若松河田「天ぷら 高七」へ行く。





東京女子医大の定期健診のついでに、


女子大近くにある老舗天ぷら屋「高七 (たかしち)」でランチ。












ここは、創業明治17年、現在5代目となる大将が腕を振るう天ぷら屋。


上天ぷら定食と散々悩んで、上天丼に。


たれは、胃もたれしない、すごくやさしい味。


天ぷらの具材も、脱皮したソフトシェルを身に付けた海老や大ホタテ、


栗やふきのとうなど、上品で、繊細。













■「天ぷら 高七」
http://r.gnavi.co.jp/e27y5jeb0000/















■今日のカメ

■「高七」
f0232060_18141011.jpg東京女子医大の最寄り駅である大江戸線「若松河田駅」から徒歩5分ほど。

早稲田へ行く夏目坂通り沿いにあります。







■店内の様子
f0232060_18151615.jpgカウンターと、靴を脱いで上がる座敷のテーブル席。そこそこ席数はあります。









■上天丼
f0232060_18162694.jpg上天丼(1500円)です。香の物、デザート、味噌汁が付きます。









■上天丼、アップ
f0232060_18171560.jpgソフトシェルを付けた脱皮した海老が2本、キス、れんこん、栗、カキ、ふきのとう、大ホタテなど、盛りだくさんです。

たれは、薄すぎず、甘すぎず、濃すぎずで、かなりやさしい味わいでした。上品な天丼。





■甘栗
f0232060_18184310.jpgデザートは、甘栗でした。

甘栗が食後のデザートとして出てくるお店、初めてかも。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ