新富町「蕎麦 流石」へ行く。



激暑くなってきた。


夏は、やっぱ冷たくて、チュルッとしたものが食べたくなるよね。











・・・というわけで、


友達の紹介で、銀座からほど近い新富町にある蕎麦屋、


「蕎麦 流石 (さすが)」へ。











蕎麦好きの友達が伊豆へ旅行に行った際、


現地で評判のお店で食べた蕎麦がすごく美味しかったそうで、


そのお店のお弟子さんがやっているのが、この「流石」なのだそう。











つなぎを入れないで作る生粉打ちの蕎麦。


殻を取った蕎麦を使う「ざるそば」と、


殻が付いたままの蕎麦を使う「玄挽きそば」がメインで、


それ以外に、利き酒ならぬ「利きそば」という、


産地の違う蕎麦を使った、蕎麦の食べ比べもある。












悩んだ末、殻なし、殻付き、どちらも1枚づつ楽しめる、


「玄白」という蕎麦を注文。












さて、蕎麦だが、さすがこだわっているだけあって、


とても味は良く、コシもあるのだが、正直、香りがあまりしない。


美味しい蕎麦だとは思うが、香りを結構重視しているので、ちと残念。












■「蕎麦 流石」
http://ginza-sasuga.jp/honten/index.html
















■今日のカメ

■「蕎麦 流石」
f0232060_18374210.jpg東京メトロ有楽町線「新富町駅」から徒歩5分ほど。

オフィス街の路地裏のビルの2階にあります。








■店内の様子
f0232060_1843243.jpgテーブルが数席、小さめの店内です。お昼時に伺いましたが、割と空いていました。









■天ぷらの盛り合わせ
f0232060_18474279.jpg季節の野菜と、静岡県由比産の生桜海老のかき揚げの盛り合わせ。









■天ぷら、アップ
f0232060_18491166.jpg天ぷらは、とてもサックリと、上手に揚がっていて、美味しかったです。塩で。

真ん中が桜エビのかき揚げ。







■「玄白」
f0232060_185020100.jpg「玄白」という殻付き、殻なしの両方の蕎麦が楽しめるセット。1700円也。

まずは、殻なし蕎麦から。







■殻なし、アップ
f0232060_18514741.jpgこの後の、殻付きと比べてもらえると分かりやすいですが、ちょっと色が薄め。

味とコシはいいんだけど、香りがしないなあ・・・。






■「玄挽きそば」
f0232060_1853828.jpgこっちが、殻付きの「玄挽きそば」。

つなぎを入れていないので、伸びやすいらしく、1枚目を食べ終わるのを見計らってから、2枚目が出てきます。






■殻付き、アップ
f0232060_18543830.jpg殻付きの方が、若干香りがあるかな。こっちの方が好きです。









■そばがき餅
f0232060_18552823.jpg蕎麦を使ったデザートも何種類かありました。

これは、そばがき餅。そばがきに、白蜜ときなこがかかっています。すごく食べあたりが軽くて、さっぱりした餅、という感じ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ