目黒「寿司 いずみ」へ行く。



目黒にある名店「寿司 いずみ」へ。


前回伺った時に、あまりの美味しさに感動をして


その思いが冷めないうちに、再訪させてもらった。












気にいったお店は、通い続ける、これが私のモットーだ。













美味しいお店は、行く度に必ず新しい発見がある。


そのお店をもっと知りたいという思いもあるし、


お店に自分の好み含めて、「自分」をもっと知って欲しいという思いもある。


「美味しかったです」「また来ます」が、


おべっかでないことを伝えたい、という思いもある。













ちなみに、今日は、


「Restaurant MASA UEKI」の植木シェフへのご紹介も兼ねていて、


「いずみ」の大将と植木シェフを引き合わせさせてもらったのだが、


大将からの料理の説明に、真剣に耳を傾けられていて、


非常に通ずるものがあったようで、最後は夜中近くまで


お二人で酒を酌み交わして、料理話に花を咲かせていた。












このご縁が、良い形で実を結びますように。


色んな意味で酒の進む、とてもいい夜だった。













例のごとく、料理と寿司写真の公開を大将から止められているので、


いただいた料理の内容だけ、下記にに記させてもらう。













■飲み物

お酒は、料理に合わせてすべて決まっています。

大将が自ら全国の酒蔵へ行き、自分の寿司に合うものを見つけて、出しています。


・秋田県山本酒造「山本」

・宮城県阿部勘酒造「??」

・新潟県村上酒造「越の松露」

・志多泉酒造「??」

・自家製ガリを使った「ガリエール」

・・・など。












■料理

・色んな魚の皮を使った魚皮の南蛮漬け
泡盛と島唐辛子で作る自家製の調味料「こいれいぐーすー」を使用


・松葉ガニの玉子焼き「虎玉」
玉子焼きの上には、オレンジ色の「うちこ」のソースと、紫色の「そとこ」のソース


・刺身「尾赤ムロアジ」「初物の寒ブリ」
野生のアイヌネギを使った醤油に、京都宇治の和辛子、淡路の玉ねぎを添えて


・絶品茶碗蒸し、通称「痛風茶碗蒸し」
茶碗蒸しの中に、自家製の真鱈の漬けと、あん肝も味噌漬けが入っています。
上には、沖縄のおばあちゃん達が採った市場に出回らない沖縄青海苔


・ブリの肝臓の茶炊き
江戸料理の復刻、寿司茶で炊く魚料理。香りがすごくいい。


・愛知県三河「伊藤農園」の一番たぐり湯葉
チーズのような濃厚な味わい

その湯葉の下には、鯖のつみれ。
鯖は半分叩いて、半分すり潰し、食感を活かす。
さらに、つみれの中には巨峰が入っており、風味が良い。

これらが2晩寝かした本返しのつゆの中に入っているお椀料理。


・もずくガニのなり味噌焼き
奄美のもずくガニ「まーがん」を紹興酒で蒸し、
大豆とソテツの実で作るなり味噌を塗って焼く。
最後は、日本酒を殻の中に入れて、カニ酒。


・「プリン体アラモード」
鮎の白子と真子の塩辛
たらとマグロの塩辛
アワビの肝を酒粕と味噌で漬けた珍味
べっ甲玉子
ぼらのからすみ味噌漬け


・有明の新海苔を使ったお吸い物
中には大和芋と黒胡椒
黒胡椒は日本の古い文献にも「祝粉」と書かれ、使われていた。










■寿司

・城ヶ崎のカワハギ
上には、カワハギの肝を


・3種でしめたコハダ
赤酢、米酢、きび酢の3種


・千葉県産鯖の赤酢しめ


・伊東で本日1枚だけ水揚げされた深場金目


・伊勢エビの炙り焼きにぎり


・・・など














■今日のカメ

■「寿司 いずみ」
f0232060_1403419.jpgJR目黒駅から車で10分ほど。油面交差点曲がって、路地。

周りにセブンイレブンくらいしか目印が何もないです。






■ガリエール
f0232060_1422599.jpgガリたっぷりで、健康にも良く、食事にも合う。










■「名刺」
f0232060_1431820.jpg「名刺」と呼ばれていた玉子焼き。最後のお口直し。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ