神楽坂「とんかつ 本家 あげづき」へ行く。




神楽坂近くで用事があったので、


夜、久しぶりに美味いとんかつを食べに「とんかつ 本家 あげつき」へ。













ここは、とんかつにものすごいこだわりがあり、


使っている肉やソースはもちろんのこと、


超低温でじっくり火を通し、鍋を2つに分けて2度揚げをしている。


さらに、1回に鍋に入れる肉の枚数も決まっている。












とても美味しいとんかつなのだが、


人気店で、常に満席の上、席数も少ない。












というわけで、当然めちゃくちゃ混むだけだが、


ある程度、覚悟もしていたこととは言え、


待ち時間1時間、注文してから1時間で、計2時間。


ここまで来ると、正直、いくら美味しくてもなあ・・・


と、ちょっと考えてしまう今日この頃。













さすがに、2時間待ちは萎えた。


美味しいんだけど、ね。













■「神楽坂 とんかつ 本家 あげつき」
http://r.gnavi.co.jp/ga27300/















■今日のカメ

■「とんかつ 本家 あげづき」
f0232060_14552093.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分、東西線「神楽坂駅」から徒歩5分ほど。神楽坂通り沿いの雑居ビルの地下にあります。

着席までかなり待つ上、注文してからも待つので、予約だけでもしておいた方がベター。





■店内の様子
f0232060_14582375.jpgカウンターとテーブル席。席数は少なめで、アルコールやおつまみもあり、席の時間制限がないので、フラッと行こうとすると、とんでもなく待たされます(泣)。







■付け合せ
f0232060_14593814.jpg席待ちに1時間、注文してから1時間で、ようやく定食セット登場。とんかつ料金にプラス380円で、ご飯、味噌汁、自家製ポテサラ、うまきゅう、おしんこが付きます。

もうそろそろ、とんかつが来そうな予感ですが、結局、この後さらに10分くらい待ちました。




■ヒレとんかつとメンチ
f0232060_1531265.jpg肉にこだわり、宮崎県永田種豚場生産の「南の島豚」を使ったヒレとんかつ(1990円)。さらに、自家製メンチも付けてみました(400円)。








■ヒレ、アップ
f0232060_1581773.jpg脂が甘くて、肉もやわらかく、とても美味しいです。衣は、低温調理のせいか柔らかめなので、若干好き嫌いが分かれるかもしれません。








■メンチ、アップ
f0232060_1593812.jpgいわゆるメンチというより、つくね揚げのような感じ。

ちょっと生姜のきいているフワフワの肉団子が揚げられています。個人的には、好み。






■特製ロースかつ
f0232060_151132100.jpgこっちは、特製ロースかつ(2150円)です。










■ロース、アップ
f0232060_15122060.jpg南の島豚は、脂が甘くて、重くなく、食べやすいですね。ジューシーで、美味しいとんかつでした。
by meshi-quest | 2014-04-22 08:02 | 神楽坂
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ