セブ島へ行く。① ~バタバタの中で出国~



遅ればせながら、ようやく落ち着いて写真の整理ができる状態になったので、年末年始に行ったセブ島での話をさせていただこうと思う。



2009年の話になるが、去年は、ちょっと大きな仕事をしていて夏休みが取れなかったので、年末に開発スタッフの皆さんにわがままを言って、1日早く休暇をいただき、セブ島へ行った。

海外には常日頃から旅行に行きたいと思っているが、去年は、私の親友2人が、それぞれイタリア、チェコに行っており、特に、「私も海外行きてー!」熱が高かった。


今回セブ島に行くことになるまで知らなかったのだが、セブ島はどうやらフィリピンにあるらしい。

なんで知らない場所に決めたのかというと、「12月がオンシーズン」、「東南アジア」(個人的に好きなので)、「私が今まで行ったことない場所」、という3つの条件下で旅行会社に探してもらったのだが、行こうと探し始めた時期が遅すぎて、予約状況的にセブ島しかなかったのだ。


というわけで、セブ島に決まった。


あっさり「決まった」と書いてしまったが、泊まりたいホテルがほぼ予約絶望的と言われていたり(結局、奇跡的に行きたいところが取れたのだが)、帰りの飛行機がギリギリまで取れていなかったりと、すべて揃って、本当に行けることが決まったのは、12月に入って、だいぶ経ってからのことだった。




初フィリピンだ。


フィリピンと言えば、フィリピンパブ、フィリピンバナナ、フィリピンマンゴーくらいの知識しかないので、未知なることがいっぱいですごく楽しみにしていた。

が、2010年コラム冒頭でお話をしたとおり、眠気と疲労で、楽しいとか、楽しくないとか、もう何もかもが分からない状態で(苦笑)、よく分からないまま成田へ行き、よく分からないままパスポートを出し、よく分からないまま飛行機に乗り込んだ。

パスポートを見せた相手が本当に出国手続きの人だったかも、もう定かではないが、行けたということは、おそらく間違っていなかったのだろう。

人生の中で、こんなに「海外へ行くぞ!」気分がなかった旅は、初めてだ。





さて、成田空港にて。

よく年末年始の出国ラッシュの映像をこの時期テレビで見るので、さぞかし混んでいるのだろうと覚悟していたのだが、早朝だったせいか、思ったより出国ロビーは混んでいなかった。

今回は、行きも帰りも、マニラ経由のフィリピン航空で行くことになっていて、早速、フィリピン航空の手続きカウンター行ってみると、手続きを待つ列が出来ていた。

驚いたのが、客層。

カップルとか、学生とか、そういう人もいるかと思っていたら、列の99%近くが、「日本人のおじさんと若いフィリピン女性(さらに40%くらいの確率で赤ちゃんも一緒)」の2ショットで構成されていた。

カートに乗せるほどの大きな荷物を持っており、なぜか日清カップラーメンの段ボールを持っている人が多かった。



フィリピン・・・そうか・・・。



おそらく、年末年始に日本人の旦那と帰省する人たちだと思うが、隣のバリ行きのカウンターの列と比べ、異様というか、独特というか、不思議な感じだった。

この客層は、たまたま並んでいた列がそうだったわけではなく、実際の飛行機の中もほぼ「日本人のおじさんと若いフィリピン女性(さらに40%くらいの確率で赤ちゃんも一緒)」の2ショットだった。

マニラを経由し、セブ行きの飛行機に乗り換えた時には、客層は代わり、観光客っぽい人40%、現地人(帰省?)60%になっていた。



初日のあんな私の状態で果たして写真を撮っていたのか整理するまで不安であったが、一応、要所要所でシャッターを押すことは忘れずにやっていたらしく(笑)、なんとか「今日のカメ」にも写真が掲載できそうだ。



















■今日のカメ

■出発の時
f0232060_21143167.jpg地元の駅から電車に乗った時の時間。朝5時23分。なるべく荷物を少なくするために、ダウンジャケットの下に1枚だけの状態で、電車を待つ。ホームで凍死するかと思った・・・。







■成田エクスプレス
f0232060_21143956.jpg新宿発の始発の成田エクスプレス。この後、爆睡。








■成田空港の謹賀新年オブジェ
f0232060_21144890.jpgこの時期に成田空港へ来たことがなかったので、初めて見ましたが、出国ロビー正面にこんなオブジェが置かれていました。







■出発ロビーの様子
f0232060_21145697.jpg12月27日の出国ロビーの様子です。思ったほど、人はいませんでした。出国審査前の手荷物検査の場所だけ、異様に混んでいましたが、出国審査自体はほとんど並ばずに通れました。






■成田空港で朝食
f0232060_21151782.jpg毎度、機内食が期待できないので、空港内で軽く食事を取ることに。









■朝定食
f0232060_21152684.jpgそんなに時間がかかるとは思えない内容なのに、注文してから出てくるまで30分近くかかりました。しかも、味は普通で、1200円くらいします。






■フィリピン航空機内食
f0232060_21153574.jpg恒例「ビーフ オア フィッシュ?」の「ビーフ」の方です。








■ビーフ
f0232060_21154423.jpg何やら甘くて、まるで箸が進まず・・・終了。








■栗まん
f0232060_2115543.jpgなぜかデザートに栗まんが付いていました(笑)。この日本の名菓・栗まんをフィリピンの人は喜んで食べるのか?と思い、周りを観察したところ、隣、そのまた隣のフィリピン人も栗まんだけ残していました(笑)。私的には、機内食の中で、栗まんだけが唯一美味しかったんですが。






■フィリピン航空
f0232060_211622.jpg行きに乗ってきたフィリピン航空。マニラ空港にて。








■マニラ空港
f0232060_21161028.jpg新しくなったのか、割と綺麗な空港でした。ただ、トイレは混んでいて、かなり汚いです。紙はありません。








■キリストの誕生
f0232060_21161946.jpgフィリピンは、80%以上の人がカトリックだそうです。

これ、フィリピンだけなのかよく分かりませんが、クリスマスは24,25日だけにとどまらず、新年までぶっ続けで行われるようです。27日でしたが、空港にキリストの誕生を表したオブジェが飾ってありました。





■セブ行きのフィリピン航空
f0232060_21162912.jpgマニラで1時間半くらい待って、セブ行きのフィリピン航空に乗り継ぎます。

ちなみに、セブへは、直行便と、日本航空で行くマニラ経由もあります。直行便は便数が少なく、日本航空はマニラでの乗り継ぎが悪く、5時間近くロスをしてしまうことが分かり、フィリピン航空にしました。





■セブ行きのフィリピン航空機内おやつ
f0232060_21163848.jpgおやつは、「Bread Stix」というビスケットお菓子と、ピーナッツと、珈琲か紅茶か水、がもらえます。









■Bread Stix
f0232060_21165171.jpgこんなやつが、何本か入ってます。味は、ギンビス「アスパラガス」をもう少し柔らかくして、胡麻を抜いたような感じ。美味しい。







■空の旅
f0232060_2117246.jpgちょうど羽の部分の席でした。昼間は雲が見えて、キレイだなー。







■セブ・マクタン国際空港
f0232060_21171293.jpg小さな空港です。大事なことなのでトイレの話ばかりしますが(笑)、マニラがひどかったので、こっちも期待できないと思っていたんですが、マクタン国際空港のトイレは意外にキレイで、紙もちゃんとあります。
by meshi-quest | 2010-02-01 21:13 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ