中野「ジンギスカン ゆきだるま 中野部屋」へ行く。



中野に、美味しくていっぱい食べれるジンギスカンがあると聞き、


「ジンギスカン ゆきだるま 中野部屋」へ。










元幕内のお相撲さんが作ったジンギスカン屋。


前々から、ここにジンギスカン屋があることは知っていたが、


お相撲さんのかわいらしいキャラクターと、白を基調とした外観が、


どうもジンギスカンのイメージと違っていて、入る機会を逃していた。












店内は、キレイで、ポップな感じで、


かわいいお相撲さんキャラクターもあいまって、


男性サラリーマンだけでなく、女性団体や若いお客さんも多かった。











お店おすすめの、食べ飲み放題4980円を頼んだが、


生ラム以外にも、北海道名物「松尾ジンギスカン」のような味付ラム肉も選べ、


どちらもなかなか美味しく、満足できる内容だった。












■「ジンギスカン ゆきだるま 中野部屋」
http://nakano.kita-yukidaruma.com/















■今日のカメ

■「ゆきだるま 中野部屋」
f0232060_12437100.jpgJR中野駅南口から徒歩3分ほど。五差路のすぐ近くにあります。









■店内の様子
f0232060_1254362.jpgゆきだるまの白を基調とした店内。割と席数はあります。

店内には、相撲業界をはじめ、中野らしく芸人さんや漫画家さんのサインがたくさん飾られていました。





■ゆきだるま親方
f0232060_128928.jpgお店のオーナーである、元幕内ゆきだるま親方。










■テーブルセット
f0232060_1314839.jpgジンギスカンのつけダレと塩、ゆきだるま親方が描かれた紙エプロンなど。









■アイス烏龍茶
f0232060_1325354.jpg食べ飲み放題4980円(120分)にしました。

3980円の食べ飲み放題コースもありますが、こちらだと味付けラム肉が選べません。







■生ラム肉、きた!
f0232060_1341846.jpgボリュームたっぷりの生ラム肉。

ここでは、アイスランド・ラムという羊肉を使っているそうですが、軽くて、さっぱりしており、いくらでも入りそうな感じの美味しいラムでした。






■味付けラム肉
f0232060_1382113.jpg生ラムとは違って、少し甘めのつけダレでしっかり味の付いたラム肉。これも美味しかったです。

できれば、「松尾ジンギスカン」のように、すき焼き風で生卵につけて食べたかったなあ。






■焼きます。
f0232060_1404961.jpgジンギスカンは、ラム肉もさることながら、野菜がいっぱい食べれるのでヘルシーですね。









■〆のつけ麺
f0232060_1415488.jpg〆は、お店のおすすめで、つけ麺を注文。目の前に、茹でた麺がやってきます。

「中華三昧」(今もあるのかな?)のような、平べったくてコシのある麺。個人的に好き。






■つけ麺のタレ
f0232060_143115.jpgラムの肉汁が染み込んだジンギスカンのたれをお湯で薄めて、ネギを入れたものが、つけ麺のタレ。

ジンギスカンのタレ自体は、とても美味しかったのですが、つけ麺としては、ちょっと醤油の味が強いかな。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ