タイへ行く。⑦ ~蟹玉カレーの聖地・ソンブーンへ~





「プーバッポンカリー」というタイを代表する料理がある。


渡り蟹を、卵とカレーペーストやココナッツミルク等でフワフワに炒めたモノだ。













カレーペーストやチリオイルの辛さと、卵とココナッツミルクの甘味で、


非常にバランス良く、辛すぎず、むしろほんのり甘い。日本人好みだ。


これをアツアツのご飯かけて食べると、たまらない。














この「プーバッポンカリー」という単語を出すと、


食通の方からほぼセットになって出てくるのが、


「ソンブーン」という単語だ。


この素晴らしい蟹玉カレーを最初に作ったことで知られる元祖の店だ。













バンコク中心部からBTSチョンノンシー駅へ行き、徒歩15分ほど。


周りにはあまり目印もなく、ひっそりとした町中にある地元のタイ料理店だ。


とはいえ、超有名店ではあるので、地元の人だけでなく、


観光客も多く見られ、店内は賑わっていた。












早速、お目当ての「プーバッポンカリー」を注文する。


SMLの3サイズがあるが、2名なので2~3人前のMサイズを注文。












店の隣に生け簀があり、大量に渡り蟹が積み上げられていた。


「プーバッポンカリー」は、意外と早く出てきた。


ふと周りを見ると、みんなこれを注文している。












早速、一口食べてみる。


「超うまぁぁぁぁぁーーーーーい!!!」


滅多にメシクエでここまでのコメントを出さないがw、


もっと小さい「ぁ」を重ねて、「!」マークを増やしてもいいくらい、絶品だった。













なんだ、コレ。


1週間、これを食べ続けたい。


むしろこの「プーバッポンカリー」の中に入っていたい。













日本のタイ料理店にも、そこそこのレベルの店であれば、


メニューに、「プーバッポンカリー」がある。


しかし、ここまで美味しい「プーバッポンカリー」にはお目にかかれない。













フワフワ感を出すのに、なかなかの技術がいるというのもあるが、


調味料や素材が違うことも、大きい要因。


特に、この料理に大量に使用するココナッツミルクは、


日本ではミルク自体の輸入が禁止されており(腐りやすいため)、


ココナッツは実のまま輸入して、手間かけて実からミルクを作るか、


缶や粉のミルクを輸入するしかない。













多くの店では、簡単に使える缶や粉のミルクを使用するが、


当然、生のミルクに比べて、コクがなく、味が落ちる。


といった、様々な理由で、なかなか美味い「プーバッポンカリー」に出会えない。













嗚呼、ホント美味しかったなあ・・・。













次、バンコクに行くことがあったら、何はさておき、


まずソンブーンに直行しよう。


そして、この絶品「プーバッポンカリー」を思う存分、食べたい。

















■今日のカメ

■『ソンブーン』
f0232060_1272638.jpgBTSチョンノンシー駅から徒歩15分ほど。割と駅から歩きます。

駅周辺もあまり栄えておらず、夜に行きましたが、薄暗く、店まで歩くのがやや心細かったです。とはいえ、トゥクトゥクはぼったくってくるしなあ。ちなみに、夜営業のみ。




■店内の様子
f0232060_12104171.jpg地元のレストランといった感じ。2階にも席があり、席数は多いです。









■超美味「プーバッポンカリー」
f0232060_1212546.jpgこれが、元祖ソンブーンの「プーバッポンカリー」です。Mサイズで1200円くらい。

タイの物価から考えれば、少し高めですが、いくら出しても食べる価値あり。






■「プーバッポンカリー」アップ
f0232060_1213427.jpg卵と、カニ身と、ココナッツの甘さに、ほぼよくカレーとチリオイルの辛さが混じっていて、素晴らしいハーモニー。

この写真見ているだけで、思い出してヨダレが出てくる。本当に美味しかった!





■エビのガーリック炒め
f0232060_12163814.jpg『ソンブーン』はシーフードレストランなので、エビ、貝、魚などいろんな海鮮料理があります。

これは、エビのガーリック炒め。







■エビ、アップ
f0232060_121811100.jpgガーリックのきいた醤油ダレがエビととてもよく合っていました。これもうまい。









■トムヤムクン
f0232060_12193284.jpgタイらしいモノを・・・と思って注文してみましたが、現地の味というか、かなり酸味とハーブが強く、私は苦手でした。








■空芯菜炒め
f0232060_12204730.jpgおそらく、今旅食べたタイ料理の中で、一番辛かったのがコレ。

タイでは、青菜の炒め物はふんだんに唐辛子をいれ、辛くします。辛い者好きのコフジさんが食べれずにいたくらい。





■エビ団子
f0232060_12233317.jpg普通のエビのすり身団子揚げですが、なんか他と違う。エビが詰まっていて、美味しかったなあ!









■イカのから揚げ
f0232060_12251095.jpg揚げ物大好きなので、ついついw。










■パーティーやで!
f0232060_12262511.jpgテーブルいっぱいのご馳走。満腹、満腹。
by meshi-quest | 2013-08-24 08:07 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ