マカオへ行く。⑱ ~香港麺を食べる~



今回のマカオ・香港の旅で、絶対食べようと思っていた「香港麺」。


空港に着いて真っ先に堪能したが


やっぱり地元の麺専門店でも食べてみたい。










マカオの町の中心部から1本路地裏に入ったところに、


「福隆新街」というローカルフードが集まる通りがある。


その中でも、看板に「麺」を掲げ、「麺」をウリにしていた


「祥記麺家」という地元の麺屋に入った。










海老ワンタンと豚肉ワンタンの入った


ハーフ&ハーフ的な香港麺を食べる。











空港のファストフード店でも十分美味しかったが、


麺を専門にしているだけあって、茹で加減、スープ、ワンタン、


どれをとっても美味しかった。










日本にも香港麺の店、増えないかなあ・・・。


この麺、好きだわ、私。














■今日のカメ

■「祥記麺家」
f0232060_1134788.jpgマカオ中心部のセナド広場から約5分ほど。「福隆新街」という通り沿いにあります。

割と遅くまでやっています。
この日も入ったのが、23時過ぎくらいだったので。






■店内の様子
f0232060_116725.jpg地元の人が来るようなローカルな麺屋さん。

英語メニューがあり、スタッフの1人だけ英語が少し話せる程度。日本語はNG。







■調理場
f0232060_1173426.jpg入口のすぐ側に調理場があり、外からも麺を作っている様子が見えます。










■海老&豚肉ワンタン麺
f0232060_119164.jpg実は、このハーフ&ハーフ、メニューにはなかったのですが、英語でどっちも食べたいと伝えたら、3元割増だけどできる的なことを言っていたので、作ってもらいました。20元(200円)くらいかな。

ああ、美味しい・・・。
東京で香港麺を食べたい方は、三宿の「香港麺 新記」がおススメ。割と、本場の味に近いです。
by meshi-quest | 2012-02-10 01:23 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ