ボルネオ島へ行く。 ⑳ ~マングローブの森 前編~




とても悩む・・・。







今旅、あまり時間的な余裕がなく、


ボルネオに着いた日は、胃痛で撃沈


1日は、ホテルのビーチでだらだらし、


1日は、動物園に行き


1日は、マーケットを見に、町に行き、


もう1日だけしか空いてる日がない。






せっかくなので、何か大きめなものを見学したいと、現地ツアーを申し込むことにしたのだが、


ボルネオは、単にどこか建築物を見て回るようなものではなく、


自然を相手にしたツアーが多いため、見学先に行くまでもかなり時間がかなり、


見学先でも時間がかかったりし、半日~1日潰れてしまう。









ツアーパンフレットを読み、吟味した結果、選択肢をこの2つに絞ることにした。





●世界遺産「キナバル山」を見に行くツアー 

●マングローブの森へ行くツアー     









このラインナップだと、圧倒的に、「世界遺産」という看板が魅力的なのだが、


情報を元に、ちょっと冷静に分析をしてみることにした。








まず、ツアーカウンターのお姉ちゃんの話によると、


このキナバル山へは片道車で約2時間、往復4時間もかかる。






そして、見どころを聞くと、「キャノピーウォーク」という吊り橋を渡ることと、


山の近くにある温泉だ、という。







たしかに、ガイドブックにも、ツアーのパンフレットにも、


同じような、森の中に掛けられた吊り橋と、温泉の写真が載っている。







が、逆に言うと、これだけしか載っていないので、ウリはこれだけの可能性がある。







また、ガイドブックに、ボルネオで世界最大の花ラフレシアが見られると書かれており、


個人的に、それはとても見たかったので、聞いてみると、


「ラフレシア、ノット、オンシーズン」と言う。





どうやら、今は、ラフレシアの季節ではないようだ。


もっと聞いてみると、シーズンであったとしても、1年に1週間しか花は開かず、


残りの膨大な日々は、つぼみになっているか、枯れているか、だそうだ。





こりゃ、ダメだ。







そして、さらにナイスな助言を得た。



「世界遺産と言っても、単に一般の人が見てスゴイとかキレイで


世界遺産になっているわけではないこともある。


たとえば、研究者の視点からすごい自然が残っていて世界遺産になっている場合、


分からない一般の人から見れば、単なる山に見え、面白みはないかもしれない。」








決めた。




「マングローブツアー」へ行こう。











後日談。




先の動物園に行ったときに、一緒のバスで仲良くなった日本人の母娘2人と


翌日、朝食を食べるレストランでバッタリ会い、


世界遺産「キナバル山」のツアーに行ったというので、感想を聞いてみたところ、


急に、おばさまの顔が曇り、「それがね・・・」と。






どうやら、往復4時間もかけて行ったのに、


吊り橋から山を眺めるくらいしか見どころがなく、


しかも、途中で雨が降り、山の中でずぶ濡れとなり、


寒くて寒くて、見学どころじゃなかったようだ。









野生の植物に詳しかったり、


山も登山までして、頂上からの眺めまで見れば、また違うのだろうが、


観光の範囲では、なかなか面白さは感じられなかったようだ。







「世界遺産」にご用心。





















■今日のカメ

■マングローブツアーへ
f0232060_1132126.jpgホテルから車で約45分。
町はずれの森へ向かいます。

ちなみに、マングローブツアーには「片道2時間」と、「片道45分」の2種類があり、2時間かけて行く方は、マングローブの森に生息している野生のテングザルが見れ、片道45分の方は、サルなど野生の動物はいない代わりに、ホタルが見れます。



■何もない町はずれに到着
f0232060_11373150.jpg空き地のような場所に到着。










■民家が1軒だけ
f0232060_11395845.jpg空き地には、この民家しかなく、ガイドさんは、私たちを連れて、ずかずかこの民家の裏へ入っていきます。








■民家の裏、さらに奥へ
f0232060_11425066.jpg民家の裏にある、森の中へ入っていきます。









■雲行き怪しく
f0232060_1144880.jpg天気悪く、今にも降り出しそうな感じでした。









■さらに奥へ
f0232060_11452280.jpg森の中へ入っていきます。









■ボート乗り場到着
f0232060_11464084.jpgしばらく進むと、ボート乗り場が見えてきました。

ここからはボートに乗って、マングローブの森を進みます。






■乗り場の様子
f0232060_11485041.jpgボート乗り場と言っても、観光地にあるような整備された乗り場ではなく、床の木の板がところどころ腐っていたり、単にボートがつないであるだけのような場所。







■これに乗ります。
f0232060_11513564.jpg小型のボートに乗り込みます。









■いざ、出発!
f0232060_11552572.jpg振り返ると、ボート乗り場がどんどん小さくなっていきます。








■マングローブの森
f0232060_11593651.jpgボートで森の中を進んでいきます。

虫や鳥の声は聞こえますが、見える範囲にはいません。
ひたすら森が続きます。





■マングローブ
f0232060_126975.jpg「マングローブ」は、単体の木の名前ではなく、森林全体をさす言葉で、いろんな種類の木がマングローブを作ります。

ちなみに、マングローブの写真でよく見られる、この根っこ、「呼吸根」というらしく、マングローブでは土が泥質になり、酸素が不足しがちになるため、根が地表に出てくるそうです。



■オージーの老夫婦
f0232060_12111224.jpg前に座っているのは、オーストラリアからやってきたという老夫婦。
このツアーで一緒になり、仲良くなりました。

とてもお茶目なおじさんと、やさしいおばさんと、楽しくおしゃべりさせてもらいました。





■開けた場所に出ました。
f0232060_12142214.jpgボートに乗って、約15分。

森が開け、川幅の広い場所に出ました。







■漁師の小屋
f0232060_1217170.jpgこのあたりでは、地元の漁師さんがマングローブの森を使って養殖をしているそうです。








■養殖場
f0232060_12192183.jpgボートを寄せて、養殖場を見せてもらいました。









■貝の養殖
f0232060_12203650.jpgこんな感じで養殖されています。

町で小さな貝を買ってきて、ここで3カ月くらい育て、また町に売る、らしいです。
1kg300円くらいにしかならないそうです。





■祭りの船
f0232060_12223893.jpgお祭り用に装飾がされた船がありました。









■雨が降り始めました
f0232060_12244855.jpg夕陽がさしていますが、雲が厚く、雨が降り始めました。

雨にも負けず、それでも、濡れながら、まだまだボートは進みます。
by meshi-quest | 2010-09-20 12:32 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ