六本木「志る角 しるかく」へ行く。



ご招待いただき、六本木にある


創業35年の老舗料亭「志る角」へ。









六本木の路地裏。


派手でにぎやかなビルが立ち並ぶ中、


ここだけ時間が止まっているかのような、


まるで京都に来たかのような、日本家屋がある。










老舗料亭ということもあり、見た目はとても敷居高そうだが、


中は若い人もたくさんいて、食べやすい、美味しい和食の1品料理が並ぶ。










ここの名物料理は、おにぎりとお味噌汁。


お味噌汁は、10種の具の中から好きなモノを選ぶことが出来る。










六本木にもこんな美味しい和食屋があるんだなあ・・・。
















■今日のカメ

■「志る角」外観
f0232060_029404.jpg京都に来たかのような、古くて懐かしい外観。

六本木駅から六本木西公園へ向かう途中の路地裏にあります。










■看板
f0232060_033813.jpgしゃもじ?おちょうし?の大きな看板が目印。










■入口
f0232060_0335973.jpg暖簾に「汁」の大きな文字が。

ここに来たら、絶対最後にお味噌汁を。








■店内の様子
f0232060_035288.jpgコの字型の木のカウンターとテーブル席。2階はお座敷と個室・・・だと思います。









■なんと、畳
f0232060_0364678.jpgカウンターの中、つまり、店員さんが移動するところは畳の小上がりのようになっています。ここを着物に足袋を履いた店員さんが移動します。

カウンターから番台を眺めている感じ。






■お味噌汁の具
f0232060_0381892.jpg店内の壁に、お味噌汁の具が書かれています。










■お通し
f0232060_0402787.jpgお通しは、貝ともやしとセリのおひたし。チェイサーで烏龍茶。









■日本酒
f0232060_0421039.jpg和食なので、ちょっと冷酒を。これは、「鬼ころし」。









■さつまあげ
f0232060_0431793.jpgそのままでも十分美味しい、味のしっかりとしたさつまあげ。600円だったかな。









■肉豆腐
f0232060_0441367.jpg味が染みた大きなお豆腐と、濃厚な牛肉の肉豆腐。美味しい!800円くらいだったかな。









■そら豆
f0232060_0451529.jpg甘くて美味しい茹でそら豆。










■きんめの煮付け
f0232060_046541.jpgこれまた味がしっかり染みたきんめの煮付け。濃いめの味付けでお酒に合う。









■茶わん蒸し
f0232060_047025.jpg鯛の切り身やエビの入った、具だくさんの茶わん蒸し。やさしい味。うまい!









■豚の角煮
f0232060_0475679.jpg柔らかく煮込まれた、豚の角煮。白いものは、とろろ。









■味噌汁
f0232060_0485775.jpgお味噌汁の具は、壁に書かれた10種の中から好きなモノを1品だけでも、数品組み合わせることも出来ます。

これは、「生海苔」と「たまご」のトッピング。
赤だしが濃すぎず、とても美味しく出来ていて、久しぶりに「美味しい!」と思える味噌汁に出会いました。



■〆のデザート
f0232060_0511515.jpgお会計の際に、サービスで出してくれるほうじ茶と塩冷ぜんざい。これが、どちらも絶品で、驚く。

ほうじ茶は、ほうじの香りの後に花のような香りが来る、とても美味しい茶葉で、聞くと女将さんのこだわりの茶葉だそう。

塩ぜんざいも、絶妙な塩加減で、とても美味しく出来ていた。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ