モロッコに行く。⑥ ~コブラ使いに会う~





マラケシュの町の話をするにあたって、


どうしても外せないのが、「ジャマ・エル・フナ広場」だ。












マラケシュの旧市街「メディナ」の中で、一番大きな広場で、


この広場を中心に、四方八方にクモの巣のような道が広がっている。












「ジャマ・エル・フナ広場」(通称:フナ広場)は、


広くて、いつもたくさんの人がいる。


露店があったり、大道芸人がいたり、朝から晩までお祭り騒ぎをしている。


昼間41度近くまで上がるので、どちらかと言うと夜の方が人が多く、にぎやかだ。













昼間の暑さのうっぷんを晴らすかのように、


夜になって、ちょっと気温が下がるに連れ、


みんなが広場に集まりだし、飲んで、食べて、騒いで、大変なことになってる。












夕方頃、フナ広場に行ったら、コブラ使いがいた。


コブラの前でおじさんが笛を吹いている、アレだ。


ホントにいるんだな・・・。













ちなみに、フナ広場は観光客もたくさん集まるので、


同時に、それを狙ったスリも多い。












確かに、スリやすいよなあ・・・。


あんなに騒いでるし、暗いし。















■今日のカメ

■「ジャマ・エル・フナ広場」
f0232060_23232799.jpg旧市街「メディナ」の中心にある広場。

午前中は、暑いので、まだ人もまばら。夕方から夜にかけて、すごい人になる。







■コブラ使いのおじさん
f0232060_23321137.jpg夕方になるに連れ、広場に大道芸人や見世物をする人たちがいっぱい集まってきます。

初めて、本物のコブラ使いを見ました。
ただ、コブラを従えているか?というと、そんなことはなく、笛とは関係なく、コブラはシャーシャー言いながら威嚇してきますw。







■コブラ
f0232060_23342353.jpgコブラの他にも、ニシキヘビとか、各種ヘビを取り揃えています。

観光客を見かけると、首にヘビ巻きつけてきて、「フォト!フォト!」と言い、写真を撮ると、高額なチップを要求してきます。まあ、コブラ使い見れたんで、多少は払ってあげようと思いますが。







■夜のフナ広場
f0232060_23363688.jpg100軒以上の飲食屋台、大道芸人、わなげや宝釣り、猿回しにコブラ使い、ストリートミュージシャンなど、とにかくすごい人で、お祭り騒ぎです。

これが毎晩行われています。






■飲食屋台だらけ
f0232060_23535942.jpg通路の両脇、すべて飲食屋台。

ただ、どれも同じようなラインナップなので、メニューの差はあまりありません。







■煙だらけ
f0232060_235845.jpgそこら中で、炭火焼の煙が上がっています。










■「No.1アイシャ」
f0232060_2339235.jpg屋台にはすべて通し番号が振られており、『リヤドブッサ』のAliに聞いたところ、「おすすめは、No.1とNo.14だ」というので、どちらも行ってきました。

まずは、No.1の「アイシャ」という屋台。ケバブとか、タジン鍋とか、肉料理メインの屋台です。





■すごい混雑
f0232060_23423031.jpgかなり席数のある屋台ですが、人気あるようで、すごい混雑していました。

店の前に長いテーブルと長いベンチがあり、みんなで相席をします。お店の人に人数を告げると、席に案内してくれます。





■お店の様子①
f0232060_23443220.jpg炭火焼がメインで、牛、羊、鶏などの肉や野菜が並んでいます。









■お店の様子②
f0232060_23454590.jpg魚のフライもありました。










■チキンタジン
f0232060_23472527.jpgまだ美味しいタジンに出会えてないので、チキンタジンを頼んでみました。

ちなみに、モロッコの代表的なパン「ホブス」は着席すると、サービスで持ってきてくれます。






■タジン、アップ
f0232060_23493668.jpgNo.1は美味しいと聞いてたんですが、うーん、そこまでではないなあ。普通。









■チキンケバブ
f0232060_23503636.jpg肉が硬く、これもイマイチかなあ。

ちなみに、屋台と言っても、元々モロッコは物価が高いので、日本円換算でそこまで安くありません。タジンとケバブと、飲み物2つで、1700円くらいかな。





■「No.14 ???」
f0232060_23575692.jpgAliが勧めてくれた、もう1つのお店。名前は分かりませんが、ナンバーは14。









■大人気!
f0232060_2359048.jpgこのNo.14は、魚のフライ専門店。フナ広場の屋台の中でも、ひときわ人気で、席はすべて満席。20分ほど待ちました。

ちなみに、待つのは順番ではなく、食べている人の後ろにピッタリ立って、食べ終わったら、すぐに席に座る。つまり、座ったもん勝ちです。




■アリーナ席
f0232060_033116.jpg調理している目の前のアリーナ席を確保。










■席はこんな感じ。
f0232060_042025.jpg席は窮屈ですが、地元の人に紛れて、一緒に食べるのが、フナ広場屋台の醍醐味。









■テーブルセット
f0232060_051780.jpg最初は、お店の人が、わら半紙と「ホブス」を置いてくれます。あとは、好きなものを注文するだけ。









■色んなフライを頼んでみた。
f0232060_073114.jpgメニューはアラビア語でよく分からないので、目の前のフライを指差して、注文。









■料理①
f0232060_083465.jpg奥がイカのフライ、手前がよく分からない白身魚のフライ。

カラッと揚がっていて、美味しいですが、普通に素揚げなので、まんま素材の味というか・・・。






■料理②
f0232060_0104629.jpgこれもよく分からない白身のフライ。小骨が多かった。









■料理③
f0232060_0113720.jpgパンに付けて食べる焼ナスのペースト。これもまんまナスの味だがw、何にせよ、焼きナスは美味しい。
by meshi-quest | 2013-09-07 08:09 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ