カッパドキアへ行く。④ ~スープが強烈だった話~






カッパドキアは、想像のちょっと斜め上を行く広さだった。













初めは勝手なイメージで、


奇岩がある場所の周りにホテルや土産物が群生する、


どちらかと言えば、小規模な観光地を想像していたが、


見渡す限り、ものすごい奇岩地帯で、とにかく広い。













よくよく考えてみると、カッパドキアの奇岩は、


エルジエス山の噴火によって出来たものであり、


山の噴火が作る規模と考えれば、小さいわけがなかったのだが、


なんか勝手に小規模な気がしていた。













カッパドキアと一口に言っても、


実は、「ギョレメ」、「ウチヒサル」、「ユルギップ」という


3つの町を中心としたエリアに分かれていて、


この町の間は歩けるような距離になく、車で10~15分かかる。


一応、町と町を結ぶシャトルバスが出ているが、


1時間に1本なので、移動はそんなに容易ではない。













3つのエリアのうち、一番栄えていて、


有名なホテルも多く、ガイドブックにもよく出るのがギョレメだが、


滞在先のホテルによる偶然とは言え、


静かでのどかな町のユルギップで、個人的には良かったと思っている。












ギョレメにも1時間1本バスを捕まえて行ってみたが、


かなり観光地ナイズされていて、あまり面白くなかった。


その点、派手さはないが、ユルギップにはカッパドキアらしい生活が残っていて、


町の人も観光というより、そこで普通に生活している感じで、


個人的には、こっちの方が好きだった。













ちなみに、ユルギップの町の人に勧められたレストランで注文した


ヨーグルトスープの味が強烈で、目玉から何か出そうになった。


辛いわけではなく、とにかく強烈な味なのだ。


食べなれていないこともあるのだが、私は超絶苦手だった。


それ以外の料理は、まあまあ美味しかったんだが。

















■今日のカメ

■ユルギップ
f0232060_15235864.jpgユルギップの町の中心部。ランドマークの時計台。










■町の様子
f0232060_15264352.jpg大通りがいくつか通ってて、その周辺にレストランや土産物屋が多数並んでいます。

スーパーも両替所もあるので、ここに来ると、何でも揃います。






■ドライフルーツ屋
f0232060_15281679.jpgトルコ人は、好んでドライフルーツをよく食べるので、町のいろんなところにドライフルーツ屋があります。








■フルーツいっぱい。
f0232060_15292562.jpgこんな感じで、店先で干されています。










■アンティークショップ
f0232060_15303595.jpgユルギップの路地裏を歩いていた時に見つけたアンティークショップ。

ショーケースに入っていた品物や、飾っていたドレスがすごく良かったので、入ってみることに。






■店内の様子①
f0232060_15322927.jpgトルコの古いアクセサリーから、ゲームに出てきそうな短剣や杖、トルコ近隣諸国のアンティーク雑貨なども多数。








■店内の様子②
f0232060_15335893.jpgアンティークドレスとかもたくさん合って、センスが良いお店でした。









■交渉用のチャイ
f0232060_1535994.jpgトルコでは交渉が始まると、チャイが出てくると聞いていましたが、ホントでした(笑)。

ちょっと気になった服があり、値段の交渉を始めたら、チャイが登場。おもてなしの一環で、サービスなので、「飲んだら買わないと・・・」とはあまり考えずに、ありがたくいただくべし。




■店主のおじさん
f0232060_15392447.jpg無事交渉終わり、売買成立。

日本にも来たことがあり、日本が好きという店主のおじさんは、トルコ民族楽器のプロミュージシャンで、サービスで1曲弾いてくれました。さすがプロというか、すごくいい曲でした。





■これ、買ったー。
f0232060_15414939.jpgトルクメニスタンの王族のアンティークマントです。肩にかけて、羽織って着ます。

トルコじゃねーのかよ!というツッコミは、おいておいてくださいw。






■後ろはこんな。
f0232060_15431672.jpg通常、手を通すべき腕の部分が後ろ手に縫い付けられています。とても面白いデザインの服。

いつか日本でコレ着て現れた時は、どうか温かく迎えてくださいw。






■スーパー
f0232060_15463170.jpgユルギップの町にあったスーパー見学。










■店内の様子①
f0232060_15482539.jpg大量のスイカ!










■店内の様子②
f0232060_15491064.jpgオリーブだらけ。

外人さんが浅草とかで佃煮やを見た時にも、同じように見えるんだろうなあ・・・。







■店内の様子③
f0232060_15495270.jpgトルコ人の主食「エキメッキ」(太めのフランスパン)が大量に売られています。

国民への食の安定供給のためか、この「エキメッキ」はトルコ政府により、金額も、材料も、製造工程もすべて統制されているそうで、どこで買っても同じ値段、同じ味です。





■店内の様子④
f0232060_15531243.jpg朝食でもたくさん出ていましたが、加工肉が好きなようで、ハムやら、ソーセージやらが充実していました。








■店内の様子⑤
f0232060_15552022.jpgとにかくトルコでは、なんでも料理にヨーグルトを使います。マヨネーズや生クリーム代わりで、スパイシーな味付けを和らげてくれます。

なので、スーパーでもいろんな種類のヨーグルトが幅をきかせています。





■バケツヨーグルト
f0232060_1557985.jpgこの量のヨーグルトを買っていっても、すぐ使っちゃって、無くなるそうです。









■「EHLIKEYF」
f0232060_15582322.jpg地元の人に、この辺で美味しいレストランはないかと聞いて、教えてもらったお店。









■店内の様子
f0232060_155932100.jpg客席は2階。割りと広くて、オシャレな感じ。英語のみ。









■パン
f0232060_160135.jpgサービスのパン。ここでは、トルコでよく食べる「エキメッキ」ではなく、モロッコやエジプトでよく食べる「ホブス」という平べったいパンに近かった。かなり美味しかった。

パンに付けるブラックオリーブのペーストとかもよく出来ていました。




■メゼの盛り合わせ
f0232060_1682338.jpgトルコでは、メゼ(前菜)が欠かせないようで、種類も豊富。味が強いので、パンに付けて食べたりします。

種類がいっぱいあったので、迷ったときは盛り合わせw。1400円くらい。





■メゼ、アップ①
f0232060_16113637.jpg「パトルジャン・エズメスィ」という焼き茄子にニンニクやビネガーなどを加えて味付けしたもの。

ちょっと酸味が強めでしたが、茄子好きなので、結構好きな味。






■メゼ、アップ②
f0232060_16142271.jpgトルコではポピュラーなメゼの1つで、「フムス」。ヒヨコ豆のペースト。









■メゼ、アップ③
f0232060_16153037.jpgこれもポピュラーで、「アジュル・エズメ」。トマトとニンニクと唐辛子を和えたもの。









■ヨーグルトスープ
f0232060_16172037.jpgこれは、あかーーーーん!!

ヨーグルトに歯磨き粉を大さじ2くらい入れて、温めたような味がします(泣)。超苦手。







■ケバブ①
f0232060_16183066.jpg牛肉のケバブの上に、揚げたポテトとヨーグルトをかけたもの。

まずくはないが、ちょっと牛肉硬めかな。







■ケバブ②
f0232060_16214220.jpg羊肉のケバブ。トルコでは、羊肉をよく食べます。上には、安定のヨーグルト。

ちょっと羊が硬く、臭みあるかな。







■デザート
f0232060_16224639.jpgサービスで出してくれたライスプティングと、トルコアイス。これが超絶甘くて、卒倒レベルなのですが(苦笑)、ご厚意だったので、いただきました。

ちなみに、このレストランに限らず、トルコはホント親日で、色んな場所でみんな日本人に優しかったです。
by meshi-quest | 2014-10-17 08:02 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ