銀座「やきとりと釜めし 鳥ぎん本店」へ行く。



銀座にある、焼き鳥と釜めしの老舗「鳥ぎん本店」へ。











戦後まもなく銀座に創業したという「鳥ぎん」は、


今や各地に支店があるが、昔からの常連さん曰く、


「銀座本店は、別格」なのだそう。











日本昔話に出てきそうな銀色の釜に入った、おすすめの鳥釜めしを食べる。


美味い。


確かに、美味しい。










ご飯の上に、たっぷり鳥そぼろが乗っているのだが、


このそぼろが甘さ控えめで、出汁が染みていて、すごくご飯に合う。


釜の周りに付いたおこげも、ゴリゴリと削ぎながら食べる。











ふと隣りを見ると、70近いご夫婦が、仲良く釜めしを食べている。


昔、この銀座鳥ぎんで、デートでもしたのかな。


なんだか、すごくほほえましい光景だった。












■「やきとりと釜めし 鳥ぎん本店」
http://www.torigin-ginza.co.jp/index.html















■今日のカメ

■「鳥ぎん本店」
f0232060_1273580.jpg東京メトロ銀座駅から徒歩8分ほど。銀座5丁目の路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_1293866.jpg午後4時くらいの中途半端な時間でしたが、ほぼ満席の大盛況。

年齢層は高く、昔から通っている常連のおじいちゃん、おばあちゃんが多い感じ。家族連れもちらほら。





■お茶
f0232060_1313091.jpgお茶と漬物。
お客さんは、焼き鳥をつまみに一杯やっている人が多かったです。








■生野菜
f0232060_1333289.jpg懐かしい感じの生野菜サラダ。中華ドレシングがかかっています。









■焼き鳥 タレ
f0232060_1342473.jpg強火で一気に焼き上げるようで、注文してから割とすぐ出てきます。

昔、子供の頃に肉屋さんで買って食べていた焼き鳥というか、懐かしくてやさしい味がします。美味しいです。





■焼き鳥 塩
f0232060_1355498.jpgこちらは、焼き鳥の塩。

つくねならタレ、手羽なら塩という感じで、タレか塩は店側で決められています。







■もも
f0232060_1372975.jpgもも串。ネギとかではなく、しいたけが挟まれているのを初めてみました。









■釜めし、登場!
f0232060_1382728.jpg釜めしは注文入ってから炊き上げるので、20分ほどかかります。









■鳥釜めし
f0232060_1391851.jpg絶品の鳥釜めし。

私は、甘いそぼろが苦手なのですが、このそぼろは甘くなく、出汁がきいていて、味の濃さもちょうど良く、とても美味しかったです。






■貝柱釜めし
f0232060_1403084.jpgかなり薄味の、淡白な貝柱釜めし。要おしんこ。










■漬物盛り合わせ
f0232060_1411551.jpg味が薄い貝柱釜めし用に頼んだ、漬け盛り。










■赤出汁
f0232060_1415954.jpg汁ものは、この他、鳥スープもありましたが、釜めしにはなんとなく赤出汁。
by meshi-quest | 2012-02-24 01:45 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ