モロッコへ行く。② ~リヤドブッサに泊まる~





モロッコの南、内地にある町・マラケシュ。


ここに3泊4日滞在をした。












滞在中は、『RIAD BOUSSA リヤドブッサ』というところにいた。


「リヤド」とは、モロッコ式の邸宅ホテルのことを言う。













赤土の高い壁に囲まれたリヤドは、


目印がほとんどなく、そこが家なのかも分からないほど。


戦時中、敵の進入を防ぐために、


外から中が一切分からないようになっているらしい。














しかし、一旦、リヤドの中に入ると、


真ん中に吹き抜けの庭「パティオ」があり、


「パティオ」を囲むかのように、小さな部屋がある。


屋上にはソファがあり、のんびり空を見ながら、


朝食を食べたり、昼寝をしたり。


外からは見えないが、中は開放感のある空間が広がっている。













大型ホテルでは味わえない、


誰かの家にホームステイしたかのような温かみのある「リヤド」。


一度泊まってみたいと思っていたので、とて嬉しかった。













古い町並みが残るマラケシュには、多数のリヤドが存在する。


中でも、この『リヤドブッサ』は、マラケシュの中心地からも近く、


部屋やサービスがいいと評判のリヤドだ。













実際、部屋もステキで居心地が良く、


スタッフも親切で、いいリヤドだった。












ただ、どのレビュー見ても、「良かった」ばかりなので、


あえて突っ込んだことを書いておくと、


あくまで、リヤドというジャンルにおいて、「良い」と思う。













というのも、たとえば、連日41度という気が狂いそうな猛暑の中、


部屋には一応クーラーが付いているが、ほとんど効いていない。


リヤドが邸宅のど真ん中に吹き抜けの庭を持っている構造上、


各部屋もクーラーが効きにくく、ロビーは当然41度のオープンエアー。













部屋の中も、非常に内装がかわいらしく、モロッコらしさ満点ではあるが、


邸宅の1部屋を客室にしているので、正直、狭い。


さらに、そこに無理矢理バストイレを付けているので、


カーテン1枚のすぐ向こうがトイレで、どうにもこうにも落ち着かない。


細かいことをあげると、キリがないほど、不便さもある。













この不便さをリヤドでは当然であり、リヤドに泊まる醍醐味と取れれば、


もちろんリヤド宿泊は楽しいものとなり、


『リヤドブッサ』はとても素晴らしいリヤドと言える。













今後、モロッコ旅行記の中でも書いていくつもりだが、


モロッコが日本からも遠く、身近でなく、


当然、旅行誌やテレビ番組もイイことだけを伝えていくので、


イメージ先行してしまい、モロッコバンザイ!になっている気がする。


実際に行くまでの私が、まさにそうだった。














結論から行くと、ホント行って良かったし、


私にとっては、とても勉強になった行くべき運命の国だったのだが、


とはいえ、手放しに誰にでも「ぜひ行った方がいいよ!」とは言わない。


超ステキな国の裏には、超過酷で、超驚きの何ががセットになっている。


それで、バランスが取れているのだ。












モロッコに行く前、イメージのみで、あまりに無知だったので、


西荻窪の旅行本専門店「のまど」に行って本を探したり、


色んな方のサイトを読ませてもらったが、


やっぱり行った方の絶対数は少なく、情報も少なかった。













なので、今回なるべくここメシクエでも詳しく書かせてもらって、


モロッコを正しく知ってもらう少しでも役に立てれば、と思っている。













そんな思いでモロッコ旅行記を書くので、


モロッコ同様、ちょっと長い旅になるかもしれないが、


しばらくの間、気長に私のモロッコ話にお付き合いいただけると幸いだ。

















■今日のカメ

■リヤドブッサ行き方①
f0232060_1543108.jpg行き方を教えたいわけではないんですが、行き方を見ていただくと、いかにマラケシュが迷宮かが分かるので(笑)、あえて書いてみます。

マラケシュの町の中心にある「ジャマ・エル・フナ広場」から5本目の路地のここを入ります。





■リヤドブッサ行き方②
f0232060_1548596.jpg道なりに進むと、突き当たりに出るので、ここを左折。









■リヤドブッサ行き方③
f0232060_15485089.jpgちなみに、1つ目の角はパン屋兼雑貨屋さん。毎朝、日用品も売りつつ、こんな感じでパンも売ってます。








■リヤドブッサ行き方④
f0232060_1554424.jpgまたしばらく歩くと、十字路に出るので、ここをまた左折。うずまきのように、左巻きに進んでいきます。

ちなみに、ご覧の通り、目印は一切ありません。リヤドブッサへの道だけでなく、すべて町中こんな感じです。




■リヤドブッサ行き方⑤
f0232060_15561112.jpg今度は、真っ直ぐと左に行く道が現れるので、ここも左折。とにかく左巻きに進む。









■リヤドブッサ行き方⑥
f0232060_15583199.jpg左に曲がると、こんな場所に出ます。さらに進みます。

ホント、ゲームのダンジョン攻略をしている気分です(苦笑)。






■リヤドブッサ行き方⑦
f0232060_1654014.jpg突き当たり付近まで、進んで行きます。ここがどん突き。









■リヤドブッサ行き方⑧
f0232060_1664222.jpgその右手にある、重厚なドアがリヤドブッサの入口です。

初日は、夜にマラケシュに着いた上、ここまでの道も真っ暗だったので、変な人にだまされているんじゃないかと、すごく不安になりました(苦笑)。





■リヤドブッサ1階
f0232060_16194339.jpg殺風景の外とは対照的に、中にはパティオと呼ばれる吹き抜けの庭を中心に、こんな感じになっています。

リヤドブッサは、屋上付きの2階建てで、1階がロビーやキッチンなどの共有部、2階が客室4つの構成です。









■パティオ
f0232060_16231251.jpgパティオは、土こそありませんが、吹き抜けの中庭という扱いになっていて、モロッコ風のおしゃれなテーブルが置かれています。ここで、客がミントティーなど飲んで、くつろぎます。

吹き抜けなので、当然オープンエアー。41度の中、共有部にクーラーはありません。風が流れ込む作りにはなっているので、居られないほどではありませんが、ぶっちゃけ、暑いですw。


■上から見ると・・・
f0232060_16282098.jpg上からパティオを見ると、こんな感じ。

こういう作りの家には、モロッコ雑貨が映えますね。超おしゃれ。







■水タバコ
f0232060_16305013.jpgパティオに小さな池(?)がありました。インテリアの一部でもあり、飼っている猫の水飲み場でもあります。

その側には、モロッコでよく見かける豪華な水タバコセット。





■ミントティー
f0232060_16324512.jpgモロッコと言えば、ミントティー。ホント毎日何度も飲みました。

リヤドブッサでは、ミントティーは無料で、言えばいつでも作ってくれます。ちなみに、41度の気温の中でも、ホットです。モロッコにアイスミントティーという文化はありません。




■リヤドブッサ2階①
f0232060_16335631.jpg2階には客室が4つあります。

中庭のパティオを囲むように部屋が存在しています。







■リヤドブッサ2階②
f0232060_16345128.jpg共有のソファ。










■夜はこんな感じ。
f0232060_16421937.jpg夜はライトアップされて、ムーディーに。

ゆっくり本を読んだり、ミントティー飲んだり。ただし、夜でも気温下がらず、35度近くありますが(苦笑)。






■客室の様子①
f0232060_16373444.jpg客室はこんな感じ。

ベッドルームではなく、ここが客室のほぼすべてなので、狭いです。ですが、リヤドは邸宅ホテルなので、客室は狭い分、共有スペースで過ごすというのが基本になっています。





■客室の様子②
f0232060_16395166.jpg天井のおしゃれなランプ。星型の彫り物がされています。









■客室の様子③
f0232060_16401951.jpgインテリアは本当に素敵でした。










■ルームキー
f0232060_16411461.jpgこれが部屋の鍵。










■バスルーム①
f0232060_1644344.jpg狭いですが、バスルームもかなりオシャレです。モロッカンな感じ。バスタブはありません。

便器は、洋式。水の流れも悪くありません。あと、モロッコは上下水道が割りとしっかりしているので、推奨はされてませんが、水道水も飲め、かつ、トイレにも紙が流せます。




■バスルーム②
f0232060_16455651.jpg洗面台はこんな感じ。










■アメニティー
f0232060_1647222.jpgマラケシュのちゃんとしたコスメショップのシャンプー&リンス、石鹸。いい香りで、良かったです。









■屋上の様子①
f0232060_16495855.jpg屋上はこんな感じ。白い布がある部分が、抜きぬけで、1階の中庭パティオにつながっています。









■屋上の様子②
f0232060_1652470.jpg毎朝、屋上で朝食をいただきます。










■屋上の様子③
f0232060_16525418.jpgリクライニングチェアもあります。

夕食後、星空を見ながら、毎晩ここで1時間くらい寝てましたw。気持ちいいです。







■屋上のランプ
f0232060_16533580.jpg備品がどれもオシャレ。










■オリバー
f0232060_165709.jpgリヤドブッサでは、2匹の猫を飼っていて、これがエジプトキャットのオリバー。人懐っこくて、舌がいつも出ているw。








■ミニッツ
f0232060_170666.jpgとても美形だけど、人見知りのミニッツ。










■夜の屋上
f0232060_1705942.jpg夜の屋上はこんな感じ。35度近くあって、暑いのですが、ときどき吹く風が心地よい。









■毎晩、休憩w
f0232060_1711153.jpg夕食後、ここで爆睡していると、気づくと、私の上でオリバーも寝ているw。









■月キレイ。
f0232060_1721193.jpg暑くても、やっぱり夜空見ながらダラッと出来るのは、最高。









■記念撮影!
f0232060_1744060.jpgリヤドブッサの帽子をかぶって、記念撮影。

ステキなホテルでした。
by meshi-quest | 2013-09-03 08:07 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ