ボルネオ島へ行く。⑪ ~マレーシアへの誤解~




まず最初に、


私が地理が苦手であることをお伝えした上で、話を進めたいと思う。








小学校の授業で、「マレーシア=ゴムのプランテーション」と習った。


・・・はずだ。


・・・と、記憶している。





なので、マレーシアは、素朴で、自然が多く、みんな畑仕事や漁をしていて、観光が国を支えていて・・・、


そういう国だと思っていた。






ところが、実際行って見たマレーシアは、とてもとても発展していて、


町には高いビルや車があふれ、おしゃれな住宅の建設ラッシュになっていて、


人々はスターバックスに通い、お店ではiPhoneや3G携帯がバンバン売られ、


そんな国だった。






今まで行ったアジアの中で、1,2を争うくらい安全で、


観光客目当てのウザい客引きにもあわず、路上で物乞いをするような人も見かけず、


こんなアジアは初めてだ。


東京の都心とまでは言わないにせよ、日本にいるのとあまり変わりがなかった。






実際、ホテルから町までの行くシャトルバスで友達になった


ドイツ人のおじちゃん(どうやら潜水艦の貿易商でビジネスで来ているらしい)は、


「なんで日本からわざわざ来たの?」と不思議そうに聞いてきた。


つまり、「同じじゃん」と思っているのである。







「井の中の蛙」




日本ももちろんすごく頑張っているが、


日本だけがアジアで突出しているかのようなイメージは


勝手な幻想なのだ。


もっと世界を見て、勉強せねば・・・(もっと旅したい)。







さて、マレーシアの特徴は、「ミックスカルチャー」だ。


場所的にも、インドネシア、シンガポール、タイに近く、


工場、ホテルなどは中国からの出資が多く、いろんなものが入り混じっている。





町を見ると、教会が見えたと思えば、大きなモスクもあったり、


定食屋で中華料理のような炒め物と一緒に、グリーンカレーが出てきたりする。







個性が強く、こんなに雑多なものが、互いにケンカせずに、うまく落ち着いている、


そんな不思議な国だった。



















■今日のカメ

■コタ・キナバルまでの様子 ①
f0232060_0162192.jpgネクサス・リゾートから中心地コタ・キナバルの町まで、車で約45分くらいかかります。








■コタ・キナバルまでの様子 ②
f0232060_0183097.jpgホテルの周りには自然保護区があるくらいで、何もありませんが、10分くらい車を走らせると、ホテルや飲食店が見えてきます。








■コタ・キナバルまでの様子 ③
f0232060_0213551.jpg途中、大きなモスクがありました。

今までイスラム圏に旅したことがなかったので、初・モスク。






■モスクアップ
f0232060_0234051.jpg宇宙的でもあり、近未来的でもあり、博物館っぽくもあり、万博っぽくもあり、なんだか不思議な建物。








■青いモスクも
f0232060_026976.jpg完全に木に隠れてしまいましたが(苦笑)、青いモスクもありました。








■コタ・キナバルまでの様子 ④
f0232060_0282960.jpg集合住宅が流行っているのか、団地のような住宅棟がいたるところにありました。








■コタ・キナバルまでの様子 ⑤
f0232060_0301453.jpgこんな感じで、集合住宅の建設がいっぱい行われています。








■コタ・キナバルまでの様子 ⑥
f0232060_0344465.jpg町に近づくにつれ、背の高いビルが増えてきました。









■コタ・キナバルまでの様子 ⑦
f0232060_0325125.jpgコタ・キナバルの町は港のそばにあり、町に行くには、海沿いの道路を通って行きます。









■コタ・キナバル
f0232060_0374440.jpgコタ・キナバルの中心地にあるショッピングモール「センターポイント」前。

ホテルを出たのが遅かったので、町に付いたときには、夕暮れに。






■センターポイント
f0232060_0402727.jpgフードコートから、スーパー、ファッション、電化製品、何でもそろう大型ショッピングセンター。








■ワリサン・スクエア
f0232060_0435340.jpgセンターポイント前にある、同じく大型のショッピングセンター。

全網羅のセンターポイントに比べ、どちらかと言うと、ファッションや飲食が中心。






■夜のコタ・キナバル
f0232060_0461980.jpg車も人も多く、夜でも町はにぎやかです。










■夜のフォーターフロント
f0232060_049546.jpg港沿いの「ウォーターフロント」ではバーやカフェ、レストランが夜遅くまで営業しています。横浜やお台場に似てるかな。

夜になると派手にライトアップされ、観光客や地元の若者でにぎわっています。





■ナイトマーケット
f0232060_0562082.jpg毎日どっかしらでナイトマーケットをやっています。ホントにぎやかな町です。

串焼きやドリンクをはじめ、日用雑貨や服も売っています。
by meshi-quest | 2010-09-12 00:59 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ