吉祥寺「タイ料理 クゥーチャイ」へ行く。





吉祥寺界隈で人気があるタイ料理店、


「KHUCHAI クゥーチャイ」で夕食。












元・ムエタイチャンピオンの日本人オーナー自ら作ってくれるタイ料理は、


ムエタイ修行で長年タイにいらっしゃっただけあって、


本格的で、とても美味しかった。













特に、パッタイは、今年8月にバンコクに行って、


バンコクNo.1と言われるパッタイ専門店「ティップサマイ」で食べたパッタイと、


遜色ないほどの美味しさで、驚いた。












これだけ美味しいタイ料理なので、


個人的にもっと色んなタイ料理を食べてみたかったが、


小さめのお店なので、メニューが少ないのが、ちと残念。











またぜひ伺わせていただきたいと思う。












■「クゥーチャイ」
http://r.gnavi.co.jp/a0bka36r0000/















■今日のカメ

■「クゥーチャイ」
f0232060_12312943.jpgJR吉祥寺駅井の頭口から徒歩1分ほど。バスが通る商店街沿いにあるビルの2階です。道路に出てるピンクの看板が目印。








■かわいらしい階段
f0232060_12325330.jpgカフェっぽい感じのかわいらしい階段を上って、2階へ。









■店内の様子
f0232060_12342258.jpg店内は、オーナーの現役時代の写真やムエタイのポスター、タイのテレビなど、タイ一色。

テーブル席のみで、席数は少なめです。







■ジャスミン茶
f0232060_12355062.jpgタイらしいコップ(お椀?)で登場。










■ラオビール
f0232060_12362531.jpgタイのビール。










■「パッブンファイデーン」
f0232060_12372254.jpg空芯菜の炒めです。本場同様、かなり辛めの味付けですが、とても美味しくできていました。

日本だと、野菜炒めって単品でも食べれるように、優しい味付けになりますが、タイだと、野菜炒めも基本ご飯と一緒に食べるので、野菜料理ほど辛い味付けになってたりしますね。




■「カイチアオ ムーサップ」
f0232060_12405587.jpg豚ひき肉がたっぷり入ったタイ風玉子焼き。ご飯が欲しくなる味。辛くありません。









■芳寿豚の炙り
f0232060_12413554.jpgお店イチオシの名物メニュー「芳寿豚」の炙り(780円)です。









■芳寿豚、アップ
f0232060_12423794.jpg通常、豚は悪玉菌が多いので、生はNGですが、この芳寿豚は上質のマグロよりも悪玉菌が少ないために、生食が可能だそうです。

脂がくどくなく、臭みもなく、かつ、甘味があり、とても美味しい豚でした。





■海老カレー炒め
f0232060_12451717.jpg海老のカレーミルク炒めです(980円)。

レモングラスをはじめとしたタイハーブたっぷりの、タイ料理らしい風味がする一品でした。







■タイ米
f0232060_12465813.jpgタイ料理は、どんどんご飯が進みますねー。










■「ムートード」
f0232060_1247425.jpg豚を自家製のタレに漬け込んで揚げるタイ風豚から揚げ。









■パッタイ
f0232060_12484711.jpgどれも美味しかったですが、特にこのパッタイが美味しかったです。バンコクで本場のパッタイを食べてきたばかりだっただけに、パッタイにはうるさくなってましたがw、これは本場に近く、ホント美味しかったです!
by meshi-quest | 2013-11-15 08:01 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ