タイへ行く。⑧ ~パッタイの聖地ティップ・サマイへ~





今回、「プーバッポンカリー」神のほかに、


もう1つ、食の聖地を巡礼してきた。













タイへ行った友達からも勧められた、


「パッタイ」の超有名店、『ティップ・サマイ』だ。













「パッタイ」とは、簡単に言うと、タイ風の焼きそば。


ライスヌードルを使って、甘めの味付けで仕上げるので、


辛いのが苦手な人も、唯一、これだけは安牌で食べれる料理だ。












『ティップ・サマイ』は、1960年創業のパッタイ専門店。


タイ国内の食に関する色んな賞を受賞し、世界各国のメディアでも紹介されている。


メニューにはパッタイしかなく、道路にまで長蛇の列ができる有名店だ。












往々にして、よくあることだが、この有名店、超行きづらい。


最寄り駅も遠く、最寄駅からも遠い。


悩んだ末、どの道、最寄り駅からもタクシーで行くくらいなら・・・と、


ホテルのボーイさんに行き先を告げて、タイ語でタクシーの運転手に伝えてもらい、


バンコク中心部からタクシーで直接行くことにした。












ちなみに、バンコクのタクシーは、ひどい。


観光地付近はさらに劣悪だが、


普通にホテルに乗り入れてるようなメータータクシーも、


タイ人のボーイさんの前ではいい顔して、「メーターだ!」と発車させるくせに、


一向にメーターを倒さず、それを伝えると、「150バーツだ!」とか平気で言う。












今回の『ティップ・サマイ』までも、


ルブア・アット・ステート・タワーという高級ホテルから乗車したが、


メーターを一向に倒さず、値段をふっかけるので、


こっちも英語で怒鳴って、大喧嘩しながら、


結局、メーターを倒させて、なんとか無事に店についた次第。


まあ、途中、多少回り道はされたかもしれないが(笑)。













なお、『ティップ・サマイ』は有名店なので、


ホテルのボーイさん、タクシーの運転手含めて、割と言えば分かってくれる。


ルブアステートホテルからタクシーで約70バーツ(メーター)。


メーターを倒さずに吹っかけられた値段は150バーツだったので、約2倍。













まあ、こういうの気にしてたら、アジアで旅できないからね(笑)。


無事着いただけ、良し!とする。













さて、『ティップ・サマイ』のパッタイだが、


モチモチしていて、きの来ない美味いパッタイだった。


値段も安いし、これは確かに人気店であるのもうなづける。













ただ、パッタイしかメニューになく、食べたらすぐ出る感じなので、


ゆっくり食事したり、味わったりするのは、あまり向いてないかもしれない。


あくまでも、「美味いパッタイを食べる」を目的の時に。
















■今日のカメ

■『ティップ・サマイ』
f0232060_12572755.jpg結局、私はBTSサパーンタクシン駅近くにあるルブアステートホテルからタクシーで行きましたが、旅行誌を見ると、地下鉄ホアランポーン駅から車で5分としているようです。

どの道、タクシー使うことになりますし、近いとよりタクシーは嫌がるので、都心部から素直にタクシーで行くことを勧めます。



■青空キッチン
f0232060_1302882.jpg店前の路上に、何個もコンロがあって、そこで大量にパッタイを生産しています。ものすごいスピードと量。








■スタッフの数も多い。
f0232060_131361.jpgひっきり無しに客が来るので、スタッフ大忙し。こんなにスタッフいても、てんてこ舞いです。









■店内の様子
f0232060_1324163.jpgどの旅行誌にも載っているほどの名店ですが、場所が行きづらいところにあるせいか、観光客よりは地元の客の方が多かった印象。

着いたときも、22時近かったですが、この混みようで、さらに列ができていました。





■メディアで紹介
f0232060_1342919.jpg壁一面に、受賞した賞や、各メディアで紹介された記事が掲げられています。









■パッタイ卵包み
f0232060_1355080.jpgパッタイ卵包み、約180円。

メニューは、パッタイのみで、卵包みか、野菜のみか、など多少アレンジを選ぶ程度。







■パッタイ、アップ
f0232060_1372727.jpgモチモチしていて、甘めのソースが美味しいパッタイでした。大きなエビも入ってます。

量はやや少なめ。隣の席を見たら、タイ人の女の子2人組みが3皿頼んでました。確かに、3皿2人はイケるかも。





■もやしとニラ
f0232060_1393372.jpgサービスのもやしとニラ。日本では、あまり生でもやしを食べる習慣がないですが、タイでは生です。お好みで追加。








■激甘オレンジ
f0232060_13103725.jpgみんなが頼んでいたので、うちらも頼んだオレンジジュース。

オレンジの果実も入っている100%らしいのですが、激甘。パッタイに合うかは、疑問。
by meshi-quest | 2013-08-25 08:06 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ