ベトナムへ行く。⑯ ~狂ったディズニーランド前編~



そもそも、2人してベトナムへ来た理由は、


友達「世界遺産が見たい!」


私「奇界遺産が見たい!!」


と、大幅にズレていた。











そう、私は、アジア最強と呼び声高い、


とある「奇界遺産」を見に、はるばるベトナムへ来たのだ。













「奇界遺産」とは、かの有名なオカルトサイト「X51.ORG」の管理人でもあり、


フォトジャーナリストでもある佐藤健寿氏の写真集に出てくる、


世にも奇妙な、それでいて人類の財産として非常に価値が高いモノのことを指す。














私は、この「奇界遺産」を寝室のいつでも手に届く場所に置いてあり、


気持ちが華やぐ時、気持ちが滅入る時、どんな時でも眺めている。


私のバイブルだ。












そして、この「奇界遺産」の名誉ある表紙を飾っているのが、


ホーチミン市内から車で約1時間のところにある、


「スイティエン・カルチュラル・テーマパーク」なのだ。













「スイティエン・カルチュラル・テーマパーク」は、


ベトナム建国の神話をベースとした宗教テーマパークで、


ディズニーランド&シーの広さを超える106ヘクタールの広大な土地に、


ミッキーならぬ、やけにリアルな四聖獣たちが待ち構えている。












佐藤氏は、ここを「狂ったディズニーランド」と称していたが、


個人的には、「バイオハザードになった浅草花やしき」というか(笑)、


終始、誰かの悪夢の中にいるようだった。













世に、ベトナム旅行記はたくさんあれど、


おそらくこのスイティエン公園をこと細かに載せている旅行記は、


かなり少ないのではないかと思う(笑)。












百聞は一見にしかず。


アジア最狂のディズニーランドをとくとご覧いただきたい。











→「狂ったディズニーランド 後編」へ続く。










■「スイティエン・カルチュラル・テーマパーク」
http://suoitien.com/intro/

注:ベトナムっぽいBGMが流れます。















■今日のカメ

写真をダブルクリックすると、大きな写真が見れます。
ぜひ大きな写真で、迫力ある奇界遺産をご覧ください。




■「奇界遺産」
f0232060_23385638.jpg佐藤健寿氏の写真集「奇界遺産」。

この表紙になっているのが、ホーチミン郊外にある「スイティエン・カルチュラル・テーマパーク」です。






■入口
f0232060_23453922.jpgホーチミン市内から車で約1時間のところにある「スイティエン・カルチュラル・テーマパーク」。

ここが入口。







■入場券
f0232060_23481089.jpg無駄にド派手な入場券。

大人70,000ドン。日本円で280円くらい。








■カエル?
f0232060_2349267.jpgまだ入口にも入っておらず、入場券を買ってる段階ですが、すでになんかいますw。









■ゾウ?
f0232060_2350492.jpg入口の柱に、リアルなゾウがまとわりついています。









■龍
f0232060_23514757.jpg入口へ向かう階段の両脇にいる、でかい青龍。










■なんかいる・・・
f0232060_2353791.jpg入口はいって、すぐのところにいる動物。

バイオハザードで巨大化してしまったのか、やたらでかい狛犬のような動物。写真横の人間の大きさを見ていただくと、巨大さが分かっていただけると思います。





■仏閣?
f0232060_2356266.jpgもらった園内マップには、「God of soil temple」と書いてあった場所。









■中の様子
f0232060_23571746.jpg中には、バストアップの金色の神様がいました。生首みたいで、ちと怖い。









■園内はガラガラ
f0232060_001946.jpg平日だからなのか、閑散期だからなのか、普段からこんなもんなのか、園内はガラガラでした。









■ステージも閑散
f0232060_01125.jpgヒーローショーでも行われそうなステージがありましたが、ここもガラガラ。

日本の遊園地だと、人がいようが、いまいが、イベントはスケジュール通り行われますが、ここでは人が一定数集まらないとやらないみたいです。楽しみにしていたパレードも中止でした。




■カエル軍団、発見
f0232060_051061.jpgすでに遠くから異様なオーラを放っていたカエルの像。

親カエルの足元に、子供のカエルがいっぱいいました。






■親カエル
f0232060_07943.jpg3階建ての家くらいの高さがあります。

ベトナムのお金の神様らしいのですが、妙にリアルで、気持ち悪いです(笑)。







■子カエル
f0232060_083145.jpg足元に、子供がいっぱい。










■壁の絵
f0232060_09544.jpg園内の壁に描かれていた壁画。

おそらく、何かの神話が描かれているのだと思いますが、神様らしき白髪の老人が、スイカを食べているのが、謎w。






■ハッピーハロウィン
f0232060_0121555.jpg行ったのは11月で、世界的にはとうにハロウィンは終わっているはずでしたが、なぜかウェルカムされていたので、行ってみることにしました。








■ハロウィン入口
f0232060_0132450.jpg高校の学園祭にありそうな、手作り風お化け屋敷っぽいところが、ハロウィンの入口のようです。









■完全に誤解w ①
f0232060_015132.jpg幽霊らしき人形があったり、血を出している人間がいたりw。

ベトナムでは、「お化け屋敷=ハロウィン」と思われているようですww。






■完全に誤解w ②
f0232060_0172963.jpgハロウィンです。
頭から血を流しているゴリラ、初めてみました。









■完全に誤解w ③
f0232060_01849100.jpgハロウィンです。
豚の目が取れていて、血が出ています。









■完全に誤解w ④
f0232060_0203169.jpgハロウィンです。
人間らしき人形の頭が取れていて、血だらけ、包帯グルグル巻きです。








■完全に誤解w ⑤
f0232060_022993.jpgゴリラの死体。
しかし、ゴリラ好きですね(苦笑)。









■完全に誤解w ⑥
f0232060_023568.jpg誰か、「ハロウィンはそうじゃないよ」と言ってあげてくださいw。









■また、龍?
f0232060_0253084.jpg神話をテーマにしているだけあって、四聖獣(青龍、玄武、白虎、朱雀)は至る所にあります。

立体としては非常によく出来てるんですが、いかんせん、リアルでかわいくない・・・(苦笑)。






■おこぜ?
f0232060_029297.jpgおこぜの口から中に入れるようになっていて、中は水族館です。









■なぜ、猪八戒w?
f0232060_0301954.jpg猪八戒のお腹の部分に人がいて、そこで水族館のチケットが買えます。訳が分からんw。









■水族館の中
f0232060_031208.jpgおこぜの口の中に入ったところ。中は生温かい。










■水槽 ①
f0232060_0322586.jpg最初の水槽にいたのが、錦鯉でしたw。

さらに、水槽の壁紙にも、神様なのか、仏様なのか、何か人の絵が。心霊写真のように写り込んでますw。






■水槽 ②
f0232060_034223.jpg川が多いベトナムらしく、水族館も川魚メインのようです。これは、ナマズ。









■水槽 ③
f0232060_0345891.jpgピラルクとか、普通に5、6匹水槽で泳いでいました。

珍しい生き物ではないのかもしれません、こっちでは。






→「狂ったディズニーランド 後編」へ続く。






  
by meshi-quest | 2012-12-04 08:11 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ