マカオへ行く。⑰ ~ポルトガル料理を食べる~



マカオで一番よく見かける料理は、中華だ。










ポルトガル統治時代の影響で、ポルトガル料理も多いのかと思ったら、


そんなことはなく、メインは中華で、ポルトガル料理店を探す方が大変。











おそらく、理由は高いから、ではないかと思う。












今回、どうしてもポルトガル料理が食べたくて、


マカオで割と有名らしいポルトガル・マカオ料理店に行ってみたが、


ホテル近くの中華の定食屋で支払ったお金の10倍くらいになった。


そして、正直、味も、町の定食屋の方が上であった。











思えば、客も欧米の観光客ばかりで、


地元の人と思われる人は1人もいなかった。










せっかく大事な食文化ではあるのに、


いまや観光料理化されてしまっているのかもしれない。
















■今日のカメ

■「Solmar ソルマー」
f0232060_1533334.jpg町の中心から徒歩5分くらいのところにある、ポルトガル・マカオ料理専門店。









■店内の様子
f0232060_15341252.jpgポルトガルワインが並べられ、少し高級感のある内装ですが、客はほとんどいませんでした。









■テーブル
f0232060_15353959.jpg久しぶりに、ナイフとフォーク登場。食器は洗わなくて良いから、安心(笑)









■パン
f0232060_15374545.jpgそう言えば、パンを見かけるのも、食べるのも久しぶりかも。









■笑えるメニュー(爆)
f0232060_1538523.jpg海外にありがちな、間違った日本語訳のメニュー。

「カレーな羊はつかまります(ライス付)」って、何だよ(爆)。







■ジャガイモとケールのスープ
f0232060_1540531.jpgじゃがいも、ケール、ベーコンが入った緑色のスープ。

クセは無く、飲みやすい。







■バカリャウのコロッケ
f0232060_1543358.jpg「バカリャウ」とは、塩タラの干物のこと。

コクがなく、味の薄いイモコロッケと言う感じ。左はソース。







■「ポルトガルチキン」
f0232060_1544463.jpgお店の看板メニューの1つ、「ポルトガルチキン」。

ココナッツ風味のカレーの中に大きい骨付きチキンとじゃがいもがたっぷり入っている。

味は・・・うーん、このカレー風味、例のB級おでん屋でも食べたのだが、あまり好きではなく、まずいというほどではないが、微妙かな。



■マカオ風炒飯
f0232060_15481888.jpg中華風炒飯と、インドネシアのナシゴレンの中間のような感じ。軽くスパイシーなシーフード炒飯。
by meshi-quest | 2012-02-04 15:50 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ