カッパドキアへ行く。⑤ ~トルコ人宅に招かれた話~






トルコは、ホントに親日家だ。













多少、人にはよると思うが、今回のトルコ旅を通じて、


思わず、ちょっと親切の裏を疑ってしまうほどに、


みんな日本に興味があり、日本人に積極的で、かつ、親切だった。














先に、絶大な信頼を寄せている「aruko アルコ」の地図がダメだった話をしたが、


「aruko アルコ」のせいにするつもりはないが、初日に道に迷った。


そもそも、ホテルが地図上にないので、現在地も分からないし、


町の中心部に出る方法が分からなかった。













後に、実はホテルから一本道で中心部に出れることが分かるのだが、


地元の人に声をかけてみるも、英語話せる人が少なく、


逆にこっちも土地勘がないため、どうも話がかみ合わない。


奇岩に囲まれ、泣きそうな気持ちで、町をうろついていた。













ちょっと余談だが、私を知る人にはいつものことなのだが、


日差しに弱く、外を出歩く時は、ほぼ常に日傘を差している。


日傘という文化は、海外ではかなり物珍しく映るようで、


海外でも当然日傘を差しているのだが、


雨降ってないのに傘差しているアジア人ということで、


しょっちゅう、ガン見されるか、笑われるかする。














ただ、逆に、この日傘が日本人を象徴しているようで、


道に迷ってウロウロしていた時に、遠くから流暢な日本語で


とある白髪のトルコ人のおじさんに声を掛けられた。













海外だと、どうしてもこの手の行為に警戒をしてしまうのだが、


ちゃんと町の中心部まで連れて行ってくれた上、


チャイもご馳走してくれた上、レートの良い両替所まで連れて行ってくれた。


そして、そこは宝石商がやっている両替所で、


実際他のどこよりも、レートが良かった。













このおじさん、実は絨毯屋のご主人で、


絨毯のビジネスで日本にも何度も来日しており、前・奥様は日本人。


ユルギップにも店があるということでお邪魔してみたが、


とても立派な絨毯と雑貨のお店だった。













私たち以外にも、本日困っていた日本人を助けたようで(笑)、


仲良くなって、今晩自分の家でご飯を食べることになったので、


一緒にどうか?というお誘いをもらった。













普通だったら、丁重にお断りしているところなのだが、


1時間近く話して、特に怪しさも感じられず、


何より、トルコ人家庭料理が食べれるという好奇心が勝り、


ありがたく招待を受けることにした。













待ち合わせは、夜の7時半。


日本人らしく、途中で見かけたワイン屋で赤ワインを購入し、


手土産持参で、夕食会に行ってきた。













絨毯屋のスタッフが作ってくれた羊の煮込み料理は、


めちゃくちゃ美味しくて、完食させていただいた。













ついでに、良い絨毯の見分け方の講義を受けるという貴重な体験もし、


私の「じゅうたん」というパラメータが30くらいは上がっている。


もし絨毯購入で迷われることがあれば、私に一声お掛けください。

















■今日のカメ

■ホテル前の夕焼け
f0232060_16524711.jpg午後6時くらいのホテル前の様子。

周りの洞窟ホテルや洞窟レストランに明かりが灯り始め、幻想的です。







■「EFENDI」
f0232060_1654657.jpgトルコはイスラム国家ですが、トルコ人はよく酒を飲みます。

手土産に、ホテル近くのワインショップでワインを買うことにしました。






■おしゃれな店内
f0232060_16564020.jpg店内も洞窟風。

ワインはよく分からないので、英語で「本日トルコ人のお宅の食事会に招かれてまして・・・」と説明し、おすすめの赤ワインをいただきました。3000円くらいだったかな。





■ユルギップの夜①
f0232060_1658468.jpgユルギップの町の繁華街の様子。遠くの紫色にライトアップされているのが、ランドマークの時計台。









■ユルギップの夜②
f0232060_170421.jpg夜の方がにぎやかです。遅くまでやっているお店も多いです。









■セルチュクさん
f0232060_1723767.jpg今回、ユルギップでは色々とお世話になり、食事会にもご招待くださった「シルクロード」の店主、セルチュクさん。








■地下の様子
f0232060_174815.jpgお店は、基本無休で遅くまでやっているため、食事は店で食べているとのこと。

今回は、地下の絨毯売場にテーブルを置いていただくことになりました。






■テーブルセット
f0232060_1755139.jpgテーブルセットはこんな感じ。さすが、絨毯屋さんだけあって、テーブルクロスも絨毯。

私たちの他に、2人の若い日本人男の子2人組みが招待されていました。






■ワインの準備
f0232060_178148.jpgセルチュクさんがワインの準備をしてくれています。









■手土産ワイン
f0232060_178394.jpg私たちが持ってきた赤ワイン。

ワイン屋で選んでもらったので、当然知らないで持ってきていますがw、「ウチヒサル」というトルコで人気のある赤ワインだそうです。






■パン
f0232060_17102280.jpg面白い形のパンです。フワフワしていて、食べやすいです。









■メインディッシュ、きた!
f0232060_17113250.jpg石鍋(?)で作った羊のトマト煮込みだそうです。










■鍋アップ
f0232060_17124094.jpg茄子、トマト、唐辛子、ニンニク、羊肉など。いい香りです。









■取り分け中
f0232060_17133667.jpg今回料理を作ってくれた絨毯屋のスタッフの方が取り分けをしてくれました。









■美味しい!!
f0232060_17144152.jpgお世辞ではなく、ピリ辛でホント美味しかったです。









■ご飯も準備。
f0232060_17153786.jpg日本人はご飯がいいでしょう、とわざわざ白米も用意していてくれました。

確かに、このトマト煮込みは、ご飯でいただきたい!






■絨毯講座
f0232060_17161869.jpg食後に、トルコ絨毯とペルシャ絨毯の違いから、絨毯の種類、良い絨毯の見分け方など、滅多に聞けない絨毯のお話を聞きました。

たぶん、日本でも多少の絨毯は見極められる・・・はずっ!





■シルク絨毯①
f0232060_17192280.jpg模様も細かく、超高級なシルクの絨毯。










■シルク絨毯②
f0232060_17201156.jpgこれもシルク。触らせてもらいましたが、肌触りが全然違う!
by meshi-quest | 2014-10-18 08:04 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ