西荻窪「CURRY BAR シューベル」へ行く。





今年3月にオープンしたばかりのカレ屋、


「CURRY BAR シューベル」へ。













元バンドマンの店主が作るこだわりのカレーがウリで、店内には常に音楽が流れ、


「CURRY BAR」とあるように、カレーやサイドメニューをつまみに酒も飲める。













カレーは、よくここ「メシクエ」でも書かせてもらっているように、


かなり趣味性の強い料理であり、嗜好品に近いと思っており、


それぞれの好みで判断が必要かと思うが、


個人的な意見としては、美味しくはできているが、


特筆すべきところはなく、普通かなというところ。


カレーの持つ中毒性のようなモノが感じられなかった。













ただ、夜中1時ラストオーダー、2時までというは、かなり魅力的。


夜中にチェーンではなく、ちゃんとしたカレーを食べたくなった時に。













■「CURRY BAR シューベル」
https://twitter.com/currybarshubell
















■今日のカメ

■「シューベル」
f0232060_11555755.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩8分ほど。神明通りを荻窪方面に歩き、ちょっと路地に入った半地下のビルにあります。








■店内の様子
f0232060_11563370.jpgカウンター6席ほどと、後ろに小さなテーブル1卓。席数は少なめです。









■「瞬殺サラダ」
f0232060_11575569.jpg美味しくて瞬殺されてしまうという「瞬殺サラダ」(400円)。

甘味ある自家製にんじんドレッシングが美味しかったー。






■ラッシー
f0232060_11594073.jpg「こだわりのラッシー」(500円)。生乳とヨーグルトとハチミツをミキサーにかけて手作りしているようだったが、牛乳のニオイと水っぽさ、ハチミツの味が全面に出てしまい、ラッシーとしてはイマイチ。量と味考えてもちょっと高いかな。

手作りラッシーを作るときには、各材料の味が全面に出過ぎない、まろやかな材料を使うのと(特にハチミツ)、混ぜ合わせる分量のバランスが大事。


■から揚げ
f0232060_1233195.jpg大山鶏を使ったスパイシーから揚げ(600円)。自家製スパイス塩付き。

温度が低いのか、ちょっと外側がやわらかめ。味は普通かな。






■チキンカレー
f0232060_1253564.jpg季節の野菜の素揚げを乗せたチキンカレー(900円)にチーズトッピング。

欧風なスパイシーカレー。美味しくは出来ていますが、ここならではというのがあまり感じられなかったかな。





■キーマカレー
f0232060_1265341.jpg茄子とプチトマトのキーマカレー。

これも美味しくはできていますが、中毒性があるハマる何かはなかったかな。
by meshi-quest | 2014-06-05 08:09 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ