カッパドキアへ行く。⑥ ~トルコアイスが伸びない話~






カッパドキアは、とても広く、大きく3つのエリアに分かれていて、


そのうちの「ユルギップ」というのどかな町に滞在していたことは、


先にお伝えした通りだが、1日だけバスに乗って、


「ギョレメ」という繁華街にも行ってきた。













「ギョレメ」までは1時間に1本、町と町を結ぶシャトルバスが出ていて、


ユルギップからギョレメまで約15分、3トルコリラ(約150円)で着く。


文章で書くと、あっという間の話なのだが、


この情報を得るまでが、本当に大変だった。













まず、そもそもシャトルバスがあること、


どこで捕まえるのか、いつ来るのか、いくら払うのかが分からない。


何度も何度も、地元の色んな人に聞きまくったが、やっぱりよく分からなかった。













ただ、今回は非常にラッキーで、


食事会に招いてくれたトルコ人セルチュクさんが、


カッパドキアのバス事情を丁寧に日本語で教えてくれたので、


色んなことが分かった。













カッパドキアのバスは、いわゆる「バス」ではなく、


大型のワゴン車のような形状で、


パッと見、観光のツアーワゴンと見分けが付かない。













実は、道を通っている時に手を上げると自由に止められるらしいのだが、


バスの判別が付きにくいので、観光客は町の中心部にある


始発が出る場所からちゃんとバスを待っていくのがいいらしい。













後払い制で、運賃チケットのようなものはなく、


降りる時に、直接手渡しで運転手さんにお金を払う。













・・・と、まあ、分かってしまうとなんてことないんだが、


ここまでを、異国の地で、異国語を使って、


異国の人から聞きだすのがどれだけ大変なことか。


ホント、毎日がクエストだ。














ちなみに、繁華街ギョレメで、念願のトルコアイスを注文してみた。


日本のCMで見た、噛みまくったガムのように伸びるアイスを期待していたが、


全然伸びなかった上に、あまり美味しくなかった。


















■今日のカメ

■「ギョレメ」
f0232060_23471077.jpgカッパドキアの中で一番の繁華街。

繁華街と言っても、新宿や渋谷のような町ではなく、お土産物屋やオシャレなカフェやレストランが多いというくらい。人気ホテルも多数このエリアに集まってる。





■トルコアイス屋
f0232060_2350143.jpg町のいたるところに、韓国客向けのトルコアイス屋さんがあります。

アイスを練るパフォーマンスを観光客に見せるのがウリなので、どこのアイス屋さんも派手な衣装を着ています。





■「ドンドゥルマ」
f0232060_23542283.jpgトルコでは、アイスのことを「ドンドゥルマ」と言います。

サーレップというでんぷん質が含まれているため、日本のアイスより粘り気があり、モチモチしていて、ちょっと溶けにくいです。





■あんまり伸びない。
f0232060_23554460.jpgアイスを振り回して見せてくれるのですが、あんまり伸びない。









■2色アイス
f0232060_23564054.jpgピスタチオとフランボワーズ。激甘。喉が渇く味。250円くらいだったかな。









■ジュース屋
f0232060_001341.jpgオレンジやリンゴの生絞り。

変わったものとしては、ザクロ。トルコでは、よくザクロジュースを飲みます。







■絨毯屋
f0232060_002259.jpg店の壁一面に飾られた絨毯。










■ひょうたん屋
f0232060_031248.jpgひょうたんを加工して、ランプにして売っているお店。









■ひょうたんおじさん
f0232060_04540.jpgなかなか味のある顔したおじさん。










■乗りたかった・・・。
f0232060_051066.jpgギョレメで観光客に人気の4輪バギーに乗って奇岩の間を走るツアー。

すごくやりたくてツアー会社に行ったら、運転免許がいる(日本のでも可)と言われ、断念。でも、後々調べてみると、事故っても文句言いません的な誓約書にサインすると、免許無しでも乗れた模様。悔しい・・・。



■「My Mother's」
f0232060_073952.jpgギョレメの見晴らしの良い高台にあったカフェレストラン。2階のテラス席でランチをすることに。









■テラスの様子
f0232060_0103941.jpgかなり空いていたので、サービスや味的に心配だったのですが(笑)、美味しいお店でした。









■いい眺め!
f0232060_0121964.jpgテラス席からギョレメの町が一望できます。










■テーブルセット
f0232060_0132028.jpgサービスのパンと、ナイフ&フォーク。










■焼き茄子のメゼ
f0232060_0141443.jpgユルギップのレストランで食べたものより、ここの焼き茄子のメゼ(前菜)の方が酸味が抑えられていて、美味しかったです。

かなり好きな味。






■テイスティーケバブ
f0232060_0172828.jpgカッパドキア名物の「テイスティーケバブ」。

素焼きの壺の中で煮込んだトルコ風ビーフシチューです。







■中はこんな感じ
f0232060_0183311.jpgちゃんとしたお店だと、素焼きの壺をトンカチで叩き割って、中を出すのですが、観光地では壺を洗って何度も使うようで、割らずに蓋を開ける。

味はちょっとスパイシーなビーフシチューという感じで、美味しかったです。





■ご飯と共に。
f0232060_0213182.jpgテイスティーケバブは、ご飯ととてもよく合います。うまうま。









■チーズキョフテ
f0232060_0224076.jpgトマトソースで煮込んだキョフテ(トルコ風ミーとボール)の上にチーズをかけて焼いたもの。









■キョフテ、アップ
f0232060_0325681.jpg元々、ミートボール系は大好きなのですが、このキョフテ、とても美味しかったです。









■お会計
f0232060_0233541.jpg小さな宝箱がテーブルに置かれたので、開けてみると、なんとお金が・・・ということはなく、会計のレシートが入っていました。ここに代金を入れて、渡すシステム。

ちなみに、表向きチップがない国となっていますが、実際は、代金の10%くらい要求してくる店もあります。渡すかどうか、値段含めて、気持ちで。



■シャトルバスの中
f0232060_0255097.jpgこんな感じのワゴン車のようなものに乗って、町を行き来します。

一応、タクシーもあるようですが、あまり見かけませんでした。
by meshi-quest | 2014-10-19 08:02 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ