ボルネオ島へ行く。③ ~ネクサスというホテル~




胃痛地獄から一夜明け、奇跡の生還。


「おっしゃー! 今日も元気に、朝飯食うぞ!」






朝日差し込むベランダのカーテンを開けて、思う。


「へー、このホテル、こんな場所だったんだ・・・」





ホント、ここまでよく分からずに来てしまったのだ。


しかも、昨日はホテルを見る余裕なんて、これっぽちもなかったし。






ホテルは、「ネクサス・リゾート・カランブナイ」というところに泊まった。


コタ・キナバル空港から車で約45分。町の中心街からも同じくらい離れている。


アクセスは悪いが、その分、静かで、海も山もあり、空気も美味しい。





以前もこのコラムで書いたが、私がホテルを選ぶ時、基準が3つある





一応、今回のボルネオの旅もこの基準に則って、ホテル探しをしたのだが、


ガイドブック見る限り、どうやらボルネオには、この基準を満たしてくれそうなホテルはなく、


結局、残念ながら、3つの基準のうち、


「繁華街に近すぎない」


しか、満たせなかった。






とはいえ、ネクサス・リゾートは、なかなか良いホテルではあった。


広大な敷地に緑がいっぱいあって、6kmに渡る、真っ白いパウダーサンドのプライベートビーチがある。


木々の手入れも行き届いていて、中庭にオオトカゲまでいる。


朝の散歩がとても楽しく、滞在中は毎日早起きをしていた。






ただ、600室強の大型ホテルだけあって、細やかなサービスや対応ができておらず、


ウエルカムフルーツが若干痛んでいたり、


部屋の時計が壊れていたので修理の依頼をしたが、なかなか連絡が来なかったり、


バスタブの栓がゆるゆるで、お湯をためてもバスタブから少しづつ漏れていたり、


まぁ、こまごまと難あり、100点ではなかった。







悪くはない。




悪くはないんだが、個人的に、今まで泊まったホテルの中では、


やっぱりシックスセンシズのホテルが一番いい。









■ネクサス・リゾート・カランブナイ
http://www.nexusresort.com/new/index.html





■過去のシックスセンシズ滞在記

・ベトナム「エヴァソン・アナ・マンダラ」
*エヴァソンもシックスセンシズホテルグループです。

・タイ「エヴァソン・プーケット・リゾート」















■今日のカメ

■ネクサス・リゾート・カランブナイ
f0232060_0454673.jpgコタ・キナバル国際空港から車で約45分のところにある大型リゾートホテルです。








■エントランス
f0232060_0475054.jpgロビー正面のエントランスです。

ここにシャトルバスやらタクシーやらがきます。







■ロビーの様子
f0232060_050813.jpg天井が高い、吹き抜けの開放的なロビーです。









■中庭、上からの眺め
f0232060_051566.jpgロビーを抜けると、プライベートビーチまで続くヤシの木のアーチがあります。








■中庭に降りてみた
f0232060_0544229.jpgこれぞ、南国!といった感じの風景。









■敷地には緑がいっぱい。
f0232060_0573847.jpgホテル内は緑に囲まれていて、とても空気が美味しいです。








■ゴルフ場
f0232060_059579.jpgホテル内に18ホールのゴルフ場もあります。









■ボルネオウィング
f0232060_111247.jpgネクサスは、ヴィラタイプの客室が点在するボルネオウィングと、ホテルタイプの客室が連なるホテルウィングの2つに分かれます。

今回は、ヴィラに泊まりました。こちらは、ヴィラに向かう道。





■遠くに山が見えます。
f0232060_145463.jpg田舎の親戚の家に遊びに来たような、のどかな場所でした。








■ボルネオルーム
f0232060_163610.jpgヴィラ客室が並ぶボルネオウィングは、さらに2種類に分かれ、ベランダから中庭が見える「ガーデンビュー」と、海が見える「シービュー」に分かれます。

1つのヴィラは1階と2階で分かれていて、それぞれ別の客室になっています。



■ヴィラの入口
f0232060_111222.jpg「ヴィラ」といっても、1つ1つの建物が離れているのではなく、集合ヴィラなので、すぐ隣に、隣室の部屋の入口があり、あまりホテルと変わらない感じがします。






■オオトカゲ
f0232060_1155626.jpg中庭にある池のそばに、ホテルで飼っているオオトカゲがいました。

一応、草食。かなりデカイ。






■夜のライトアップ
f0232060_1175798.jpg夜は、ヴィラの周りも真っ暗になりますが、足元に「NEXUS」と書かれた陶器のライトが並べられ、道を照らしてくれます。
by meshi-quest | 2010-09-07 01:20 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ