浅草合羽橋 食品サンプルを作りに行く。



メシクエですが、今日は、「食べれない」話(笑)。










食品サンプル。


そう、お店のショーケースを演出している、あの料理の模型の話。











まずは、ちょっと子供の頃の話からしたいと思う。











ママが料理の先生をしていたこともあってか、昔から料理に興味があり、


子供の頃は、それこそ、おままごとごっこばかりやっていた。












周りの女の子が、お年玉や誕生日のプレゼントを


リカちゃんやバービー、その他いろんなおもちゃに分散投資していた中、


私はすべてをおままごとセットに一点投資していたので、


かなりの数の料理のおもちゃや台所をセットを持っていた。











中でも宝物があって、それはコロッケの食品サンプルだった。


子供ながらに、


おもちゃの料理と、食品サンプルの料理のクオリティーの差には気付いていて、


レストランに行く度に、ショーケースを穴があくほど見ていた。











ある時、近所のよく行くレストランのおじさんが、


毎回飽きずに熱心に食品サンプルを見ている私にコロッケをくれた。


お店ではもうコロッケを出さなくなったので、


コロッケの食品サンプルが必要なくなったかららしいが、


それはもう嬉しくって、仕方がなかった。












それからというもの、どこに行くにも、


お出かけカバンの中にコロッケが入っている不思議な子供になった。


何かあれば、コロッケを出して、みんなに見せていた(笑)。












大きくなって、食品サンプルは日本の技術がトップクラスであること、


中でも、岐阜県が生産日本一であること、


都内でも浅草合羽橋に行けば、個人でも購入が可能なこと、


全部手作りのため、意外と高いこと(苦笑)、


そして、なんと食品サンプルを作る体験会があることを知った。












かなり前から行きたかったのだが、諸事情で参加できず、


やっと念願叶い、食品サンプルを作ってきた。












こりゃ、ヤバい・・・。











楽しすぎる!!


想像以上だった。


私の作ったエビ天ぷらを、下記でぜひご覧いただきたい。














■元祖食品サンプル屋
http://www.ganso-sample.com/

下記が食品サンプル制作体験会のお知らせ。
http://www.ganso-sample.com/shop/kappabashi/experience.html

電話で予約(土日は人気あり、混んでる模様)。
1回1500円で、大人も子供も参加可。
天ぷら各種、レタスの中から2つ作れて、持ち帰れます。
















■今日のカメ

■元祖食品サンプル屋
f0232060_1735726.jpg東京メトロ田原町駅から徒歩10分ほど。合羽橋商店街の中にあります。

食品サンプルの父・岩崎瀧三さんが創業されたいわさきグループの合羽橋ショールーム店です。






■2階へ
f0232060_17958.jpg1階は食品サンプルの販売、2階が制作体験会専用のスペースになっています。

料理教室のような器具と、工作のような器具が入り混じる、楽しい空間。すでにワクワク。






■エプロンが配られます。
f0232060_17104627.jpg洋服が汚れない様にエプロンが配られます。

今回の参加者は8名で、大人が5人、子供が3人。








■かっぱエプロン
f0232060_17121278.jpgかっぱのマーク入り。










■いよいよ、制作体験会スタート!
f0232060_17134183.jpg先生から器具の説明、サンプルの作り方、注意事項を聞きながら、制作体験会スタート。









■食品サンプルの素
f0232060_1715271.jpg昔のサンプルは、すべてロウで作られていましたが、ショーウィンドウの熱で変形してしまうことから、最近はすべてビニル樹脂だそうです。今回の体験では、昔ながらの手法で、ロウを使って体験します。

手前の黄色は天ぷらの衣、奥の白と緑はレタスの素材。



■まずは、天ぷらの作り方。
f0232060_1717410.jpg黄色のロウをおたまで紙コップに入れます。

ロウは少し熱くなっています。








■お湯の上に垂らす。
f0232060_1718382.jpg銀色のケースにはお湯が入っています。手をあげて、頭の上の高い位置からお湯の上に黄色い液体を垂らしていきます。

そのお湯の上にはねた黄色のロウが、天ぷらのあの「衣」になります。





■衣っぽくなってきた。
f0232060_17203261.jpg垂らした液体は、お湯の上でこんな感じになっています。

油の上に乗っている天かすのようw。







■エビを乗せます。
f0232060_17213542.jpg衣の上に、エビを乗せます。










■エビ天、完成!
f0232060_1722345.jpg先ほどのエビを乗せた衣をひっくり返すと、こんな感じ。

スゲー、本物のエビ天だ!!







■天かすは網で取る(笑)
f0232060_17245070.jpg実際は、お湯に浮いているロウのかすなんですが、本当に天ぷら同様、天かすは網ですくって取りますw。








■次に、レタス作り。
f0232060_17261091.jpgおたまに白い液体を取り、お湯の上に薄く浮かべます。









■緑の液体も流します。
f0232060_17271674.jpg白い液体に少しかぶるように、緑の液体を流していきます。









■レタス途中
f0232060_17285578.jpgうっすらとレタスっぽさが出てきました。










■シワを作ります。
f0232060_1730783.jpgさっきのレタス途中を、お湯の中に引きづり込んで一気に引っ張ると、伸びて、こんな感じにシワが付きます。








■レタス、微調整
f0232060_17313814.jpgレタスのシワを微調整しながら、これを球体に丸めていきます。









■レタス、完成!
f0232060_1732307.jpgアッという間に、レタスの完成。










■冷やします。
f0232060_17393229.jpgさっきのエビ天もそうですが、お湯の時点では整形できるようにやわらかい状態になっているので、形が決まったら、お水に入れて、固めます。








■切ります。
f0232060_1733794.jpgそのままだと、面白みがないので、まな板と、本物の包丁を使って、レタスを切ってみます。









■こんな感じ。
f0232060_1734581.jpg芯の方が白くて、本物のレタスのようになっています。









■先生の作品
f0232060_17345439.jpgお皿に盛りつけられた先生の作品。本物そっくり!










■ここから選べます。
f0232060_17354795.jpg制作体験会では、っこれらの天ぷら素材とレタスの中から、2つ制作ができます。

一番人気は、やはりエビ天。
逆に人気なかったのはレンコンw。






■コレにした。
f0232060_17374299.jpgエビ天とかぼちゃ天を作ることにしました。










■完成
f0232060_17412151.jpgいい感じの天ぷらができました!

お持ち帰りパックに入れてくれるのですが、これに入ると、より一層天ぷらっぽくなるw。







■「Don't eat!!」
f0232060_17425948.jpgあまりにソックリなので、誤食の事故が起きないように、パックにはこんな張り紙が。









■色んな食品サンプル①
f0232060_17443579.jpgコレ、実は、スウィーツで戦国風にアレンジされたヘルメットです。

正面のドーナッツとバナナがいい感じw。







■色んな食品サンプル②
f0232060_17464287.jpgバタートースト風のスイッチカバー。

お家のスイッチ押すのが、楽しくなりそう。
欲しかったんですが、うちのスイッチのサイズと合わずに、無念。






■色んな食品サンプル③
f0232060_17482771.jpg名刺入れのケースの上に、寿司やお好み焼きの食品サンプルが付いています。

打ち合わせ中、お腹空きそうw。







■買ってきたモノ
f0232060_17494392.jpgコレ、あまりに面白くて買っちゃいました。

ロースハムのブックマークw。630円也。








■挟んでみたw
f0232060_17503591.jpgあー、期待通りの違和感が出てるw
by meshi-quest | 2012-01-15 17:59 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ