バリ島へ行く。⑥ ~変わりゆく町と変わらない場所~




滞在先の「バグースジャティ」から、


ウブドの繁華街まで車で40分かかる。














周りは、完全に山と畑しかなく、タクシーどころか、公共のバスもない。


ホテル専用の無料のシャトルバスが毎日10時と14時に出ていて、


それを逃すと、自腹で1500円ほど払って、


ホテルの車をチャーターして町に出るしかない。













というわけで、滞在中は、居心地も良かったこともあり、


ほとんどホテルの中で過ごしていたのだが、2日間だけ町に出掛けた。












バリが好きだ。


今回で6回目になる。


うち、ウブドには2回来ていて、最後に来たのは8年くらい前になる。













ウブドの町は、10年前より店が増え、おしゃれなカフェもいっぱいでき、


道も舗装されてキレイになっていて、観光客もとても多かった。


大きなスタバが出来ていたのには驚いた。


f0232060_23185443.jpg





























観光客に関しては、中国・韓国人が増えて、日本人は少なくなった印象。


これは、どこの観光地も変わらないかな。













ウブドといえば、幾重にも重なる美しいライスフィールド。


テガラランという場所にある棚田の美しさは、変わらず健在だった。


f0232060_2322836.jpg






















観光客が増え、駐車場に観光バスやミニバンの数も増えていたが、


この風景だけは、ずっとこのままで・・・。













ちょっと足を伸ばし、世界遺産「タマン・アユン寺院」にも行ってきた。


ウブド中心部から、車で1時間半くらいかかるので、


今までなかなか行けなかったのだが、今回の滞在でようやく行ってきた。


f0232060_23225660.jpg

























水が張り巡らされたお堀に囲まれた寺院。


美しいお寺だった。













急激に発展をしているインドネシア。


中心であるジャカルタだけでなく、その影響はバリ島にも来ている。


ドライバーに聞いたところ、米やガソリンの値段が急騰しているようだ。













変わりゆく町と変わらない場所が混在するウブド。


1年後、5年後、10年後、またどんな風景になっているのだろう・・・。


変わろうが、変わるまいが、私はまたここへ来たい。
















■今日のカメ

*携帯からご覧くださっている方へ

今回は、ちょっと写真が多いので、
読み込みが重くて表示されない場合は、
PCのブラウザからご覧いただければと思います。




■ウブドの町
f0232060_2332238.jpg10年前は、もっと閉鎖的な田舎町でしたが、道も舗装され、おしゃれな店が建ち並ぶ、立派な繁華街になっていました。









■ウブド王宮
f0232060_23325660.jpgウブドの町のランドマーク、「プリ・サレン」。通称「ウブド王宮」。

ウブドの中心の十字路にあり、分かりやすいことから、観光客の待ち合わせ場所に使われる。今も、王の子孫が暮らしている。






■王宮の中の様子
f0232060_23375587.jpg中はある程度のところまで無料で自由に見学ができます。









■バロン
f0232060_23395176.jpg聖獣バロンの石像。

この白黒のチェックと、黄色い腰布を見ると、バリっぽさを感じます。







■「チャナン」
f0232060_23404821.jpg花や米をきれいに盛り付けたお供え物「チャナン」。町の至るところで見かけます。









■チャナンを捧げる子
f0232060_23434075.jpg1日3回、お祈りとチャナンを捧げるそうです。










■ウブドマーケット
f0232060_23451375.jpgものすごい数の小さな商店が建ち並ぶローカルマーケット。

8年前は、素朴な田舎の市場でしたが、見違えるようにキレイになっていました。






■市場の中の様子
f0232060_23472297.jpg市場はかなり広く、お店もいくつあるのか分からないほどです。









■建物の中の様子
f0232060_23572832.jpg建物の中には、さらに細かいお店がぎゅうぎゅう詰めになっていて、迷路みたいです。

ちなみに、どこの店もほぼ定価の2倍くらいから吹っかけてくるので、値段交渉必須。それでも、ウブドからちょっと行ったところのお土産物屋から比べると、まだ高いです。




■だんだんとディープに・・・
f0232060_23485355.jpgキレイになったもんだと感心していましたが、奥に入っていったら、ああ、ちゃんと残ってました、ディープな市場風景がw。

8年前は、全面がこんな感じでした。






■さらにディープに・・・
f0232060_23515650.jpgキレイになったのは、外側だけでしたw。これ、これ、この風景だ。









■スイカ売りのおばさん
f0232060_2353818.jpgスイカとパパイヤを売ってます。










■野菜市場
f0232060_23545255.jpg奥には、8年前の市場がそのまま残ってました。










■ドリアン
f0232060_23554023.jpg何度トライしても、どうも苦手・・・。










■サッカー場
f0232060_01615.jpgウブドの町の中心に広いサッカー場があり、たくさんの子供たちがサッカーをしていました。

でも、バリで一番人気があるのは、バトミントンだそうです。






■テガララン
f0232060_045463.jpgウブドの繁華街から車で15分くらいのところにあるテガラランという場所。

ここにウブドで有名な美しい棚田があり、それを見に来た観光客と車でごった返しています。






■テガラランの棚田
f0232060_064245.jpg幾重にも重なるライスフィールドが広がっています。美しい!









■「テラス・パディ・カフェ」
f0232060_01150100.jpgライスフィールドの目の前にカフェがあり、東屋でライスフィールドを眺めながら食事やお茶をすることができます。








■ジャスミンティー
f0232060_0141115.jpgアイスジャスミンティー。

観光地価格ではありますが、そこまで値段は高くありません。







■シーザーサラダ
f0232060_0151720.jpg「バグースジャティ」の自家栽培野菜とは違って、かなり葉がくたびれてる感じw。

通常、バリで生野菜頼むと、こんなもん。







■ナシゴレン
f0232060_0161454.jpg日本のチャーハンに近い、醤油が強めのナシゴレン。これはとても美味しかったです。









■ウブド郊外へ
f0232060_023554.jpg世界遺産「タマン・アユン寺院」へ行くため、車をチャーターして、ウブド郊外へ。

見渡す限り、遠くまでライスフィールドが続く。







■寺院のお堀
f0232060_0245674.jpgウブドから車で1時間半。

皇居のように大きなお堀がある寺院に到着しました。







■入口
f0232060_02623.jpgここが寺院の入口。

拝観料は日本円で約150円。








■タマン・アユン寺院
f0232060_0281341.jpg世界遺産「タマン・アユン寺院」です。

ドライバーによると、この位置からがベストショットとのこと。ちょうど晴れた!







■ここもお堀
f0232060_0294979.jpg昔のバリの王様の墓らしいのですが、仏塔の屋根が奇数だったり(通常は偶数)、周りに水が張り巡らされているのが、王を表していて、珍しい様式なのだそう。







■至るところにニワトリ
f0232060_0331755.jpg寺院の至るところに、こんな感じのオシャレなゲージがあり、中にニワトリがいました。









■ニワトリ
f0232060_0341988.jpg儀式で使う闘鶏用のニワトリだそうです。
by meshi-quest | 2013-08-10 08:00 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ