東中野「包 パオ キャラヴァンサライ」へ行く。



東中野にある西アジア料理「包 パオ キャラヴァンサライ」へ。











駅の近くにある異国情緒あふれる一軒家の中に、


西アジア料理、遊牧民雑貨や絨毯のお店、ギャラリー、バーが入っている。


雰囲気良く、居心地良く、料理も美味しいので、なにかとよく来ている。












ここに来ると、ほぼ必ずマッコリを飲み始め、


気付くと、空のポットの山が出来ている。











この日もマッコリ片手に、羊料理を堪能。


遊牧民気分。













■「包 パオ」
http://paoco.jp/index.shtml
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_173348.jpg1階が「パオ キャラヴァンサライ」という西アジア料理店。靴を脱いで、絨毯に上がって座ります。

奥には、靴を脱がなくても入れる屋台風のカウンタースペースもあります。







■マッコリ
f0232060_1745964.jpgかわいいポットに入って出てくるマッコリ。

「パオ」のマッコリは、すごく飲みやすくて、止まらなくなります(苦笑)。
味もいいんですが、このポットと、ちょうどいい大きさの猪口もまた飲みが進む原因かも。






■ポテトのオムレツ
f0232060_177815.jpgじゃがいもがたっぷり入ったスペイン風のオムレツ。









■アボガドのサラダ
f0232060_1774742.jpgアボガドと、ブルーチーズと、鶏肉が入ったサラダ。チーズの香りが酒の肴にピッタリ。









■焼きチーズ
f0232060_1784286.jpg「パオ」に来ると、必ず頼む焼きチーズ。絶品。

噛むと、口の中でキュッキュと音が鳴ります。








■焼きトマト
f0232060_1795959.jpgトマトって、そのままでも美味しいですが、焼くと倍美味しくなりますよね。









■カバブとコフタ
f0232060_171045100.jpg羊肉の炭火串焼(カバブ)と、羊の肉団子を焼いたもの(コフタ)。

店頭に炭火があり、そこで焼いて、焼き立てを持ってきてくれます。







■ナスとひき肉のカラヒィ
f0232060_17131091.jpgこれも来ると、必ず頼む1品。

ナスと、羊のひき肉が入ったトマトシチューのようなもの。すごく美味しい。辛くはありません。







■ナン
f0232060_17143327.jpgカラヒィに付けて食べるナン。

「パオ」のナンは、よくあるインドカレー屋さんのナンとは違って、かなり固めでしっかりとした生地です。噛むと、しっかり味がして、これもすごく美味しい。注文してから焼いてくれます。






■チャイシャーベット
f0232060_1716103.jpg口直しにピッタリの、シナモンがきいているチャイシャーベット。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ