八景島「かりんの木」へ行く。





話せば長いことながら、


流れ流れて、本日は八景島にて穴子料理を食べている。













エンターテイメント業界で、プロデューサーのような仕事をしていると、


ありがたいことに、毎日がハチャメチャで、訳分からないことが起き、


辛いことあれど、私を飽きさせずに、なんだかんだ言って、楽しませてくれる。













自宅を改装したというお店は、まさに家そのもので、


なんだか伊豆の旅館でも来た気分になり、


勝手に夏休みに突入した気分になってしまい、


調子に乗って、ご飯をお代わりし、2杯飯をいただいた。


そんな八景島の夜。













■「かりんの木」
http://r.gnavi.co.jp/e8jrf2f70000/
















■今日のカメ

■「かりんの木」
f0232060_18283491.jpg金沢シーサイドライン「海の公園南口駅から徒歩5分ほど。

完全に見た目は住宅で、しかも同じ形の住宅が並んでいる真ん中付近にあるので、最初は見逃してしまい、迷いました。





■店内の様子
f0232060_1831355.jpg玄関入って、畳敷きの居間に通された感じ。










■穴子御膳
f0232060_18321663.jpg白焼き、天ぷら、煮穴子の3種の穴子料理に、ご飯、お味噌汁、小鉢が付く御膳。2,000円飯はお代わり自由。








■穴子アップ
f0232060_18333027.jpg地元の柴漁港で取れた江戸前の穴子を使っているとのこと。

臭みはありません。さすがに家庭料理なので、鮨屋とかの本格的な穴子と比べてしまうと、焼き加減は落ちますが、家庭料理としては美味しかったです。





■小鉢アップ
f0232060_18351837.jpgいい意味で、家庭のおかずです。










■甘味
f0232060_1835576.jpg食後に葛餅が出ます。










■八景島
f0232060_1837199.jpg暗くて見にくいですが、東京湾。目の前の明かりは、八景島シーパラダイス。
by meshi-quest | 2014-09-14 08:01
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ