西荻窪「焼き小籠包 吉祥生煎」へ行く。




JR西荻窪駅南口を出て、すぐのところに、小さな飲み屋街がある。






小さな居酒屋や焼き鳥屋、スナックがひしめき合って、


連日お祭りのように賑わっている、眠らない飲み屋街だ。






新宿の「思い出横丁」や渋谷の「のんべい横丁」を小さくした感じ、


と、思っていただけると、だいたい合っている。








そんなディープな場所に約2年くらい、ほぼ毎晩のように出向いては、


一人で飲み歩いていた時があった。







私のことを知っている人には有名だが、バーボンが好きで、


ハーパーとか、ヘブンヒルとか、ロックでよく飲んでたっけ。





そして、毎晩、白夜だったっけ。


店に入って、出たら、朝なので。






なんでそんなに飲んでいたのかは、本人にも分からないが、


まぁ、その時は、若気のいたりで、無茶したくて、


なんか真っすぐ家に帰りたくなかったのだよ、きっと(笑)。








さて、「そんな時もあったなぁ・・・」と、昔を懐かしみながら、


昼間散歩している時、飲み屋街の端に焼き小籠包店ができていたので、


入ってみることにした。






若い中国人のお兄ちゃん2人で一生懸命やっているのだが、


非常に手際が悪く(苦笑)、珍しく「出るのが遅い」中華だった。





小籠包の餡などは、上海で実際食べたモノに近く、


なかなか美味しくできていたのだが、


皮がイマイチで、焼き方もイマイチだった。 残念。






西荻飲み屋街は、味勝負か、マスターの人柄勝負で、


常連客を捕まえないと、すぐに廃れてしまうので、


頑張ってもらいたいところだが・・・。
















■今日のカメ

■「吉祥生煎」
f0232060_20365756.jpgJR西荻窪駅から徒歩30秒。

南口の飲み屋街の端にあります。










■店内の様子
f0232060_20425656.jpgカウンターがたった4席、外にテーブル1席のみの小さなお店です。








■坦々麺定食
f0232060_20441244.jpg焼き小籠包がメインですが、その他、春巻、麺類、炒飯、炒め物など割と種類があります。

坦々麺は普通・・・かな。






■上海焼きそば定食
f0232060_20462712.jpg醤油味の焼きそばに、たまごスープ、ザーサイ、杏仁豆腐が付いてきます。880円。

プラス100円で定食に焼き小籠包が付けられます。






■小籠包
f0232060_2048263.jpg手作りの小籠包です。









■小籠包の仕込み中
f0232060_2050126.jpgスタッフのお兄さんが、目の前で仕込みをしていました。








■焼き小籠包
f0232060_20491692.jpg餡は、肉に味がしっかり付いており、なかなか美味しかったのですが、皮に粉っぽさがあり、また、小さなフライパンで焼いているので、焼きもイマイチでした。

キッチンも狭く、席数もないので、完全にテイクアウトメインの焼き小籠包店にして、鉄板などを用意し、代わりにその他のメニューを減らして、もっと回転良くすればいいのになぁ・・・。
by meshi-quest | 2010-09-27 20:58 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ