ベトナムへ行く。⑦ ~シルク加工工場へ~



旅では基本自由行動を重んじるので、


極力、ガイドが付くようなツアーは設定しないのだが、


ホイアンに行くためには、どうしても旅行会社のツアーにせざるを得ず、


結果、シルク加工工場(お土産物屋併設w)に連れてこられた。











中に入ると、同じく旅行会社に連れて来られたと思われる、


日本人や欧米人団体がいて、どうやらこの工場は、


旅行会社と強力なコネクションを持っているようだ。












ちなみに、ここの工場では、当然のことながら、


多数の蚕を飼っていて、それを観光客に見せながら、


シルク加工の説明をしてくれる。












私が子供の頃、


長野にいた親戚が蚕を飼っていて、繭を作っていたので、


あの白いイモムシは見慣れていて、触ってもなんともないんだが、


人によっては、こんなにうごめいてるのを見るのは、嫌だろうなあ(苦笑)。















■今日のカメ

■「ヤリー・ファッションタウン」
f0232060_2581680.jpg世界遺産の町・ホイアンにあるシルク加工工場。

観光客は必ずここに連れてこられるらしく、中は日本人や欧米人観光客で、ごった返していた。ガイドブック「アルコ」なんかにも載っているので、日本人が多いのは分かるが、欧米人も多いということは、欧米向けガイドブックにも掲載されてるんだろうなあ。



■エサやり
f0232060_314393.jpg白いのは全部蚕の幼虫。

スタッフが桑の葉を与えているところ。








■成虫
f0232060_325888.jpgムチムチしている成虫の蚕。










■カラフルな繭
f0232060_335871.jpg蚕はエサによって、白い繭を作ったり、黄色い繭を作ったりするそうです。









■糸を紡ぐ
f0232060_353214.jpg繭をお湯につけて、糸車で紡いでいきます。










■機織りは、電動
f0232060_37475.jpg昔は手動だったようですが、今は、機織り機の横にモーターが付いていて、電動で機を織っているようです。








■手刺繍
f0232060_39231.jpg布に丁寧に手で刺繍をしていきます。










■見事!
f0232060_394735.jpg手前は老婆の写真なのですが、奥は写真ソックリに手刺繍で同じ老婆を模写しています。

顔のシワとか、刺繍とは思えない精巧さ。お見事。







■行商
f0232060_3113527.jpg工場見学の観光客を狙って、店前で待ち構える行商のおばちゃんたち。

三角笠に天秤は、いかにもベトナムらしい風景。
by meshi-quest | 2012-11-25 08:02 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ