イスタンブールへ行く。① ~ケバブでぼったくられた話~






3日間の滞在を終え、カッパドキアからイスタンブールへやってきた。


カッパドキアからイスタンブールへは国内線で約1時間だ。













イスタンブールは、トルコで1、2を争う大都市で、


東ローマ、オスマントルコ時代はコンスタンティノープルとも呼ばれていた。


世界史で習ったなあ、この長い名前・・・。


ちなみに、トルコの首都だと思っている人が多いようだが、


トルコの首都はアンカラなので、首都ではない。













さて、今回はすごい強行スケジュールで、


イスタンブールに入ったのが土曜日だったのだが、


見に行きたかった「グランバザール」というPARCOのセールみたいな市場が、


なんと日曜休みなので、着いた初日に駆け足で行かねばならなかった。













しかも、バッゲージクレームで荷物が全然出てこず、


イスタンブールが、天気悪く、雨が降っており、


本来は、東京と緯度が一緒で、ちょうどいい感じの気温のはずが、


大寒波が来ていて、コート着たくなるほどの寒さだった。













そんな悪条件の中、ホテル着いて、荷物投げ出し、


なんとか地図を見ながらグランバザールまでたどり着き、


一応の目的を果たして、ふー、ちょっと腹空いたから飯でも食うかと、


近くのレストランでケバブを頼んだら、ぼられた。


f0232060_19391834.jpg























イスタンブール自体、そもそも物価高いのだが、


英語表記がされていたメニューの欄外に、


ここだけトルコ語のみの注釈が書いており、


どうやら、飲食代、国家公認の消費税に、さらに25%のサービス料を取ると言う。














すざけんなーーーーーーーー!!!!!


英語でかなり文句を言ったが、もうどうすることも出来ず、


私の人生のケバブ価格を軽く更新する、5000円払った。













そんな腹立つ初日に、滞在先のホテルでさらなる腹立つことが起き、


散々なイスタンブール初日だった話は、つづく・・・。

















■今日のカメ

■アタテュルク空港
f0232060_18492457.jpgバッゲージクレームで荷物が全然流れてこず、すでに1時間押し。

ここからイスタンブール旧市街まで、約40分だが、渋滞がひどく、1時間くらいかかった。






■旧市街の街並み①
f0232060_18545844.jpgトルコと聞いて、勝手にモロッコっぽい、アラビアンな街並みを想像してましたが、思った以上にヨーロピアンな感じ。

失礼ながら、かなり発展している大都市で、驚きました。





■旧市街の街並み②
f0232060_1859273.jpg町中をトラム(路面電車)が走っているのですが、これが超便利でした。









■旧市街の街並み③
f0232060_1903163.jpgこのヨーロッパっぽい街並みの中に、ひょっこりモスクの丸い頭が顔出しているのが、トルコっぽい。









■いざ、グランバザール
f0232060_1914292.jpgグランバザールは、1461年にメフメット2世が王宮横に市場を作ったのが始まりで、現在は、お土産物屋など4400店舗以上が並ぶ大きなショッピングモールです。







■ここが入口
f0232060_1943452.jpg入口はグランバザールの周りにいくつもあり、ここは、No.5とナンバリングされた入口。









■バザールの様子①
f0232060_1982011.jpgアーケード状の作りの細道両側に店がびっしり並んでいて、道は入り組んでいます。人もいっぱい。









■バザールの様子②
f0232060_19103687.jpg建物自体は、かなり古いです。写真撮るには、フォトジェニックですが。









■ランプ屋
f0232060_19113661.jpgトルコランプ「オットマン・ランプ」を売るお店。

ランプ、すごくキレイなんですが、結局、買っても、家の全体の雰囲気と合わないし、断念しました・・・。






■衣装屋
f0232060_19135740.jpgベリーダンスの衣装を売っているお店。










■陶器屋
f0232060_19144665.jpg陶器はいくつか自分用と、お土産用に購入しました。









■「シャルク・カフヴェスィ」
f0232060_19174026.jpg50年以上続く、バザール内の老舗カフェ。

ここで、ちと休憩。








■店内の様子
f0232060_19185163.jpg信頼を寄せている「aruco」にも載っていたが、おそらく海外のガイドブックでも紹介されているようで、とても混んでいる。店内席数も多いのだが、実質、この量を2名のおじさんスタッフで回していて、すごいな。






■チャイ
f0232060_19213999.jpgトルコのチャイ(紅茶)は、ここに限らず、この量で出てくることからも分かるとおり、渋くて、濃いです。

日本でもヘルシアがちょうどいい濃さの私は、個人的にかなり好みの渋さなんですが、人によっては、きついかも。




■ここでぼられた。
f0232060_19233853.jpgグランバザールNo.5出入口横にある、このケバブ屋で高額料金を払わされました・・・。

まあ、トルコ語で書いてあったと言われればそれまでですが、全体のさらに25%はないし、最初に言ってくれればいいのに。聞いてたら、当然入らなかったけどさ。




■店内の様子
f0232060_19274576.jpgケバブ屋の目の前に屋根が付いたテラス席があります。









■ケバブ
f0232060_1929378.jpg手前が鶏肉、奥が牛肉。










■ポテトも入れる。
f0232060_19294930.jpg日本のケバブと違い、トルコのケバブは、野菜の他にフライドポテトも挟みます。









■ケバブ、きた。
f0232060_19304649.jpg半分に切ってもらい、取り分け。これが、ぼられたケバブです(苦笑)。

これの1本分と、オレンジジュース×1、水×1、ケバブソースだけで、約5000円。まずくはなく、なかなかの味でしたが、ケバブ5000円はないわー(泣)。





■ソース
f0232060_19322299.jpgケバブに付けるソース。赤いのはトマトとニンニクのスパイシーソース、白いのはヨーグルトとディル。

トルコでは、やたらトマトとヨーグルトを食べますが、ケバブにこの2つのソースがとても合います。
by meshi-quest | 2014-10-22 10:04 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ