マカオへ行く。⑲ ~今旅、一番美味しかったもの~



先に結論から言ってしまうと、


今回のマカオ・香港の旅で食べた全料理の中で、一番美味しかったものは、


ここマカオの「三元粥品専家」という老舗粥店で食べたお粥である。











ところが、実は、私はお粥が大嫌いである。












どれくらい嫌いか?というと、


都内でかなり有名な中華粥店に連れて行ってもらったときも、


少ない量なのに、それすら手がつけられず、残してしまった。











肝臓の病気で1ヶ月入院した時、普通食が食べれないために


出してもらったお粥も断固拒否し、結局、点滴で過ごしたくらいである。










何がイヤって、白米がやわらかいのが気持ち悪い。


とはいえ、リゾットや雑炊は大好きで、やっぱり「粥」だけがダメなのだ。











そんな私がなぜ粥屋なんかに入ったのかと言うと、


当初は、ひとえにメシクエの取材のためであった。


自分でも、食への探求心に驚きというか、いい根性してるなと思う(笑)。









地元でも有名な老舗の粥屋であることは知っていたので、


とりあえず入ってみたかった。


まあ、私が食べれなくても、一緒にいた友達が食べてくれるだろう。









で、やっぱり最初は見た感じやっぱりあの「お粥」なので、


食べるつもりもなかったのだが、あまりに隣りの友達が美味そうに食べているので、


一口食べてみたところ、「あれ??・・・すごく美味い。」











正直、毎日、このお粥でもいい。











生まれて初めて、お粥を美味いと感じ、完食した。


5分前に香港麺を食べていなかったら、おそらくお代わりしていただろう。


もしマカオにあと1週間滞在していたら、毎朝と毎夜食に来ていたはずだ。












ためしに帰国後、もう一度都内の有名粥屋に行ってみたが、


やっぱり美味しくなくて、「うげ・・・」となってしまったので、


ここの店の粥が特別に美味しいのだと思う。















■今日のカメ

■「三元粥品専家」
f0232060_1425169.jpgマカオの中心部、セナド広場から約5分ほど。

香港麺の「祥記麺家」と同じ「福隆新街」通り沿いにあります。







■店内の様子
f0232060_1453245.jpg地元でも人気なようで、もう24時近い時間ではありましたが、ほぼ満席。









■なんとか席ゲット。
f0232060_147133.jpgここは英語も通じないので、なんとか身振り手振りで、中で食べたい旨を伝え、一番後ろで1つだけ空いていた席をゲット。








■メニュー
f0232060_148208.jpg具が違うだけで、メニューは基本お粥のみ。

英語メニューはないので、漢字から中身を想像w。
漢字が分かる国の人間で良かった。







■調理場
f0232060_1494939.jpg入口入ってすぐのところに調理場があり、ひっきりなしに客が来るので、お兄さんが必死にお粥を作り続けていました。

テイクアウトも可能。






■「特製金銀丸粥」
f0232060_1512668.jpg「特製」という漢字から、きっと「全部入り」的な、「お店のおススメ」的な感じを受け、「丸」という漢字から「具は肉団子」ではないかと想像。ほぼ当たりw。

肉団子は2種類で、牛肉(金?)と豚肉(銀?)でした。




■混ぜると、卵。
f0232060_1535867.jpgお粥の下に卵が隠されていて、混ぜるとこんな感じになります。

コクがあって、それでいて食べやすい、絶品の中華粥。
日本の粥と違って、米の形状が残っておらず、粥というより、「米ポタージュ」に近い。それがうまい!!



■油条
f0232060_1565748.jpg店内の客ほぼ全員が粥と一緒に頼んでいた油条(中国式揚げパン)。

でも、個人的には、これはいらんかったw。
by meshi-quest | 2012-02-10 02:03 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ