日本橋「仁行 にぎょう」へ行く。





蕎麦に詳しい友達と一緒に、


日本橋にある蕎麦屋「仁行 にぎょう」へ。












最寄り駅からも少し離れた飲食ビルの上にあり、


立地は良いといいにくいが、蕎麦界ではとても有名なお店だそうで、


サラリーマンや買い物帰りのマダムで賑わっていた。













蕎麦は、もりで1680円。


個人的には、蕎麦自体は美味しかったが、


つゆが醤油が強く、あまり好みではなかった。












蕎麦は、元々非常に高価なものだし、


もりの他に、セットで一口お椀蕎麦と小さな甘味が付くとはいえ、


正直、この内容と満足度だと、「値段が高い」という印象になっちゃうなあ。













■「仁行 にぎょう」
http://www.nigyou.sakura.ne.jp/access.html
















■今日のカメ

■「仁行」
f0232060_13553415.jpg銀座線「三越前駅」から徒歩7分ほど。

昭和通りを超えた先にある飲食ビルの4階にあります。







■店内の様子
f0232060_13565268.jpgこの日はカウンターでした。奥にテーブルや個室もあるそうです。









■テーブルセット
f0232060_13574999.jpgテーブルセットはこんな感じ。

お盆や食器は、とても素敵で、いいものを使われていました。







■お椀蕎麦
f0232060_1359683.jpgもり蕎麦セット(1680円)を注文。

まずは、ランチのセットに付いてくるお椀蕎麦がきました。胃を温めて動かす意味があるのだと思いますが、かなり薄めのやさしい味。






■もり
f0232060_1412880.jpgもり蕎麦。量はかなり少なめ。つゆは、醤油が強い印象。









■蕎麦、アップ
f0232060_142287.jpgすぐにくっついてしまうそうで、早めに食べるよう、お店の方から言われました。蕎麦自体は香り良く、美味しかったです。








■甘味
f0232060_1424442.jpgセットに付いてくる豆を使ったミニ甘味。

あまり味がよく分からず、ぼんやりした感じ。イマイチ。
by meshi-quest | 2013-10-01 08:06 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ