ベトナムへ行く。⑥ ~ニャチャンという町~

今回の旅のメインの渡航地「ニャチャン」は、ホーチミンから飛行機で約1時間ほどの場所にある。

日本ではあまり知られていないが、ベトナムでは現在開発が盛んに行われているリゾート地の1つだ。

ちなみに、今年のミスユニバース2008が行われた場所でもある。


私は、いつだったか、美容院に行った時に世界のリゾート地の特集をやっている雑誌を見て、その時に初めてニャチャンという場所を知った。

雑誌で見たニャチャンは、遠くに島が点在し、真っ白い砂浜が一面に広がる、まさにアジアのリゾートという感じだったが、まだ開発途中ということもあり、リゾート地として商業化されきってない、というか、洗練されていない感じが、良かった。

雑誌を見るまでは、ベトナムにリゾート地があることすら知らなかった。

なんとなく、ベトナムと言うと、市場だったり、メコン川下りだったり、素朴な印象が強くて、バリやタヒチのような「リゾート」というイメージがなかった。


ベトナムの未開のリゾート地。

ぜひいつか行ってみたい、と思った。


実際訪れたニャチャンは、思っていた以上に、未開で、のどかで、リゾート地というより、漁港の町という感じだった。

実際、近くに漁港があり、造船所もあった。

ダナン空港からエヴァソンホテルの出迎えの車に乗って、中心街まで約40分。

ホーチミンと違って、道路は空いていて、海を眺めながら、1つ山を下り、町に出る、そんな感じだった。

山の途中では、果物を売っている行商のおばちゃんがいたり、ススキが生えていたり、日本の風景に似ていた。

町に近くなった頃に、ようやっとリゾート気分を盛り上げてくれるようなヤシの木とかブーゲンビリアの花とかが出始めたが、それまでは、伊豆とか熱海とかに遊びに来たような気分だった。


今回の宿泊先エヴァソン・アナ・マンダラ・ホテル&リゾートは、ニャチャンのメイン通り沿いにあった。

エヴァソンホテルは、全ホテル共通して「自然への回帰」をテーマにしており、部屋、食事、ホテルのアメニティーグッズに至るまで、自然のもので構成されている。

ゲストには、ホテルの中だけですべて完結し、ゆっくりと静かに時間を過ごしてもらえるよう、基本的に、町からかなり離れた場所にホテルがあるため、繁華街に出にくく、そういう意味での「立地」は悪い。

タイのエヴァソン・プーケットに泊まった時も、ゴルフ場のような広い森の中にあり、ホテルの周りには何もなく、繁華街まで車で30分以上かかった。

なので、町中にあるエヴァソンは珍しい。

スタッフにも聞いてみたが、全ホテルの中で、このアナ・マンダラは、唯一町にあるホテルだ、と言っていた。

とはいえ、追々書かせてもらうが、このニャチャン自体が自然への回帰というか、正直、町っぽくないので、まぁ、エヴァソンがここに建てたのも合っている気はする(笑)。








■今日のカメ

■ニャチャンの町
f0232060_1554164.jpgエヴァソンホテルの目の前の通りの風景。午後3時くらい。ホーチミンに比べると、道は空いています。

ホテルの周りには、2、3軒、地元のレストランがある程度で、ほとんど何もありません。







■ニャチャンの海
f0232060_15542970.jpgエヴァソンホテルのプライベートビーチ。海に関しては、後のコラムでも詳しく書かせていただきます。









■漁港
f0232060_15543898.jpgプライベートビーチの逆側の風景。地元の人たちがのんびり過ごしていました。遠くに漁港が見えます。








■漁船
f0232060_15544997.jpgプライベートビーチからも沖の方にたくさんの漁船が見えました。








■シーフードレストラン
f0232060_15545788.jpg名前は忘れてしまいましたが、ホテルから徒歩15分くらいのところにあった地元のシーフードレストラン。ニャチャンは漁港があるだけあって、シーフードが有名みたいです。美味しくて、安い。







■エビの揚げ春巻
f0232060_1555787.jpgエビがたっぷり詰まっていて、ホーチミンで食べたものより数段美味しかったです。400円くらい。







■カニ爪のフライ
f0232060_15551511.jpgこれ、マジでウマかったです。今回の旅で一番美味しかったかも。1つ150円くらい。







■カニ、たっぷり。
f0232060_15552622.jpgカニの身がこれでもか!!ってくらい詰まってました。激ウマ。
by meshi-quest | 2008-09-25 15:52 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ