恵比寿「福笑 ふくわらい」へ行く。



久しぶりに、恵比寿にある和食屋「福笑 ふくわらい」へ。











マンションの入口で部屋番号を告げ、解錠してもらって5階へ行くと、


そこは「福笑」ワールド。











部屋には木々が生い茂り、和総菜のいい香りと、


スタッフの元気な声が飛び交う。


外観の無機質さから想像できない。











「福笑」に来ると、必ず食べている「極太アスパラガス」。


今日も健在。


こんなにやわらかくて、甘くて、美味しいアスパラが食べれるなんて、幸せ。














■「福笑」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/10113.html
















■今日のカメ

■入口
f0232060_08167.jpgJR恵比寿駅から徒歩3分ほど。

駅近のマンション。ここが福笑があるマンションの入口。







■呼びだし
f0232060_09616.jpgここで、「501」号を呼びだして、スタッフに解錠してもらいます。









■店内の様子
f0232060_095923.jpg店内には木々がいっぱい。
外の無機質な感じから想像できない、温かな空間。









■カウンター
f0232060_0112716.jpgテーブル、小上がりが満席だったので、カウンターで。

スタッフが面白く、イイ人が多いので、実はカウンターが楽しい。






■お通し
f0232060_0123535.jpg左から、さといも、穴子の煮付け、玉子焼き。やさしい味付けで、お通しからして美味しい!









■極太アスパラガス
f0232060_0143060.jpg早い者勝ち、「福笑」自慢の「極太アスパラガス」。味噌とマヨネーズで。

こんなに太いのに、ほとんど茹でてなく、生。
でも、全くスジなく、やわらかく、ホント美味しい!





■自家製豆腐
f0232060_0171346.jpg甘味あり、大豆の香りがしっかりとする、美味しい自家製豆腐。









■〆鯖
f0232060_0182527.jpg脂が乗っていて、いい感じに〆られている鯖。最高。









■手作り
f0232060_019322.jpgカウンターから調理の様子が楽しめます。

これは、山芋の磯辺揚げを作っているところ。








■山芋の磯辺揚げ
f0232060_0202694.jpg山芋たっぷり、フワフワの磯辺揚げ。










■磯辺アップ
f0232060_0212393.jpgつきたて、アツアツのお餅のよう。










■大きなアワビ
f0232060_0221452.jpgカウンターの大皿にあった、大きなアワビ。

お店のおススメと言うことで、1ついただくことにしました。







■アワビ
f0232060_0231115.jpg見た目はすごく美味しそうだったのですが、煮過ぎていて、ちょっとえぐみが出てしまってる感じ。あと、見た目ほどやわらかくなかった。

ちと残念。






■肉じゃが
f0232060_0245830.jpgやさしい味で煮られている美味しい肉じゃが。ホッとする味。









■きんき一夜干し
f0232060_0255268.jpgお店自慢の干物の王様「きんき一夜干し」。

香り良く、味も濃く、脂もすごく乗っている。まさにKing。
4500円くらいしますが、一食の価値ある、とても美味しい干物。





■穴子白焼き
f0232060_02801.jpgうーん、ちょっと臭みがあるかな・・・。










■宮崎地鶏炭火焼
f0232060_0293170.jpg地鶏の歯ごたえと、炭火の香りを楽しめる一品。

ただ、ちょっと塩味が強く、地鶏本来の味が薄れてたかな。素材はとても良かったんだけど。







■寿司握り
f0232060_0311096.jpgスタッフの方に寿司職人さんがいるということで、メニューにはないのですが、握ってもらいました。









■車えび
f0232060_032853.jpg甘くてプリプリの車えびの握り。










■〆さば
f0232060_0331583.jpg刺身でもいただいた、濃厚な〆さばの握り。










■金目
f0232060_033531.jpgこれまた脂が乗っている金目鯛あぶりの握り。










■桃
f0232060_0345832.jpg口直しに、とお店からのサービスで桃をいただきました。さっぱりしていて、美味しい。









■お茶と干菓子
f0232060_0355955.jpg食後の一口干菓子とお茶。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ