下北沢「広島お好み焼き ぎんちゃん」へ行く。



暑くなってきた。


もう真夏だ。









昼間は暑くてかなわんが、陽が落ちて夕方からは、


夕涼みがてら散歩しながら町を徘徊するには、いい季節になってきた。


食べ歩きには、たまらん季節だ。











ふらふら、下北沢を徘徊。


下北沢でお気に入りのワインバー「下北沢熟成室」の2階窓から外を見ていたら、


目の前のビルの2階に、見知らぬ店が出来ていることに気が付いた。












今年2012年の5月末にオープンしたばかり。


広島出身、下北沢育ち、下北沢在住と言う、


下北沢で広島焼きのお店を出すことを運命づけられたような(笑)大将が、


本場広島のお好み焼きを忠実に再現してくれる。











広島焼のそばも、もやしも、


広島でお好み焼きに使われるために流通しているものを取り寄せ、


本場広島にこだわるお店。とても美味しかった。











ちなみに、東京人からすると、


大阪のいわゆるモダン焼きのそばと、広島焼のそばは見分けがつかないが、


実は、広島焼のそばには、ちゃんと「お好み焼き用」というのが存在するらしい。


驚いた。












キャベツたっぷり、そばたっぷりの広島焼が好きな方は、ぜひ。












■「広島お好み焼き ぎんちゃん」
http://shimokita.keizai.biz/headline/1541/

※「下北沢経済新聞」記事より














■今日のカメ

■「ぎんちゃん」
f0232060_1858467.jpg京王井の頭線「下北沢駅」北口から徒歩7分ほど。

ちなみに、「ぎんちゃん」の名前の由来は、大将の前田さんが「前田吟さん」からいただいた、とのこと。






■店内の様子
f0232060_192982.jpg鉄板を目の前にしたカウンターのみの小さな店内。

5月末にオープンしたばかりと言うことで、きれいです。







■うまキャベツ
f0232060_1935684.jpg特製うまだれとマヨネーズがたっぷりかかったキャベツ。箸が進む。









■山芋のふわふわ焼
f0232060_196328.jpgふわふわの山芋を鉄板で焼いた一品。ホントにふわふわ。









■えびマヨ
f0232060_197821.jpg鉄板で焼いた大エビとブロッコリーを甘めの特製マヨネーズソースで和えた一品。個人的に好きな味。









■いよいよ・・・
f0232060_1983367.jpg大将が広島焼きを焼き始めてくれています。

粗めに刻んだたっぷりのキャベツ。








■そば、登場。
f0232060_1917503.jpgそばは、広島県内にある約170店舗で使われているという「磯野製麺」を取り寄せ。本場広島のお好み焼きを再現。








■そばを固く焼き上げる
f0232060_1995758.jpg「ぎんちゃん」では、大豆から作った軽い油をたっぷり使って、そばを固め焼きします。

雰囲気は、「梅蘭」の名物焼きそばに似ています。







■合体!
f0232060_1912967.jpg蒸し焼きにしたキャベツに、固め焼きをしたそばが合体!

そばを固め焼きすることで、パリパリの食感を楽しんで欲しい、とのこと。






■完成!
f0232060_19133866.jpg最後はたっぷりの刻みネギを乗せて、完成。写真は、海鮮スペシャル(イカ、ぶた、えび、イカ天、大葉)です。

ネギと大葉がアクセントになっていて、見た目よりも食べやすく軽い。固め焼きのそばも、いい感じ。個人的に、「梅蘭」の焼きそばはあまり好きじゃないんだが(苦笑)、このお好み焼きは全然違う。美味しかった!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ