麻布十番「ラパルタメント ディ ナオキ」へ行く。






麻布十番にあるお気に入りのイタリアン、


「ラパルタメント ディ ナオキ」へ。












「旬」の食材が出回る時期にレストランへ行くと、


同じような食材を、同じような調理法で出されることが多く、


おそらく、その調理法が、その食材を食べるのに一番良いから、


色んなお店でそうするんだと思うけど、ちとつまんない。












さて、晩秋。


ジビエやら、栗やら、リンゴやらが出回る時期。











でも、ナオキさんの料理は他とはちょっと違ってて、


私に違う秋を見せてくれた。












■「ラパルタメント ディ ナオキ」
http://www.naokiyokoe.com/














■今日のカメ

■「ラパルタメント ディ ナオキ」
f0232060_23585920.jpg大江戸線・南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。

麻布十番の路地裏にある、飲食複合ビルの4階です。








■テーブルセット
f0232060_00372.jpgおしゃれなテーブルセット。










■赤ワイン
f0232060_003771.jpgまずは、グラスの赤から。










■1品目
f0232060_011837.jpg透明な器にもられたオニオンスープ。










■オニオン、アップ
f0232060_063223.jpg玉ねぎが甘い!!










■2品目
f0232060_072856.jpgいろいろ野菜のバーニャカウダです。










■パン
f0232060_082270.jpg自家製のフォカッチャ。










■3品目
f0232060_085541.jpg肉、魚、野菜の前菜の盛り合わせです。豪華!










■前菜、アップ ①
f0232060_095281.jpg左は、低温ローストした鴨とリンゴ、右はバルサミコ酢で〆たサバ。美味しいー。









■前菜、アップ ②
f0232060_0103869.jpg左は、ゴボウと鴨(だったかな?)、右はタコの煮込みとカリフラワーのムース。









■4品目
f0232060_0124791.jpgイタリアの郷土料理をアレンジしたもの、とのこと。

周りは春巻の皮で、中にちょっとスパイシーな具が入っています。






■5品目
f0232060_0144318.jpgピリ辛のトマトソースパスタ。パスタは、手打ちの生。









■パスタ、アップ
f0232060_016359.jpgトマトの風味が良く、辛さもちょうどいい。美味しい!









■6品目
f0232060_0174488.jpgたらを使った魚料理。

紫色の食用菊が散らばった、美しい秋の盛り付け。








■たら、アップ
f0232060_0185242.jpgグリーンカレーソースを使っていて、くすんだ緑に、菊の紫色が映えます。

料理もとても美味しくできていました。







■グラニテ
f0232060_0202766.jpg梅を使ったグラニテ。口の中がサッパリ。










■7品目
f0232060_0211132.jpgメインの肉料理は、じっくり時間をかけて火を通した鴨肉。









■鴨、アップ
f0232060_0221557.jpgやわらかくて、とても美味しかった!

付け合せには、ぎんなんと栗。








■8品目
f0232060_0242946.jpg黒トリュフをたっぷり使った一口リゾット。










■リゾット、アップ
f0232060_0251439.jpgトリュフの香りがたまらん!!










■デザート
f0232060_0261423.jpg食後のデザートは、ナオキ特製モンブラン。

すごくなめらかで、上のクリームと、マロンペーストと、全部食べると、口の中でモンブランになる感じ。






■銅の粉
f0232060_030288.jpgモンブランのお皿に付いていた絵の具のようなもの。

ナオキさんに聞いてみたら、スペインで買ってきた銅の粉だそうで、最近ヨーロッパで流行りつつある料理素材なのだそう。





■食後のドリンク
f0232060_031846.jpg食後のドリンクと、プティフール。

今日も大満足のコースでした!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ