神田「手打ちそば 神田まつや 本店」へ行く。






ご招待いただき、神田にある老舗蕎麦屋「神田まつや 本店」へ。











ここは、蕎麦好きなら知らない人はいないと言われるほどの名店で、


創業明治17年という長い歴史を持つ。












ところで、私は普段あまり蕎麦を食べない。


嫌いなのではない。


むしろ、うどん以上に蕎麦は好きなのだが、


美味いと感じる蕎麦屋が行動範囲にないのだ。












蕎麦は、うどん以上に、美味い不味いがハッキリ分かる。


不味い蕎麦を食べたくないのだ。











・・・と、そんな話をしていたら、


「おすすめの蕎麦屋がありますよ」とご招待いただいたのだが、


さすが、神田の歴史ある蕎麦屋だけあって、とても美味しかった。


久しぶりに「美味しい!」と思える蕎麦を食べた。












閉店30分前のギリギリに入ったのだが、


会社帰りのサラリーマンで満席で、相席させてもらってようやく座れた。


つまみを食べながら、酒を飲み、最後に蕎麦をすする。


粋な、大人の空間。











これだけ美味しければ、そりゃ、混むよなあ。












■「神田まつや」
http://www.kanda-matsuya.jp/
















■今日のカメ

■万世橋
f0232060_0505765.jpgJR秋葉原駅から万世橋を渡り、徒歩7分ほど。

電脳街・秋葉原と、全く趣の異なる神田が隣り合わせなのは、面白い。歩ける距離で、こんなにも雰囲気が違う街が楽しめるのは、東京くらいだよなあ・・・。





■「神田まつや」
f0232060_0534758.jpg2階建の日本家屋。これぞ「蕎麦屋」という感じの雰囲気たっぷりの本店。「蕎麦」の提灯が目印。












■店内の様子
f0232060_0571648.jpg席数は割とありますが、とにかく大人気で、混んでます。年齢層、かなり高め。相席が基本。









■セット
f0232060_059226.jpgとりあえず、お水とお茶で。

お通しは、「神田まつや」自家製の「そば味噌」。








■「そば味噌」アップ
f0232060_114096.jpg着席と共にやってくる、自家製そば味噌。ちびちび舐めながら酒を飲んだり、ご飯に乗せたり。

甘い味噌の中に、香ばしい蕎麦の実が入っているものなのだが、めちゃくちゃ美味しくて、舐め止まらんw。





■板わさ
f0232060_14567.jpg歯ごたえ良く、とても上品な味のかまぼこ。










■天抜き
f0232060_144869.jpg「天抜き」という名前だけど、抜かれているのは天ぷらではなく、蕎麦。天ぷらそばの蕎麦無しバージョン。

メニューには書かれていないが、ふと見ると、周りのおじ様方が当たり前のように「天抜き」を注文。大人の仲間入り。




■天抜き、アップ
f0232060_164773.jpg大きな海老が2本。サクサク。

そして、何より、蕎麦つゆが美味い!醤油や鰹の風味が強く出ているのに、えぐみがなく、繊細。







■胡麻だれ蕎麦
f0232060_182654.jpg「まつやは胡麻だれがおすすめ」と聞き、胡麻だれ蕎麦を。

久しぶりに、すごく美味しい蕎麦をいただきました。これなら、毎日蕎麦でもいい。






■蕎麦湯
f0232060_195561.jpgなんだか蕎麦湯すら美味く感じる。胡麻だれと合う!









■お土産
f0232060_1144828.jpgそば味噌があまりに美味しかったので、お土産に買いました!1パック600円。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ