麻布「オスマントルコ宮廷料理 ブルガズアダ」へ行く。



久しぶりに、麻布十番にある


オスマントルコ宮廷料理「ブルガズアダ」へ。









いつものように、気さくなシェフと、笑顔の素敵なマダムが迎えてくださり、


そこまで久しぶりな気がしていなかったが、これが今年初訪問だった。











3.11の大震災以降、


知り合いのお店でたたんでしまったとこも多く、心配だったが、


お店はすごく混んでいて、賑わっていて、安心した。












久しぶりのブルガズアダのトルコ料理は、


シェフ曰く、新しい料理方法にも日々チャレンジしている、とのことで、


以前にも増して、パワフルで、進化していて、すごく美味しかった。









ご馳走様でした。


またぜひ伺います!













■オスマントルコ宮廷料理 ブルガズアダ
http://www.burgazada.jp/
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_21132639.jpgカーテンで仕切られた半個室からの眺め。

トルコっぽい、エキゾチックな店内。








■テーブル
f0232060_21143174.jpgランプの灯りがきれいに映えているテーブル。










■おしぼり
f0232060_2115754.jpgトルコのかわいらしい器に乗ったおしぼり。










■サワーチェリージュース
f0232060_21155384.jpg少し酸味があり、甘さ控えめのサワーチェリージュース。

トルコ料理にも合います。ノンアルコールです。







■「DARK」
f0232060_2117460.jpg「DARK」という珍しいトルコの黒ビール。

ベルギービールのような、フルーティーで華やかな味がするそうです。







■アミューズ
f0232060_21181297.jpgズッキーニのディル風味クリーム煮です。










■ズッキーニ、アップ
f0232060_21185541.jpgすごくシンプルなアミューズですが、ビックリするくらい美味しい。

これだけでもいいから、もっと食べたい感じw。







■1品目
f0232060_21202165.jpgブルガスアダ特製のトルコ料理前菜盛り合わせ。

見た目にも美しく、いろんな味が楽しめる贅沢な盛り合わせ。







■前菜アップ ①
f0232060_21213527.jpgまだメニューに出していないというシェフ手作りの「トルコソーセージ」(手前、パンに乗っているもの)。

スパイスのきかせ方が絶妙で、香りよく、ホント美味しい。
トルコでは、このソーセージと卵を朝食で食べるそうです。




■前菜アップ ②
f0232060_21235411.jpgトルコ風カナッペ。
ひよこ豆のペースト、茄子のペースト、など。

前菜1つ1つは小さいですが、すごく手間暇かかっています。






■前菜アップ ③
f0232060_21251637.jpgこの真ん中のボールは、一見地味ですが(笑)、タコをミンチ状にし、赤ワインで煮込んで、オーブンで焼いて・・・と、すごく手間暇かかっています。

そして、美味しい。






■前菜アップ ④
f0232060_21264690.jpgキッシュの元になったと言われているトルコ風キッシュ。16世紀のレシピで作っているそうです。









■自家製パン
f0232060_21275222.jpg焼き立てを出してくれます。

手前は、スパイスをきかせたクリームソースで、パンにつけていただきます。







■2品目
f0232060_21285683.jpgアーモンドのスープです。

20時間以上煮込んで作ったブイヨンに、アーモンドのペーストを合わせて作ったそうで、すごくまろやか。






■3品目
f0232060_2130731.jpgコースの魚メニューではないのですが、特別にシェフが作ってくれたカジキマグロのグリルです。









■カジキ、アップ
f0232060_21311483.jpgカジキは火の通し方が難しく、すぐ硬くなったり、パサついたりしてしまいますが、このカジキはビックリするくらいふっくらしていて、ジューシーで、やわらかくできていました。







■4品目
f0232060_21323357.jpgアボカドとオリーブとチーズのサラダです。

周りの赤いものは、ザクロの実と、ザクロのソース。







■サラダ、アップ
f0232060_21335395.jpgオリーブがアクセントになっていて、アボカドの濃厚さと合っていました。

周りには、アシッド3%という最高級オリーブオイルをかけていてるとのこと。アシッド(酸)が3%以下のオリーブオイルは作れないらしく、そのギリギリ。





■5品目
f0232060_21422119.jpg仔羊を使ったメインディッシュ2種登場。

赤いものは、ビーツ。








■仔羊、アップ
f0232060_21432252.jpg手前はトルコスパイスで焼いた骨付きの仔羊、奥は仔羊と栗を合わせた肉料理。

トルコでも焼き栗があって、栗はよく食べられるそうです。






■6品目
f0232060_21444786.jpg肉料理の後に、まさかのウニ登場(笑)。










■ウニ、アップ
f0232060_21453539.jpgウニとオリーブオイル。
グラニテ(口直し)代わりに、ウニの甘さを味わうものだそうです。

ウニは、トルコで「海の栗」と呼ばれているらしいです。





■デザート
f0232060_21471348.jpgトルコ風自家製デザートの5種盛り。










■デザート、アップ
f0232060_214839.jpgティラミスの元になったと言われている、トルコ14世紀のレシピのデザートだそうです。

モチモチしていて、見た目はティラミスですが、桜餅に近い感じ。






■チャイ
f0232060_21492387.jpg食後のチャイ。

日本で言う、いわゆるミルクティーのチャイではなく、トルコでは紅茶を「チャイ」と言います。







■シェフ
f0232060_21513099.jpg料理の味を気にして、いつも顔を出しにきてくださるシェフ、メフィット・ディキメンさん。

今日も美味しかったです。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ