根津「串揚げ はん亭」へ行く。



ご招待いただき、根津にある老舗の串揚げ店「はん亭」へ。











明治時代に建てられ、文化庁の有形文化財にもなっているお店は、


映画のセットのようでもあり、なんだか違う時代にタイムスリップしたかのよう。












それでいて、妙に落ち着くのは、長い年月を通じて、


人々が行き来してきた様子を、この建物がしっかり刻んでいるからだろうか。












さて、串揚げ。


「一の膳」と呼ばれる串揚げ6本とお通しが付いた基本コースから始まり、


お腹の具合に合わせて、「二の膳」「三の膳」・・・と最後は「六の膳」まで


串揚げの盛り合わせを注文していくシステム。


もちろん、「一の膳」以降は、単品注文も可能。













串揚げは、とても軽くできていて、どんどん食べれてしまう。


1本1本、すごく丁寧に作られていて、どれも美味しかった。












なんとなく、「膳」を重ねていくほどに、


「待ってました!!」的なマニアックな串が出ていた気がするので(笑)、


「一の膳」以降も、せっかくなので食べ進めることをお薦めする。













結局、「五の膳」までいただいた。


ご馳走様でした!














■「串揚げ はん亭」
http://www.hantei.co.jp/nedu.html

















■今日のカメ

■「はん亭」
f0232060_18412151.jpg千代田線根津駅から徒歩3分ほど。

3階建ての日本家屋です。











■蔵がある!
f0232060_18425173.jpg左側の白い扉、これ、「蔵」です。

店内に蔵がある不思議な作り。








■店内の様子
f0232060_18435935.jpg2階のお座敷です。










■梅酒
f0232060_1845777.jpg焼酎か日本酒・・・とも思ったんですが、飲み過ぎ注意報なので、かわいく梅酒ロックで(笑)。









■生野菜
f0232060_18465077.jpg1人に1つ来る生野菜。
お代わり自由で、はん亭特製の濃厚味噌に付けていただきます。








■お通し
f0232060_18475414.jpg鴨のロース。










■【一の膳】 まず3種
f0232060_18485541.jpg基本コースの「一の膳」には6種の串揚げがついています。

串は冷めない様に、3種づつやってきます。
最初の3種は、手前左から、海老、栗、豚肉(?)です。






■【一の膳】 残りの3種
f0232060_1851371.jpg左から、わかざぎ、れんこん・・・あ、忘れたw。










■お通し
f0232060_18544671.jpgホタテと野菜をさっと和えた、さっぱりとしたお通し。









■【二の膳】 3種
f0232060_18561870.jpg二の膳以降は3種盛りになります。

左から、穴子、生麩、沢ガニです。








■【三の膳】 3種
f0232060_18575710.jpg左から・・・忘れて(苦笑)、真ん中がブロッコリー、右がイカです。

イカの上のオレンジは、ウニのソースがかかっています。






■お通し
f0232060_18591930.jpg柿とカブのさっぱりしたおしんこ。

ちょうどいいタイミングで、ちょうど欲しかったようなさっぱりお通しがくる(笑)。







■【四の膳】 3種
f0232060_1903330.jpg四の膳まできました。

左から、セロリと鶏肉、そばがき、・・・忘れた(苦笑)。

串揚げは、後から写真見返しても、衣によって思い出せないのが難点だ(笑)。メモれば良かった・・・。



■【五の膳】 3種
f0232060_193814.jpg左を忘れて、真ん中が茄子の肉詰め、右がさつまいもです。

一の膳の栗も、このさつまいもも、一旦つぶして、味付けしたモノを揚げていて、とても美味しいです。





■デザート
f0232060_1945270.jpgデザートは、アイスかシャーベットから選べます。

これは、アールグレイのアイス。
この超和風な感じからは想像つかないほど、香りがしっかりでている美味しいアールグレイアイスでした。
by meshi-quest | 2011-12-18 19:08 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ