バリ島へ行く。⑧ ~マタハリを探す旅~





今回、自分の中のこんがらがった糸を解くためにバリ島に来たわけだが、


もう1つ、個人的に大きな目的があった。













大好きな「マタハリ」を探しに来たのだ。


「マタハリ」とは、バリ語で「太陽」のことを指す。












昔から、太陽の絵が大好きだった。


月も、大好きだ。


ただし、太陽も、月も、「顔が描かれていること」が条件だ。


f0232060_23304162.jpg





























あまりに好き過ぎて、家が太陽と月だらけになっている。


太陽と月に囲まれていると、なんとも落ち着く。


f0232060_23392670.jpg

























この落ち着きに理由が見当たらないので、


もう先祖レベルの何か、細胞レベルの何かなんじゃないかと思う。


自分で制御が出来ない。















「千と千尋の神隠し」に出てくる巨大な赤ちゃん「ぼう」の部屋を


イメージしてもらえると近い。


f0232060_23322130.jpg
























ちなみに、これはうちのベッドカバーで、


8年以上前に、バリで買ってきたお気に入りなのだが、


残念ながら、大幅に破れてしまい、


布自体が傷んでしまっているため、もう修復が出来ない。


この代わりとなる、新しいマタハリのベッドカバーを探すという重要任務もある。














バリには、素敵な太陽と月がたくさんある。


少なくとも、8年前までは。













昨今、バリ島も発展し、近代化され、


顔の書かれた太陽と月は、「もうオールドデザインだ」と言われた。


今や、ウブドの繁華街では、ほとんど売られていない。













今回、仲良くなったホテルスタッフにお願いをして、


バイクで郊外の田舎の村まで連れて行ってもらい、


大好きな太陽と月を1日がかりで探しに行った。













田舎の村には、少なくはなっていたが、まだあった。


f0232060_0242451.jpg





















f0232060_0251731.jpg






















f0232060_0255362.jpg































太陽のベッドカバーは、10軒くらい布団屋を回って、ようやく1枚見つけた。


それ以外にも、たくさん太陽と月グッズを買ってきた。


f0232060_23405083.jpg































ちなみに、今旅で一番気に入っているのが、この「ムーン君」。


プジュンという村の木彫り細工店で見つけ、日本に連れ帰った。


f0232060_23414447.jpg























彼は、いま、トイレの番人、お腹の相談役として、


トイレの高台に鎮座し、私を見守ってくれている。
by meshi-quest | 2013-08-12 08:09 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ