六本木「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」へ行く。





六本木にあるインド料理店、


「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」でランチ。












ここは、インド風炊き込みご飯の「ビリヤニ」を看板に掲げ、


本格的なビリヤニを食べさせてくれるお店。












インド料理=カレーのイメージだったが、


新宿のインド料理店「シターラ グローブ」でビリヤニを食べて以来、


ビリヤニがすっかり好きになってしまった。












「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」は、スタッフも全員インドの方で、


かなり本格的なビリヤニが食べれると聞き、期待していたのだが、


正直言うと、うまい、まずいもなく、「食べ慣れない味」が正しい感想。












本当に本格的で、ビリヤニの皿が来た瞬間、


シナモンやカルダモンなど各種スパイスの香りがブワッと広がり、


ビリヤニの中にも、スパイスの原型がゴロッと入っている。












きっと今まで好んで食べていたビリヤニは、


インド料理素人の日本人用にアレンジされたものであって、


本場のビリヤニは極めて強烈な、こんな感じなのかもしれない。













例えて言うと、インド旅行に行ったとして、


初日とかに出てきて、「うわ・・・」と思いながらも、


ずっと朝晩食べ続けていたら、舌が慣れてきて、


1週間後の帰国直前くらいに「あれ、なんかクセになってきたかも」と思うような味。












いつか好きになりそうな気配はあるんだが、いかんせん、味が強烈。


なので、今の段階では、うまいも、まずいも判断が付かないかな。













■「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」
http://r.gnavi.co.jp/gaf5801/














■今日のカメ

■「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」

f0232060_2123183.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウン近くの雑居ビル1階にあります。









■店内の様子
f0232060_2134229.jpgテーブル席のみで、そこそこ席数はあります。










■ランチサラダ
f0232060_2142499.jpgビリヤニセット(1200円)に付いてくるサラダ。上の白いものは、豆腐。









■チキンビリヤニ
f0232060_2151346.jpgビリヤニは、野菜、マトンなどから選べます。

皿が来た瞬間に、かなり強烈なスパイスの香りがします。ボリュームはたっぷり。







■ビリヤニ、アップ
f0232060_2191564.jpgシナモン、カルダモン、ベイリーフ、パクチーなど、スパイスがそのままゴロッとビリヤニの中に入っています。

きっと本場のビリヤニはこんな感じなんだろうなあ・・・と思いながらも、初回は、スパイスの強さに撃沈しました。




■ライタ
f0232060_2113756.jpg甘くないヨーグルトです。ビリヤニにかけて食べると、スパイスの味がマイルドになります。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ