銀座「御膳房 中国雲南キノコ火鍋」へ行く。



友人夫婦と、久しぶりに食事会。


定期的に食事をしにいき、近況報告したり、ゲーム話したりしている。










店はいつも私が決めさせてもらっていて、


今回は、冬で寒くなってきたので鍋でも・・・ということで、


銀座にある中国雲南省のキノコ火鍋の店「御膳房」へ。












お店に着いたら、なぜか予約していた席が取れてなかったり、


ここ数日バタバタしていたこともあって、なんだか妙にイラついていたのだが、


いろんなキノコが入ったキノコ火鍋を食べたら、すっかり治った。











精神安定キノコでも入ってたかな(笑)。


美味しい火鍋だった。












■「御膳房 中国雲南キノコ火鍋」
http://www.gozenbo.com/indexxz.htm
*音が出るので要注意。














■今日のカメ

■「御膳房 中国雲南キノコ火鍋」
f0232060_23165429.jpg東京メトロ銀座一丁目駅8番出口から徒歩1分。銀座中央通り沿いのビルの11階にあります。

鍋が恋しい季節ということもあり、予約で満席でした。






■民族衣装
f0232060_23265110.jpg雲南省山岳民族の民族衣装。お店の女の子も、このかわいい衣装を着ています。









■テーブルセット
f0232060_23191848.jpg扇形にキレイに飾られたナプキン。










■凍頂烏龍茶
f0232060_2320309.jpg前日かなり飲んでしまってたので、今日は大人しく烏龍茶で。









■鶏肉巻き
f0232060_23224869.jpg「クルミの鶏肉巻き」(1380円)です。

真ん中にクルミが入っていて、やさしい味のハムのような鶏肉に包まれています。







■春巻
f0232060_23245627.jpg「雲南ハムの春巻」です。

春巻きの皮は、卵でできています。春巻というより、具だくさんの卵焼きのような感じ。美味しいです。






■鍋、きた。
f0232060_2328829.jpgスープがたっぷり入ったキノコ鍋が来ました。










■烏骨鶏スープ
f0232060_23294191.jpgスープは数種から選べます。

これは、烏骨鶏のスープで、大と小があり、写真は4人前の大で6800円。







■キノコ、きた!
f0232060_23313176.jpg山伏茸、はくれい、エリンギ、本しめじ、えのき、朱鷲色平茸、花びら茸、マッシュルーム、舞茸、ポルチーニの10種盛り。9680円也。








■煮てくれます。
f0232060_2337562.jpgキノコを入れる順番もあり、スタッフのお姉さんが煮てくれます。









■キノコ、いっぱい。
f0232060_2338940.jpgキノコを全部投入したところ。にぎやか。










■20分経過
f0232060_23385324.jpgいい感じでキノコが煮えて、キノコのエキスが鍋に出てきました。食べごろです。









■いただきます!
f0232060_23394234.jpgキノコと侮るなかれ、すごく出汁が出ていて、ホント美味しいです。

しかも、キノコが胃で膨らんで、想像以上にお腹いっぱいになるヘルシー料理です。






■追加注文①
f0232060_23413974.jpgキノコが足りなくなったので、追加で注文。キノコは、単品でも頼めます。

キノコの女王と呼ばれる「絹笠茸」(1980円)、キクラゲ(780円)など4種追加。






■追加注文②
f0232060_23445217.jpgキノコ以外の野菜や肉、魚もあります。

写真は、「生アロエ」(980円)と鮮魚すり身団子(1280円)です。







■追加注文③
f0232060_23464376.jpg豚肉1980円。しゃぶしゃぶのようにかなり薄切りになっています。









■追加注文④
f0232060_23474878.jpg鶏肉1380円。こんなに薄く、長く切られた鶏肉、初めて食べました。









■〆の雑炊
f0232060_23485173.jpg残ったスープで、雑炊か、米の麺が選べます。今回は、雑炊で。
by meshi-quest | 2013-02-01 08:04 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ