六本木「La Chasse ラシャッス」へ行く。






仲良くさせていただいている同業他社さんと一緒に、


六本木にあるお気に入りのジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」へ。












言い訳するわけではないんだが、


ゲーム会社の12月は、滑り込みの年内リリース案件だったり、


クリスマスやお正月のゲーム内イベント準備だったり、


来年に向けての仕込だったり、他月よりも何かと忙しい。













というわけで、残された12月をしっかり仕事するための鋭気回復と、


1年頑張った自分へのご褒美と、ちょっと早めのクリスマスを兼ねて、


大奮発の豪華ジビエディナーだったのだが、


久しぶりに、3人で10万超えとかの金額見たー(笑)。













清水でも、どっからでも飛び降りるぜー。


ふひょー。













■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm
















■今日のカメ

■「La Chasse  ラシャッス」
f0232060_15252583.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩8分ほど。

ジビエ料理の専門店で、シェフ自ら狩猟をして食材を確保、調理してくれます。







■外観
f0232060_15274175.jpg六本木の高台の住宅地に囲まれた非常に分かりにくい場所にあります。









■テーブルセット
f0232060_15284333.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ろうそくで食事
f0232060_15293253.jpgヨーロッパの山小屋のような店内で、ろうそくの灯りで食事をします。









■赤ワイン
f0232060_15305042.jpgお店おすすめをボトルで。










■1品目
f0232060_15315181.jpgアラカルトのみ。冷製1皿、温製1皿、メインをシェアくらいで、1人前の量。

まずは、冷製。メニューのどれもが気になって悩んだ末、私は「有明海で仕留めた仔イノシシのテートフロマージュサラダ仕立て 本タラ白子のロースト フヌイユのピュレを添えて」(3600円)にしました。



■仔イノシシ、アップ
f0232060_15351818.jpg丸っこいのが白子、下に仔イノシシのテートフロマージュ(煮こごり)です。イノシシと白子って、合うんですね。濃厚だけど、くどくない。








■他の方が頼んだ料理①
f0232060_1537891.jpgせっかくなので、3人とも違うのを頼もう、ということにして、みんなで一口づつ味見をさせてもらいました。

これは、「佐賀嬉野で仕留めた仔イノシシのリエットとジロール茸のマリネ 仔イノシシヒレ肉のボイルハムを添えて」です。




■他の方が頼んだ料理②
f0232060_15392478.jpg「佐賀嬉野で仕留めた仔イノシシのブータンテリーヌ 千葉で採ってきたセップ茸の温かいクレームソースで」です。








■自家製パン
f0232060_15402826.jpgジビエの濃厚な味に負けない、しっかりとした味わいの固めのパン。ジビエ料理にちゃんと合うように作られています。








■パンのお供
f0232060_15415640.jpgオリーブオイル、ハチミツ、バター。










■2品目
f0232060_15425422.jpg次は、温製。

これまた悩みましたが、私は「北海道占冠でとれたヒグマのひき肉とフォアグラ Chefが採ってきたセップ茸のラビオリ包み トピナンプールのクレームソース グレートリュフ添え」(4600円)にしました。




■ヒグマひき肉、アップ
f0232060_15461332.jpg以前何度もここ「ラシャッス」でヒグマをいただいていますが、きちんと処理されて、調理されたヒグマはとても美味しいです。

ヒグマ肉の濃厚さと、まろやかなクレームソースがいい感じで融合し、やさしいジビエ料理になっています。




■他の方が頼んだ料理①
f0232060_1547543.jpg「御殿場でソムリエーヌが仕留めた野ウサギのクロケット アンティチョークのサラダ仕立て」です。

「ラシャッス」では、シェフと一緒にソムリエーヌさんも狩猟に行かれていて、これは、女性が狩猟した獲物。いつか狩猟はやってみたいなあ。勉強や技術訓練が大変そうだけど。




■他の方が頼んだ料理②
f0232060_1554186.jpg「御殿場で仕留めた日本キジひき肉とフォアグラのキャベツ包み 採ってきたセップ茸のデュクセルソースで」です。








■3品目
f0232060_15565092.jpgいよいよメインディッシュ。通常1皿で2名なので、3名いるので、お店おすすめの2種のメインを頼みました。

1皿目は、「佐賀嬉野で仕留めた仔イノシシ(産まずのメス) ロース肉の低温ロースト シェリーヴィネガーソース」(10,000円)です。写真は取り分け後。



■仔イノシシロースト、アップ
f0232060_1559829.jpgすごく上品な豚肉と地鶏の間のような味わい。

産まずのメスイノシシは、100頭に1頭くらいの割合で、それが狩猟できたのも、食べれるのも超貴重。子を産んでないので、身がとても繊細で、味わいもまろやかで、肉もやわらかいです。





■4品目
f0232060_1633086.jpg最後は、「佐賀有明海で仕留めた一番海苔を食べたヒドリガモのロースト 有明海の赤貝のソース」(9,500円)です。








■ヒドリガモ、アップ
f0232060_1663574.jpg有明海といえば、海苔。香り良く、美味しい一番海苔をエサとして食べているヒドリガモは、身も海の香りがして、初め食べた時に、「サンマ??」と思ってしまうような香りがしました。ホント驚きました。

肉体は、食事で作られているということを、改めて感じます。動物も、人間も。



■デザート
f0232060_1692016.jpg「ココナッツ風味のブランマンジェ 和栗の渋皮煮のスープ仕立て シナモンのアイスクリームを添えて」です。

シナモンの香りと、和栗の味わい。甘さ控えめで、美味しいデザートでした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ