高円寺「豚骨ラーメン じゃぐら」へ行く。





濃厚民族の私が都内で愛している農耕地・・・ではなく、濃厚地が3つある。


そのうちの1つが、高円寺にある極濃ラーメン「じゃぐら」だった。












「じゃぐら」の豚骨は、本当に濃かった。



ドロドロという濃度の濃さだけでなく、


豚の脳みそを砕いて入れているという味としての濃厚さもあり、


「豚骨ラーメン食べたぞ!」と言える、美味しいラーメンだった。












ところが・・・、


「じゃぐら」は臭くて美味しい極濃豚骨路線を止め、


臭みを抑え、味噌を返しに使うことで、まろやかに食べやすくなってしまった。













店長がすごく誠実にその理由と、率直な感想を教えてくださったが、


「店」として経営をしていく上では正しい判断であり、仕方がなかったのだと思う。













とはいえ、濃厚民族として、非常に残念だ。


相変わらず、濃厚であり、まずいわけではないのだが、


正直、今の味は、記憶に残らず、好きな味ではないので、再訪はないかもしれない。













好きな味を守って、お店を応援するためにも、


好きなお店はもっと積極的に行って、もっと食べて、


もっと「美味しい」「好きだ」ということを伝えていかなきゃなあ、と改めて思った。













ひとまず、今まで本当にお世話になりました。


ありがとう、じゃぐら!













■「豚骨ラーメン じゃぐら」
http://jagura.org/
















■今日のカメ

■「じゃぐら」
f0232060_21111917.jpgJR高円寺駅から徒歩12分ほど。ルック商店街をひたすら真っすぐ歩いていった先にあります。









■高円寺No.1の極濃
f0232060_21155080.jpg昔の「じゃぐら」は、高円寺どころか、都内でもNo.1クラスの濃さでした。









■店内の様子
f0232060_21164236.jpg4人掛けのテーブル1卓とカウンター。小さめの店内です。









■豚骨みそラーメン
f0232060_21185759.jpg味噌味になってから、初の「じゃぐら」だったので、トッピングも味玉、追加チャーシュー、メガもやしまで付けてみました。

昔の「じゃぐら」のような、器が来た瞬間から漂う、食欲誘う濃厚な豚骨臭さが無くなり、濃厚民族涙目。




■豚骨みそ、アップ
f0232060_2121459.jpgドロドロさは健在ですが、味噌のせいで、あまり豚骨を感じず、甘味が出て、全体的にまったりとした味になった気がします。味噌ラーメンとして考えると、ちょっと味がぼやけている印象。

好きな味じゃなくなってた・・・(泣)。





■別の豚骨みそ
f0232060_21245718.jpgこちらは、赤オイル(ネギ辛油)を足した大盛り&のり増に、ご飯付き(ライス無料)。
by meshi-quest | 2014-03-19 08:07 | 高円寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ