末広町「花ぶさ」へ行く。









秋葉原は、土地柄、人柄、ガッツリ系のランチばかりだが、


少し歩いたお隣の町には、老舗の和食屋があったりして、


胃にやさしい上品なランチが楽しめる。













秋葉原から徒歩5分くらいのところにある末広町の


老舗割烹「花ぶさ」で和定食ランチ。


菜の花ご飯なんて、久しぶりに食べたな。


食事から季節を感じ、春の訪れを知る。美味しかった。


f0232060_1442121.jpg































ちなみに、ここ「花ぶさ」は、故・池波正太郎先生が愛し、


よく通っていた店としても知られている。














いろんな場所で食べ歩いていると、


よく「池波正太郎が愛した・・・」系の店に出くわすのだが、


それは、単に池波先生が超グルメで顔が広いからなのか、


はたまた、池波先生の名前を出したがるお店が多いからなのか。














いずれにせよ、店も嘘は付いていないのだろうから、


それらの店すべてを本当に愛してはいらっしゃったんだろうけど、


これだけ数があると、結局、どの店を一番愛していたのか、ちょっと気になってくる。














■「花ぶさ」
http://kanda-hanabusa.com/
















■今日のカメ

■「花ぶさ」
f0232060_14122245.jpg銀座線末広町駅から徒歩3分ほど。JR秋葉原駅電気街口からも歩けます。









■店内の様子
f0232060_14152017.jpg1階は厨房を囲む白木のカウンター。2階はお座敷。

一見さんにも優しく、とても丁寧な接客で、居心地良かったです。







■カニコロ定食
f0232060_14162343.jpg手作りのカニクリームコロッケ定食(1000円)。ご飯は日替わりで、この日は菜の花ご飯でした。

その他、魚料理や天ぷら、ちょっとしたランチコースもありました。






■カニコロ、アップ
f0232060_1417584.jpg小ぶりな手作りカニクリームコロッケが3つ。カラッと揚がっていて、上品な味わい。









■ご飯、アップ
f0232060_1442121.jpgキレイな菜の花ご飯。ウキウキします。

ご飯はお代わりもできます。








■小鉢
f0232060_14204527.jpg小鉢や香の物も美味しかったです。










■デザート
f0232060_14212262.jpgミニ白玉ぜんざい。上品な甘さ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ