渋谷「deco」へ行く。





渋谷にあるフレンチレストラン「deco」でディナー。













「deco」は、ミシュランの「ボンヌ・プティット・ターブル」に


掲載されているフレンチレストランで、


室田シェフ自ら銃を持って、猟に出かけ、食材を取ってくる、


ジビエで有名なフレンチでもある。












詳しくは、下記「今日のカメ」を見ていただきたいが、


カウンターに並べられた熟成中の野鳥たちは、圧巻。


一見の価値アリ。












以前、「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國シェフに、


調理前のシャポンを見せてもらったことがあるが


その時も、顔は鳥そのものだったけど、胴体は袋に入ってたからなあ。













こんなにたくさんの野鳥を間近で見たのが初めてで、


なんだかまるで博物館にいるようでした。












料理も本当に美味しくて、


3月にはまたウサギが入荷されるそうなので、


ぜひともまた違う旬のジビエを食べに、伺わせていただきたいと思う。













■「deco」
http://www.deco-hygge.com/deco/















■今日のカメ

■「deco」
f0232060_16565721.jpgJR渋谷駅ハチ公口から徒歩8分ほど。

渋谷FREAKS STOREがある路地裏、イタリアン「ビオディナミコ」の目の前です。







■野鳥ドーン!
f0232060_1731625.jpg色とりどりの野鳥。こんなにたくさんの野鳥を見せてもらったのは初めてです!数週間~1ヶ月熟成中とのこと。








■野鳥①
f0232060_17215550.jpg寒スズメ。眠っているようでした。スズメは体が小さいので散弾銃で捕るらしいです。









■野鳥②
f0232060_1728037.jpgキレイなグレーの羽根の山鳩。










■野鳥③
f0232060_1727126.jpgキジです。










■野鳥④
f0232060_1729396.jpg脂が乗っていて、太ってて、おすすめとのことだったので、この鴨をメインでいただくことにしました。調理法はシェフにお任せ。

ちなみに、1匹10,000円だったかな。






■赤ワイン
f0232060_1730246.jpg肉を食べる気満々だったので、最初からグラスで赤を。









■アミューズ
f0232060_173166.jpgポークリエットです。










■1品目
f0232060_17315545.jpgアラカルトで注文をし、出す順番やタイミングはお店にお任せしました。

まずは、「deco風ミニどら焼き」(750円)。ブレンドスパイスを使った香り良いどら焼きの中に、フォアグラと、無花果のチャツネが入っています。美味しい!




■2品目
f0232060_17353356.jpg「新玉葱のポタージュとツブ貝のソテー ロングペッパーの香り」です。









■ポタージュ、アップ
f0232060_17363893.jpg甘味あるポタージュに、ツブ貝の塩気とペッパーの風味がとても良く合っていました。これも美味しかった!








■パン
f0232060_17374353.jpg香り良く、外側のパリッとした感じと、中のモッチリ感がバランス良いバケットでした。









■3品目
f0232060_1738544.jpg本日のスペシャルな前菜、鴨のテリーヌ。










■テリーヌ、アップ
f0232060_17393942.jpg美しいテリーヌ。身も、臓物も入っていて、ジビエの風味がたっぷり。

もっと詳細を聞いておけば良かったのですが、私はレバーが食べれず(なぜかフォアグラはいけるんですが)、ちょっと超個人的な理由で、レバーっぽさを感じてしまい、正直やや苦手でした。味云々ではなく、個人的な理由。



■4品目
f0232060_17443426.jpgキジのテリーヌ。これも、ちゃんと聞いておけば良かったんですが、なんとなくテリーヌが2つ来るとは思わず、勝手に焼き物のようなイメージがあり、実はテリーヌでした。







■テリーヌ、アップ
f0232060_1745211.jpg最初の鴨よりも食べやすかったのですが、これまた個人的な理由により、苦手でした・・・。好き嫌いがあると、苦労する。








■調理前の鴨
f0232060_174641100.jpg先ほどの羽根の付いた鴨が、羽根を取られ、これより調理に入る前の状態。

ちなみに、慣れている人が取ると、10分くらいで羽根全部取れるそうです。羽根って、きれいに取れるもんなんですね。





■鴨、きた!
f0232060_17502412.jpg先ほどの鴨を2人でシェアしたので、これで半身。

ソースは、鴨の血と赤ワインを使ったソース。いい香り。







■鴨、アップ
f0232060_17512238.jpg味が濃厚で、肉に弾力があり、めちゃくちゃ美味しかったです。

あと、変なこと言うようですが・・・、骨付きのもも肉、曲がった指が傘の持ち手のようで、食べる時に持ちやすかったです。





■5品目
f0232060_17524665.jpg「苺“あまおう”のシャーベット」です。










■シャーベット、アップ
f0232060_17534887.jpg苺の果肉をそのまま潰したような、とろっとした食感の濃厚なシャーベット。美味しい!









■別のデザート
f0232060_17564667.jpgもう1つ別のデザートも頼んでみました。「水晶文旦のプリンとジュレのカクテル仕立て」です。









■水晶文旦、アップ
f0232060_1758177.jpgやや酸味が強めで、スッキリさわやかなデザートでした。濃厚なジビエの後は、これくらいがちょうどいいかも。








■プティフール
f0232060_17592840.jpg濃厚な生チョコ。










■紅茶
f0232060_18034.jpgホットのダージリンティーです。
by meshi-quest | 2014-03-07 08:08 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ