新宿「匠 達広」へ行く。



新宿にある鮨の名店「匠 達広」へ。


新宿駅から徒歩30秒ほどのところにある、ミシュラン1ツ星店。











さて、話変わって、個人的に鮨が大好きで、


このメシクエでも鮨はよく出てくるジャンルの1つだが、


もっぱら握りばかりで、「ちらし」はほとんど食べていない。


ほとんどどころか、ここ数年でちらしを食べた記憶がない。













これも超個人的な見解で、なんだか「ちらし」だと損をした気になるのだ。


色んな味が混ざり、結果、鮨をガツンと食べた気がしない、というか。


だったら、ガツンと好きなにぎりを食べようぜ!と思ってしまう。











そんな私を「メシクエ初・ちらしになるといいね(笑)」と誘ってくれたのが、


「匠 達広」名物のお昼の「ばらちらし」だった。












結論から言ってしまうと、さすが「達広」の1700円ばらちらしだけあって、


具のバランスが取れていて、非常に美味しかった。


主張し過ぎる具もなく、ちゃんと何が口に入っても、美味しく感じられる。












元も子もないが、美味しいモノは美味しいんだよね。


握りでも、ちらしでも(笑)。











■「匠 達広」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/12758.html














■今日のカメ

■「匠 達広」
f0232060_20124599.jpgJR新宿駅南口から徒歩30秒ほど。駅前飲食ビル「PAX」の6階です。









■店内の様子
f0232060_20143227.jpg大将・西達広さんを囲むような白木のカウンター9席のみ。昼も夜も予約必須。









■香の物
f0232060_2015465.jpgガリと、ごぼうと大根の漬物。さっぱりしていて、食べやすい味。









■ばらちらし
f0232060_2017695.jpgお昼は、このばらちらし1700円のみです。青海苔のお味噌汁が付きます。









■ちらし、アップ
f0232060_201801.jpgなんとも美しいばらちらし。味も非常にバランスが取れていて、美味しかったです。

私もそうですが、「ちらしはちょっと・・・」という方の、ちらし感が変わる一品です。
by meshi-quest | 2012-07-05 22:05 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ