バリ島へ行く。⑨ ~ウルルン滞在記~




今回の旅、結論から言うと、


一人で行って、本当に良かったと思っている。













一人で行かなければ得られなかったことが、本当にいっぱいあった。


一人で行かねばならない旅だったし、


一人で行くことに意味があった旅だった。













一人で旅していると不便も多い。


何か楽しいことがあっても、瞬間的に分かち合う人がいないし、


危険や病気にも、自分だけで何とか対応しなきゃいけないし、


細かいことを言えば、トイレ行くときに荷物をちょっと見ていてくれる人もいない。













でも、その分、自分で何とかしなきゃいけないという思いが、


生命力を高めて、免疫力を高め、


向こうでは、気温差激しかったにも関わらず、


風邪もひかず、腹1つ壊さなかったし、


蚊もいっぱいいたが、蚊にもほとんど刺されなかった。


むしろ、日本に帰国してから、油断してるのか、えらく刺されている。













一人でいるせいで、どんな人とも、


積極的に、仲良く触れ合おうとする心になり、


3日くらいで、脳の言語回路がスムーズに英語に切り替わってくれ、


ホテルスタッフや宿泊客といっぱい友達になった。













特に、ホテルスタッフとは、現在もFacebookで繋がるほど仲良くなり、


裏山でサルが鳴いちゃってるくらいの山奥に一人でいるのに、


全く淋しくなることもなかった。













みんな、日本からの珍客にフレンドリーに接してくれ、


女の子のスタッフとおしゃれ談議をしたり、


男の子のスタッフと、夜、ライスフィールドに出かけ、


大量のホタルを取ってくれて、それを私の部屋に放ち、


部屋に満天の星空を作ってくれたりした。


通常は、これ、ハネムーナー用のサービスらしいのだが、特別にやってくれた。














マタハリ探しに付き合ってくれた男のスタッフは、


自分が家族と住んでいる小さな村まで案内してくれて、


なにやらお祭りの準備中らしく、


通常はなかなか見れない、お供え用の豚の解体を見ることができた。












家にも案内してくれて、


お父さんやお母さん、妹さんや弟さんが挨拶に出てきてくれ、


お母さんは、手作りのつくねとお茶をご馳走くださり、


まるで、ショートステイをしている気分だった。













ホテルから村までは、見渡す限りのライスフィールドの間を、


ノーヘルのバイクで爆走。


気分最高。













こんなむちゃくちゃな経験できたのも、ひとり旅のおかげ。













バイク乗りながら見た、夕日にキラキラ輝くライスフィールド。


一生、忘れない。













おわり。

















■今日のカメ


*儀式の準備をしていた豚の解体写真が含まれています。

生肉など、気持ち悪いものが苦手な方は、

以下、避けていただければと思います。













■ジャティ村①
f0232060_0292880.jpgホテルからバイクで10分くらいのところにあるジャティ村という小さな農村にお邪魔しました。

カメラ向けていると、子供がいっぱい寄ってきます。






■ジャティ村②
f0232060_032163.jpgお祭りの準備中だそうで、村人達がいっぱい集まっていました。









■豚の解体①
f0232060_0331336.jpg村人総出で、豚の屠畜と解体をしていました。

内澤旬子さんの名著「世界屠畜紀行」のバリ編の中で、バリの成人男子は誰でも豚や鶏くらいは解体できる、とありましたが、本当でした。感動。






■豚の解体②
f0232060_03665.jpg綺麗に解体されています。










■豚の解体③
f0232060_03715100.jpgこっちは、臓物チーム。










■豚の解体④
f0232060_0381940.jpgこんな感じで、内臓も綺麗に水洗いして、処理。










■お宅訪問①
f0232060_0392382.jpgホテルスタッフのセティワヤンのお家にお邪魔しました。









■お宅訪問②
f0232060_0412928.jpg奥では、お父さんが庭の掃除中。










■お宅訪問③
f0232060_0421517.jpgお母さんが今朝作ったという、鶏の串焼きと、バナナの葉で蒸したつくねをご馳走してくれました。

レモングラスがきいていて、香り良く、美味しかった!






■デンパサール空港
f0232060_0515399.jpgものすごい数のお土産屋が並ぶデンパサール空港の出国ロビー。

ただ、そんなに目ぼしい物はなく、かつ、値段も町の2倍以上します。






■ガルーダ航空ラウンジ
f0232060_0534014.jpgぶっちゃけ、これがエグゼクティブラウンジか?というほどのしょぼさでした。ひと昔前の喫茶店みたい。

席数も少なく、相席必須です。






■軽食コーナー
f0232060_0551732.jpgラウンジの無料軽食コーナー。種類は色々とありました。









■でも・・・
f0232060_0561044.jpgぶっちゃけ、全く美味しくありませんでした。










■機内朝食①
f0232060_0573989.jpgガルーダエグゼクティブクラスの朝食。最初は、フルーツの盛り合わせとヨーグルトなど。









■機内朝食②
f0232060_059627.jpgオムレツと、ソーセージと、ポテトのグリル。イマイチ。
by meshi-quest | 2013-08-13 08:06 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ