふわふわで、とても美味しくできていました。









■5品目
f0232060_13194246.jpgチーズハンバーグステーキ。ハンバーグもちゃんと作られてて、デミグラスソースも美味しい。
# by meshi-quest | 2016-09-24 08:06








懇意にさせていただいている、


ミシュラン獲得の渋谷フレンチ「Deco」室田シェフが独立され、


新たに8月にオープンされたばかりのフレンチ「「LATURE ラチュレ」へ行ってきた。









さすが室田シェフ!というか、最初から最後まで驚きの連続で、


ファンタジックで、かつ、すごく美味しい。


f0232060_14322650.jpg























f0232060_14324665.jpg























f0232060_1433895.jpg























f0232060_14334347.jpg























f0232060_14341272.jpg























f0232060_14345241.jpg























f0232060_14351512.jpg























f0232060_14353922.jpg






























この「ファンタジック」「美味しい」


を両立させているお店はホント少なく、


ファンタジックに驚き重視のところは、味まで十分手が届いてなかったり、


美味しいけど、もう少し何か驚き欲しいなあと思ってしまったり、


その点、室田シェフの「ラチュレ」はすごくバランスが取れてて、両立されてた。









メインディッシュの熊肉も美味しかったな。


熊肉って、臭いとよく言う人も多いが、


ちゃんとした処理と料理がされた熊肉は、高級な牛肉のような味がする。


f0232060_14381479.jpg
























f0232060_14395591.jpg































次は、ぜひ雷鳥も食べたいな。


残念ながら、今日はまだ熟成、寝かせ中。


f0232060_14405253.jpg






























■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/










■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_14421881.jpgJR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■テーブルセット
f0232060_14433716.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ワイン①
f0232060_1457165.jpgお店おすすめの赤を。

ソムリエさんがすごく気さくで親切だったので、料理出てくる間もとても楽しめました。







■1品目
f0232060_14322650.jpgまずは、アミューズから。

鹿の血液を使ったブータンノワールをマカロン風に仕上げたもの。







■アップ
f0232060_14324665.jpgこのブータンノワールマカロン、なんと本物の毛皮の上に乗っています。

毛皮の皿なんて、初めて見た!私は臓物系が苦手ですが、このブータンノワールは全く臭みなく、美味しかったです。





■2品目
f0232060_1433895.jpg色んなキノコが表紙に書かれた本が出てきました。










■開けてみた。
f0232060_14334347.jpg小さなパイが出てきました。










■アップ
f0232060_1522542.jpg本の表紙の中にあったジロール茸と自家製ベーコンを使ったパイ。









■3品目
f0232060_1533783.jpgアジと桃のマリネ。白いソースは、バターバジルミルク。









■キノコ、きた!
f0232060_14341272.jpg採れたての野生のキノコたち。










■4品目
f0232060_14345241.jpgこれらの野生のキノコと、雉(キジ)の一ヵ月熟成スープを合わせた濃厚なブラウンスープ。めちゃくちゃいい香り。








■でっかいパテアン、きた!
f0232060_14351512.jpg自家製の大きなパテアンクルート、登場!

切られる前の状態のパテアンクルートが見れて、感激。







■5品目
f0232060_14353922.jpg熊、鹿、イノシシの4つ足3種を使った自家製パテアンクルート。これもすごく美味しい。









■ワイン②
f0232060_1510167.jpgメニューにはない、お店おすすめの赤ワイン。










■6品目
f0232060_15105572.jpg鮎のパイ包み焼き。










■アップ
f0232060_1511221.jpgこの時期、旬の鮎を使うお店は多いのですが、間違いなくここ最近でいただいた鮎のNo.1でした。めちゃくちゃ美味しい!!








■7品目
f0232060_14381479.jpgメインディッシュは、「鹿or熊」だったので、当然、熊!

北海道のメスの3歳の熊肉です。







■アップ
f0232060_14395591.jpg柔らかくて、すごく美味しいです。臭みなどは一切なし。牛ヒレを食べている感じ。









■雷鳥はまた今度!
f0232060_14405253.jpg現在、絶賛熟成中の雷鳥。今度来た時にはぜひ食べたい。

ちなみに、日本の雷鳥は天然記念物ですが、これは北欧の輸入の雷鳥。







■8品目
f0232060_15152927.jpg山梨のぶどうをグラタン仕立てにして、ビーツを添えたもの。初秋な雰囲気。









■9品目
f0232060_15163348.jpg『クマンシェ』と名付けられた食後の小菓子。牛のバターではなく、熊で作ったバターを使っているそう。焼きたて。

確かに、牛ではない、他の生き物の風味がする不思議なフィナンシェになってましたw。
# by meshi-quest | 2016-09-23 08:08 | 渋谷・神泉









西荻窪にあるお気に入りの和食屋「見晴料理店」へ。


最近、和食が食べたくなると、真っ先に浮かんでくるお店。


f0232060_13542921.jpg























f0232060_1354531.jpg























f0232060_13551747.jpg
































「癒し」を求めるというか、派手さはいらないので、


本当に美しくて、本当に美味しいものだけを静かに食べたいみたいな時があって、


そういう気分の時に、すごく適している。


f0232060_13572690.jpg























f0232060_13575088.jpg























f0232060_13581376.jpg























f0232060_13591625.jpg





























〆のご飯の、鮎と生姜の土鍋、めちゃくちゃ美味しかったな。


全く角がないというか、胃の中にスッと入る、どこまでも優しいご飯。


ごちそうさまでした。


f0232060_1403815.jpg























f0232060_1415697.jpg























f0232060_1421847.jpg































■「見晴料理店 みはらしりょうりてん」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13175249/









■今日のカメ

■「見晴料理店」
f0232060_13542921.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩10分ほど。中央線高架近くにあります。









■店内の様子
f0232060_1354531.jpgカウンターとテーブル。家にお邪魔しているかのような、静かで落ち着く空間。









■お通し
f0232060_13551747.jpg小松菜の煮浸しと、自家製梅酒ロック。










■1品目
f0232060_1453735.jpg綺麗な蓋付き椀が出てきました。










■中はこんな感じ。
f0232060_13572690.jpg無花果と巨峰の白和え。甘さは果物だけの、すごく優しい味付の白和え。









■2品目
f0232060_1474037.jpgサンマサラダ。新鮮なサンマの上に、果物を使った特製ソースがかかっています。









■3品目
f0232060_1485767.jpg「穴子煮と揚げたじゃがいも、じゃがいもソース」です。まんまの材料と料理なのですが、これがめちゃくちゃ美味しい。








■4品目
f0232060_14102711.jpg「無花果と帆立の揚げだし、湯葉あん」です。これもめちゃくちゃ優しくて、美味しい!

無花果の揚げだしは初めて食べましたが、ほんのり甘みがあって、揚げても美味しい。






■5品目
f0232060_1412648.jpg「夏野菜のトマト煮、海老の具足煮」です。和風のラタトゥイユみたいな感じ。









■6品目
f0232060_13591625.jpg「豚の肩ロース、米茄子の揚げだし」です。これもすごく優しい味。









■7品目
f0232060_1403815.jpg注文入ってから炊き上げてくれる鮎と生姜の土鍋ご飯。すごくいい香り!









■盛り付け
f0232060_1415697.jpgお店で、鮎の身をほぐして盛り付けてくれます。










■8品目
f0232060_1421847.jpg海老真薯のお吸い物。これも優しい。
# by meshi-quest | 2016-09-22 08:08 | 西荻窪








夜になりました。


昼も良かったけど、夜のディズニーシーはまた格別です。


f0232060_14343469.jpg























f0232060_1435035.jpg























f0232060_14352376.jpg























f0232060_14354592.jpg























f0232060_1436644.jpg





























夜も歩き回っていると、やっぱりお腹が空くわけで。


そこは、夢の国の魔法を持ってしても、ダメなだけで。







夢の国の迫りくる時間との戦いの中で、


サクッと、胃を満たしてくれるもの・・・


そうだ、カレーだ!!








夢の国でカレーなんて・・・きっと空いてるだろうなと思ったら、


みんな、カレー大好きだな!



下手すると、今回のディズニーシーで一番並んだ


アトラクションなんじゃないかと思いつつ、


カレーの大行列に混じり、カレーを受け取る。


f0232060_14561776.jpg























f0232060_14564637.jpg































この「カスバ・フードコート」の協賛は、


もちろんカレーでお馴染みのハウス食品。


東京ディズニーランド側でもハウス食品協賛のカレー店があるが、


そこよりも、カレーがスパイシーというか、大人の味がした。


f0232060_14585890.jpg























f0232060_14591970.jpg































そして、何と言っても、心躍ったのが、コレ。


フルーチェ、きたこれ


ハウス食品ロングセラーのデザート。


かれこれ、15年ぶりくらいに食べたかもw。


f0232060_1505259.jpg































■「東京ディズニーシー」
http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/










■今日のカメ

■アラビアンコースト
f0232060_1525875.jpg「アラジンと魔法のランプ」がテーマになっている東京ディズニーシー内の「アラビアンコースト」。

ここにカレーがあります。ちなみに、アラブ諸国でも「クフダ」という名前でカレーは食べられているようです。





■「カスバ・フードコート」
f0232060_14561776.jpgハウス食品協賛のカレー店。










■大人気!!
f0232060_14564637.jpg夢の国なので、もっと違うものをみんな食べるのかと思ったら、みんなカレー大好きw。

夕食時はだいぶ過ぎてましたが、大行列でした。







■ビーフカレー
f0232060_14585890.jpgビーフカレーのセット。確か、東京ディズニーランドではナンは付かなかった気がしますが、ここではナン付き。

調べてみたら、アラブ諸国ではご飯ではなく、ナンでカレーを食べているようで、もしかして、そこまで世界観を合わせていたなら、すごいな。




■カレー、アップ
f0232060_14591970.jpgややスパイシーで、大人の味がするカレー。逆に言うと、あまり子供は好きな味のカレーじゃないかも。








■フルーチェ
f0232060_1505259.jpg「ピーチフルーチェ&ストロベリーゼリー」(260円)。

牛乳入れて混ぜるだけのフルーチェ。値段を知ってるだけに、260円と聞くとグッと来てしまいますが(笑)、ディズニーシーでフルーチェ食べれるのはちょっと面白い。
# by meshi-quest | 2016-09-21 08:06









東京ディズニーシーが早いもので今年15周年だそうで。


私は人生で1度しかディズニーシーに行ったことがなく、


それは、ディズニーシーが出来た年だったので、


実に、15年ぶりに、機会あってディズニーシーにやってきた。


f0232060_1447100.jpg































いいですね、ディズニーシー。


当時は子供だったから、ミッキーはいないし、


なんか地味で面白みないなと思ってたけど、


15年の時を経て、年を取って来てみると、


このくらいの緩やかさというか、ヨーロッパに旅行に来たみたいな感じが


すごく心地良くって、アトラクション乗らずとも、歩いているだけで楽しめた。



f0232060_1461646.jpg























f0232060_1463931.jpg























f0232060_147293.jpg























f0232060_147297.jpg























f0232060_1482349.jpg























f0232060_1484388.jpg























f0232060_149465.jpg

































夢の国の通行料は高いな思っても、


やっぱり夢の国は良くできてて、最高なのでした。








さて、夢の国とはいえ、歩き回っていると、腹が減る。


ただ、時間との戦いでもあるので、サクッと食べれるものをと、


アメリカンなサンドウィッチを提供してる「NEW YORK DELI」へ。


f0232060_14113251.jpg























f0232060_14115582.jpg























f0232060_14121994.jpg
































ここは、冷凍食品などでお馴染みのニチレイが協賛しているお店だが、


失礼ながら、ディズニーシーでこんな美味しいサンドウィッチ食べられるの?!


と驚いてしまったくらいに美味しくて、即完食してしまった。


f0232060_14145254.jpg























f0232060_14151497.jpg





























多少、夢の国の魔法がかかっているとはいえ、ちゃんと美味しい。


いつかディズニーシーでガッツリとメシクエストしてみたいなあ・・・。








■「東京ディズニーシー」
http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/










■今日のカメ

■「NEW YORK DELI」
f0232060_14113251.jpg東京ディズニーシーの「アメリカンウォーターフロント」というエリアにあります。

自由の女神の看板が目印。







■店内の様子①
f0232060_14115582.jpg店内は、アメリカのカフェレストランをイメージした感じで、席数も多め。









■店内の様子②
f0232060_14121994.jpgテラス席もあります。気温がちょうどいいので、今日はテラス席で。









■コーンドビーフサンドセット
f0232060_14245130.jpgサンドウィッチは数種から選べて、セットにすると、ポテトとドリンクが付きます。1500円くらいかな。

ディズニーシーなので、ビールもあります。






■サンドウィッチ、アップ
f0232060_14145254.jpgコーンドビーフ(牛肉の塩漬け)と、ザワークラウトと、チーズが入ってます。これがめちゃくちゃ美味しかった!








■ポテト
f0232060_14151497.jpg遊園地にありがちな、しなびたポテトではなく、ちゃんと美味しく揚っているポテトです。素晴らしい。
# by meshi-quest | 2016-09-20 08:07
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ