イスタンブールへ行く。⑧ ~濡れバーガーがマズい話~






イスタンブールは、大きく3つに分かれている。


私が滞在していた旧市街
と、新市街と、アジア側の3つだ。














去年の夏くらいに、連日イスタンブールはニュースになっていて、


軍隊と民間人の衝突があり、日本から渡航禁止にもなっていた。


その戦闘の中心になっていたのが「新市街」と呼ばれる、


若者が多く集まり、日本の銀座と新宿と渋谷を混ぜたような場所だ。













もうイスタンブールは落ち着き、こうして渡航も出来るわけだが、


新市街がどんな町なのか見てみたく、行ってきた。













旧市街と新市街は、金角湾を挟んで、ガラタ橋という大きな橋で結ばれている。


歩いても渡れるし、トラムでも行ける。













新市街は、さすが「新」と付くだけあって、


旧市街にあったような昔ながらのお菓子屋や定食屋は少なく、


有名ブランドの路面店があったり、大型デパートがあったり、


おしゃれなカフェや雑貨屋もあり、若者が多かった。












荒れているわけではないが、どこか空虚感のようなものを感じ、


温かみのない、よそよそしい町に感じた。














ホテルは旧市街側に取っておいて、良かったなあ。


なんか落ち着かないや、この町。














ちなみに、私が信頼を寄せている「aruco」によると、


いま、新市街の若者の間で、「濡れバーガー」なるものが大流行しているらしい。


「ウスラック・ハンブルゲル」という名前のハンバーガーなのだが、


あえて濡らすという、そんな奇怪なバーガーは、ぜひとも食べてみたい。













「流行っている」ということで、新市街のどこにでもあるのかと思ったら、


これがまた全然見つからず、ガセネタなのではないかと不安になる。


本当に流行っているのか・・・?












やっと1軒見つけて、買ってみる。


確かに、店はそこそこ混んではいたが、流行ってるほどではなさそう。













そして、案の定、そんなに美味しくない。


ハンバーガーは、濡らしてはいけないという結論に至った。

















■今日のカメ

■「カラキョイ駅」
f0232060_23354452.jpg新市街の入口にあるトラム(路面電車)の駅、「カラキョイ駅」。

新市街は、タクシーも多く、トラムだけでなく、地下鉄も走っています。






■ガラタ塔へ向かう。
f0232060_2337767.jpg新市街のランドマーク「ガラタ塔」へ向かう細道。かなり急な坂で、また足腰をやられる。

両脇に、おしゃれな若者向け服屋や雑貨屋が並ぶ。







■落書き、いっぱい。
f0232060_2340371.jpg旧市街ではほとんど見かけませんでしたが、新市街はいたるところに落書きがありました。









■ガラタ塔
f0232060_23424983.jpg6世紀初めに建てられた高台にある監視塔。67m。中の展望台に入ることもできる。

地元の人のデートスポットらしく、中に入るまでに行列が出来ていたので、断念。






■「メトロ・シシハーネ駅」
f0232060_23445528.jpgせっかくなので、地下鉄に乗って移動してみることにしました。ここが地下鉄駅の入口。









■地下鉄
f0232060_23455634.jpg普通の地下鉄。あんまり日本の地下鉄と変わりなく。









■「タクスィム広場」
f0232060_2350154.jpg地下鉄、バスターミナル、トラム、なんでも揃う新市街の交通の要所。









■「共和国記念碑」
f0232060_235159.jpgタクスィム広場にある共和国記念碑。

献花がされていますが、このあたりが去年軍隊と民間で衝突があったところ。







■「イスティクラール通り」
f0232060_23534534.jpg新市街にある一番の繁華街。銀座三越前の通りみたいな感じ。

有名ブランド路面店、スタバなど外資の飲食店、おしゃれカフェや大型デパートなどが並ぶ。






■濡れバーガー屋
f0232060_2357635.jpgイスティクラール通りをだいぶ歩いて、ようやく1軒発見。









■店内の様子
f0232060_235936.jpg濡れバーガーのファストフード店で、濡れバーガーにポテトとコーラみたいなセットも売っている。









■「ウスラック・ハンブルゲル」
f0232060_23575554.jpgハンバーガーがスチームで温められてる!










■濡れバーガー、アップ
f0232060_00854.jpgしなびたパンに、ハンバーグが挟まっています。野菜はなく、ソースもなく、この濡れた液体(?)に薄めたケチャップみたいな味がついてます。

ぶっちゃけ、美味しくないです。パンが湿ってるって・・・。





■新市街の南の方へ
f0232060_032475.jpg「aruco」に新市街の南の方は、新進デザイナーが集まり始めたオシャレなエリアと書いてあったので、期待しながら地図を元に行ってみると、こんな感じ。

真面目な会社が集まっていて、オシャレさのかけらもなく、人もおらず、若干不安になりながら、町を歩く。



■オシャレビルを発見。
f0232060_062388.jpg黄色い壁の新しい建物で、自由が丘にありそうな雑貨屋が数軒集まっているビルを発見。

おそらくオシャレの基はここと思われるが、逆に、ここくらいしかなかった。






■「キャウトハーネ」
f0232060_083086.jpgトルコであんまり見かけない感じの、ポップな雑貨屋。









■店内の様子
f0232060_091983.jpgトルコのケバブやチャイをデザインしたノートなど、文具系の雑貨がいっぱい。お土産にはいい。









■「アトリエ・オンビル」
f0232060_0111629.jpgオシャレビルのすぐ裏手にある、デザイナー雑貨のセレクトショップ。









■店内の様子①
f0232060_012185.jpgここは品物も良く、デザインも、色使いも、かなりオシャレでした。









■店内の様子②
f0232060_0131949.jpgヒッタイトやキリム柄のクッションとか。










■店内の様子③
f0232060_0152511.jpgかなりかわいいデザインがいっぱいありました。

ただ、かなり値段高いです。このクッションは、シルク素材ということもありますが、8000円くらいします。






■店内の様子④
f0232060_0162979.jpgおじさんキャラの雑貨。

トルコでこういうデザインのものを見ると思わなかったので、なんか意外。日本っぽい。







■「カラバタック」
f0232060_0165221.jpgこのオシャレエリアにあった「カラバタック」というカフェで休憩。









■店内の様子
f0232060_0184895.jpg店内もオシャレでしたが、店員さんもかなりオシャレでした。









■テラス席
f0232060_0193767.jpgカフェの壁沿いに設けられたテラス席。ここがすごく気持ち良かった!









■カフェラテ
f0232060_0205250.jpgマイルドなカフェラテ。
by meshi-quest | 2014-10-29 08:02 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ